観察力を武器に人と深く向き合うSES営業職!「エンジニア人材不足」の課題に挑む

EVERRISEでは、「エンジニア人材の不足」という大きな課題にも取り組んでいます。

エンジニア人材教育事業(企業向け)のほか、フリーランスなどのエンジニアと、その力を必要とするクライアント企業のマッチング事業(SES:システムエンジニアリングサービス)を行っています。

今回は、SES営業の上村臣人(かみむら・おみと)さん(30)に仕事の内容、やりがいについて聞いてみました!


EVERRISEは、デジタルマーケティングの分野で高い技術力をもち、大手広告代理店などの仕事をテクノロジーでサポートしています。2006年、同じソフトウェア会社のエンジニアだった取締役3人が自社サービス立ち上げのために設立しました。

現在は、顧客データ収集・活用のためのデータ基盤であるCDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」、広告やSNSインサイト分析のためのマーケティングデータETLツール「HARBEST(ハーベスト)」、企業のDXを支援するSI事業などを展開しています。


【経歴】 大学では薬学部に所属。マスコミ業界、不動産業界などで内定を得たが、自分のスキルで生きていけるエンジニアに憧れ、IT業界へ方向転換。合同説明会で「一番生き生きして見えた」EVERRISEにエンジニアとして入社。その後コミュニケーション能力を活かすためキャリアチェンジし、現職。



ー上村さんが主に担当するSESの仕事について教えてください。

簡単に説明すると、「システム開発がしたい」「開発のための人材が欲しい」という企業があります。これを「案件」と呼んだりします。

一方で、「仕事が欲しい」というエンジニアの方がいます。

この案件とエンジニアをマッチングさせるのが、私たちの大きな役割です。


もう少し具体的に言うと、営業したり、今までに付き合いがあったりする企業から「こういうプロジェクトを動かしたい。そのために人材が◯人必要」と依頼があります。

「どんなシステムを作りたいのか?」「必要なプログラミング言語のスキルがどんなものか?」など目的や条件をヒアリングしながら、案件化していきます。

その段階で条件が厳しい場合には、「他社の事例だと、そのような開発の場合に別のスキルセットのエンジニアも活躍できていますよ」と、こちら側から提案もしますね。

企業と調整した上で、その条件をもとにエンジニアとのマッチングを進めます。


EVERRISEで運営しているフリーランスエンジニア向けの案件紹介サイト「FAworks」などを通してつながるエンジニアさんとコミュニケーションをとっていきます。

エンジニアさん側も希望していただければ、実際に企業との面談に進んでいただき、OKであれば晴れて契約ということになります。



ー普段の業務はどんな内容ですか?

毎日の業務はメール、電話、訪問で、企業やエンジニアとコミュニケーションをとることが基本です。

私の場合は、1日平均40カ所に対して提案や進捗確認で連絡をとりますね。その他に2社ほど訪問して情報交換や、エンジニアさんの面談同席をします。

地道な仕事ですが、その地道なコミュニケーションが成果につながる仕事です。



ーおもしろさを感じるのはどんな場面ですか?

私の性格でもあるんですけど、営業の肝って対人でのコミュニケーションなんです。

「こういう言葉を投げかけたら盛り上がるかな」と仮説をたてて、うまくいくと「当たった!」とうれしくなります。そこを純粋に楽しんでいますね。

観察力が一番大事だなと思っています。


家族と過ごしていても、その力が活かされてるな・鍛えられてるなと思うことがけっこうありますよ。(笑)

「こういう行動したら喜ぶんじゃないか」と仮説検証しながら、普段から考えて接するようになったりしています。

たとえば奥さんがデパートでバッグを見てるなーと思ったら、あとで自分からプレゼントしてあげたり。そういうちょっとしたことですけどね。


こういう行動ができないと、営業としてはかなり厳しいとも思います。

自分自身ももちろん完璧にできているわけではないですが、意識は強く持って取り組んでいます。



ーなるほど!観察力は仕事・プライベートどちらでも鍛えられるし、還元できる能力ですね。他にやりがいを感じる部分はありますか?

期待に応えられたときは、やっぱりやりがいを感じます。

企業の困っていることに応えるスピード感がとても大事な仕事なので、すばやく条件にしっかり合う人材をマッチングできると喜ばれます。

「助かりました、良いエンジニアさんでした」と言ってもらえるのがうれしいです。


それと、SES営業として得をしているなと感じるのは、フリーランスエンジニアとたくさん話せることですね。

年代も経歴もいろいろな人がいるので、人生の幅が広がる感じがします。プライベートでも仲良くなった人もいますよ。



ーSESのチームで他のメンバーもいるかと思いますが、協力したりもするんでしょうか?

EVERRISEでは、現在8名のメンバーがSES営業として働いています。

営業活動自体は個人での担当制ではあるんですが、もちろん知見や情報の共有は密にしています。

それぞれが裁量をもって、スケジュールや戦略を考えて行動しつつ、先輩たちがアドバイスをしたり、お互いに最大限活躍できるように意見を出し合って、フォローしあって動いています。


さらに2019年末からは、法人向けにエンジニア人材の研修サービスを提供する「教育事業」もスタートしました。

自社内で多くの未経験者を育ててきたノウハウを持つEVERRISEならではのサービスで、こちらの営業活動にも力を入れています。

チャレンジする場が増えてきている感じがしますね。



ーどんな方と一緒に働きたいですか?

「素直な人」でしょうか。

まずちょっとやってみる、という取り組み方ができる方だといいなと思います。

でも従順である必要はなくて。私が言うことも別の側面から見たら間違いということも当然ありますからね。

でもまずはやってみる。それでうまくいかないければ別の手段を探そう。という素直な考え方が素敵だなと思います。


あとは、先ほどの観察力にもつながりますが、「人に興味がある人」

仮説を立てるにしても、コミュニケーションをうまくとるにしても、興味があるとやりやすいと思います。

プログラミングに関する技術的な知識については、好奇心があるに越したことはないですが、後から勉強すれば問題ありません。



ー最後に、この仕事に興味を持ってくれている方にメッセージをお願いします。

ITという成長産業で様々な企業と関われるので、「世の中にはこんなツール・システムがあるんだ」「こういう技術や人が世の中を動かしているんだ」という好奇心が満たせる仕事です。


人に深く関われるのも魅力です。

公私混同はしないですが、エンジニアの方とは1対1の人間の付き合いなので、少し大袈裟に言うと「なんとかしなきゃ、この人の人生」みたいな気持ちになることもあります。

おもしろさ、責任、やりがいがある仕事です。

興味持っていいただけた方はぜひ、話を聞きに来てください!

14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more