1
/
5

クリニックの待ち時間の長さ、テクノロジーによって私たちが解決します。

こんにちは。CAPSです^_^今回はCAPSの事業について紹介していきたいと思います!


ところで皆さんにとって医療機関とは、どういうイメージですか?

普段行っているレストランや美容室、映画館などと違い医療機関「だから」と特別視していることはありませんか?

「当たり前に浸透している医療機関の悪しき文化」

これって考えてみると色々ある気がします。

企業や店舗は普通、より多くの人にプロダクトを使ってもらおう、より多くの人をおもてなししようなど、業態問わず常に試行錯誤を繰り返し、お客様の満足度を高めるよう努力を重ねていくものです。

でも医療機関、クリニックはなぜか

「まあ、クリニックだからしょうがない。。。」

と何か不満があってもそれを「当たり前」とする風潮があると感じます。

患者さんもですが、医療業界がその患者さん、いやお客様に甘えていると感じます。

しかし!

私たちCAPSは、患者さんを「顧客」と捉え、

医療業界の先駆者として、そんな文化を解消するためのシステム開発に挑戦しています。


そこで今日はその中でも一つ、私たちが解決のために注力している問題を紹介させてください。


それは、、、


クリニックの待ち時間、長すぎる問題。

これは既に多くの方が体感したことのある問題ではないでしょうか?

例えば、院内での一連の過ごし方を振り返ってみますと、、


来院→待つ①→受付→問診票の記入→待つ②

→受診→待つ③→お会計→薬局に行く→待つ④

→処方箋を受け取る→お会計→帰宅


と、来院予約をしていても、「受診して処方箋をもらうだけ」なのに、多いと4度も待たされていることになります。

これが美容室やネイルサロン、レストランであれば有り得ないことですよね。

それに加え待ち時間のみならず、通院するたびに、クリニックを変える度に、毎回同じ内容の問診票を書かされていませんか?


ということでCAPSの出番です。この問題


クリニック内の一連の行動と情報全てをデータで紐づけて解決します!!!


例えば、

・来院前にあらかじめ予約をして、問診票を自宅で記入

・患者さんの情報や過去のあらゆる問診情報をデータとして蓄積

・処方箋を行きつけの薬局にFAX送信、薬局は処方箋を用意して待機

さらに

・院内の混雑状況を自宅で把握

・その日の担当医が誰か、自宅で確認

・異なる病院に通院する際にデータを提供し共有

こんな機能も開発中。

待ち時間だけでなく、手間を省いて安心してクリニックに通うことのできるシステムを開発運営しています。

そして、クリニックでのIT化を促進することで私たちのミッションである、

健康的で豊かな生活を実現し、世界中の幸せの総量を最大化すること

を実現していきます!


また、CAPSはクリニックチェーンマネジメント事業として「キャップスクリニック」の運営サポートを行なっており、上記でご紹介したシステムはキャップスクリニック全拠点で実際に活用されています。


現在キャップスクリニックは、

  • キャップスこどもクリニック西葛西
  • キャップスクリニック北葛西
  • キャップスクリニック亀有
  • キャップスクリニック紀尾井町
  • セサミストリートクリニック(キャップスクリニック代官山T-SITE)
  • キャップスクリニック柏の葉

と、6つの拠点を構えています。

また来月、2019年4月には7拠点目となる

キャップスクリニック錦糸町

も開院予定です!!! (錦糸町PARCO内)

標榜科:小児科
開院日:年中無休(PARCOの休館日は除く)
開院時間:午前:9時~13時 午後:15時~21時
診療内容:一般診療、各種予防接種、乳幼児健診

まだ準備中ですがかなり出来上がっています!


ぜひお近くにお住いの方はかかりつけの病院として、キャップスクリニックにいらしてください♪

また、今回ご紹介したシステムを一緒に作ってくださる方、クリニックのクラークさんなど、キャップスは仲間を募集しています。少しでも気になるという方、一緒に問題解決をして行きましょう。是非ご応募ください!


Web Engineer
次世代ブラウザ型電子カルテ、PHRアプリ開発、エンジニア、CTO募集!
CAPS株式会社は「プライマリケアのパイオニア」としてITを活用した医療および健康経営事業を行っているベンチャー企業です。 健康経営に関わる以下の事業をメインに事業展開をしています。 ・クリニックチェーンマネジメント事業(チェーン化している「キャップスクリニック」の開院や運営サポート) ・電子カルテの開発 ・健診サービス、ストレスチェックサービスの提供 ・産業医提供サービス ・セサミストリートと提携した教育事業 ・ITを活用したプライベートジムの運営 ・医師のWebメディア など また、弊社の代表・白岡は現役の医師であり、医師であるからこその知見と観点で様々な事業を展開しています。 弊社員一同、医療業界に変革を起こすべく、日々挑戦を続けています。
CAPS株式会社
医療事務・医療クラーク
新しい医療のカタチを創る、医療クラーク大募集!未経験OK!
私たち医療法人社団ナイズは、365日・年中無休でプライマリーケア及び予防医療を提供するべく、小児科・内科のクリニックを運営しております。現在、代官山(代官山蔦屋書店内)、西葛西、北葛西、亀有、紀尾井町、柏の葉に6つのクリニックを構えております。 2019年4月には錦糸町、7月には、武蔵小杉にも新規開院予定です。 私たちには以下に掲げる目標があります。 ① 365日開院するクリニック ② 朝から夜まで開院するクリニック ③ 正しい医療情報の提供 ④ 医療システムの効率化 ⑤ 医療費の適正化の推進 ⑥ 予防医療の推進推進 ⑦ 企業に対する健康経営サポート 「予防医療」には運動や食事、睡眠などの様々な生活関連分野が関わりますし、「システムの効率化」には情報技術が、「経営」となると産業衛生、「情報提供」は教育…医療職だけでこれらの目標を達成することはできません。 コミュニケーションとIT技術で他分野と医療をつなぐことこそ、私たちが取り組む新しいクリニックシステムや医療の在り方です。患者さんの状況に応じた最適なコミュニケーションを行うことで、人々が自らの力で健康を作る新しい医療の形を提供したいと考えております。 紹介動画 https://youtu.be/329FfDnm9lI
医療法人社団ナイズ
UI/UX Designer
現役医師が創ったスタートアップ、リードデザイナーwanted!!
CAPS株式会社は「プライマリケアのパイオニア」としてITを活用した医療および健康経営事業を行っているベンチャー企業です。 健康経営に関わる以下の事業をメインに事業展開をしています。 ・クリニックチェーンマネジメント事業(チェーン化している「キャップスクリニック」の開院や運営サポート) ・電子カルテの開発 ・健診サービス、ストレスチェックサービスの提供 ・産業医提供サービス ・セサミストリートと提携した教育事業 ・ITを活用したプライベートジムの運営 ・医師のWebメディア など また、弊社の代表・白岡は現役の医師であり、医師であるからこその知見と観点で様々な事業を展開しています。 弊社員一同、医療業界に変革を起こすべく、日々挑戦を続けています。
CAPS株式会社
CAPS株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more