1
/
5

紆余曲折のキャリアを経験し、なにも持っていなかった私がHajimariにジョインできた理由

はじめまして!
2020年11月に株式会社Hajimariに中途入社をした今津裕貴です!


北海道生まれ北海道育ちで11月より、転職をきっかけに上京をしてから、はや3ヶ月が経ちました。

このようなブログを書くことは初めてですが、ぜひ3分ほどお時間を頂きご覧いただけますと幸いです!

題名にもある通り、若干大げさですが「何一つ持っていなかった私がこの素敵な方々が集まるHajimariの入社を叶えるまで」のことをお伝えできればと思います!

▼アジェンダ
①前職に至るまでの苦悩
②前職ではなにをしていたか
③Hajimariで過ごす現在と今後

①前職に至るまでの苦悩


後ほど前職のことは詳しくお話いたしますが、端的に言うと前職はかなり充実しておりました。

そこに至るまでには正直かなりの苦悩を経験しましたので、少しお話させて頂きます。

僕のキャリアや学歴は、他のHajimariの社員とは違い決して華やかではありません。

小学校から高校まではサッカーに熱中し、地元のそれなりの進学校に通っておりました。
なんとなく過ごし、大学はサッカーの強い北海道の大学に進みましたが、怪我等もあり全く通用せず、挫折を経験しました。結果的に大学は中退し、すすきのの大きな居酒屋のアルバイトをしていました。

いわゆるフリーターです。(合計2年ほど)

アルバイトとしても働くこと自体始めてだった私は、社会における全てのことが足りておらずけちょんけちょんにされておりました。

私はなにも持っていない且つ仕事もできないのか...と夜に起きて朝に寝る生活をし「自分はなにをしたいんだ」とかなり路頭に迷った日々は今も覚えています。

日々なんとなく過ごしていた中にでも発見がありました。
単純に「お客様から感謝される」「店舗の売上を上げる」ということに夢中になり、1年後、25名ほどのアルバイトの中でリーダーになり、1年半後には社員に登用、マネジメントを経験しました。

僕がいた頃にはその店舗はメンバーで力を合わせ、売上目標を連続で達成しており、数字を追うこと、目標を達成すると仲間たちと喜び合うことに楽しさを感じていました。

どうしても飲食店だと個人での数字の貢献度が見えづらく、「自分の力ってどの程度なんだろう...」と感じるようになりこの経験を糧に「営業職」というざっくりした希望を持ち、転職活動をしました。

そこで後々人生が変わる、前職である札幌エージェント株式会社に出会いました。


②前職ではなにをしていたか

札幌エージェント株式会社には5人目の社員として入社しましたが、採用頂いた代表の方には心から感謝しています。

転職相談をしていたエージェントが後に入社することになる会社の代表でした。複数社面接を受けたりもしましたが、社長からお誘いを受けました。

「うちの会社はどう?」

この年齢とこの経験で経営者の横で働けることは絶対今後無いだろうと確信し、何一つ整っていない5人の会社に入社しました。

飲食店のマネジメントを経験しただけの私を、「北海道に特化した人材紹介事業」のほぼ立ち上げメンバーとして採用して頂きました。

営業職の経験はもちろん、突出した経験もない私が、人のキャリアに関わる仕事をするということがどういうことなのかを本気で捉え、大きな覚悟を持った瞬間がありました。

業界の知識、職種、面接対策を様々なサイトや本を読み学習し、業務に活かしました。当初クライアントさんは5社くらいだったと思います。(笑)

当初はいわゆる「RA」や「CA」など割り切るような概念もなく、何百件のテレアポや1日7件程の面談と面接対策、契約周りから書類の作成、添削など全てをマニュアルもフォーマットもない中、試行錯誤し、代表にもフォロー頂きながらすすめていきました。

日々発見と勉強しかありませんでした。
あのときは死ぬほどきつかったですが、今思えば死ぬほど楽しかったと本気で思えます。

1年半後には売上300%増加、クライアントさんも何十倍にも増加し、従業員も2倍ほどに。人材事業の私個人としては、150名ほどの転職に関わらせて頂き、リクルート社様から「最優秀エージェント賞」をいただくことができました。正直年収も3倍位になりました。


他にもハンバーガーショップを0からOPENしたり、ライブ配信事業や酪農事業なども会社として拡大していく中で、業務の枠を超えた多くのことを経験しました。

この会社に入社できたことで人生が180度変わったと実感しています。

もちろん自分だけの力ではなく、代表の方や他の社員の方に多くご協力いただけたおかげだったと感じています。

すごく悩みましたが、ざっくりいつかは東京にでも通用する人材になりたいとは思っており、せっかく成長できたことをより活かしていきたいと考え、コロナ禍の2020年9月。思いきって転職、上京することを決意しました。

③Hajimariで過ごす現在と今後


東京の人材系ベンチャー企業に絞り転職活動をしておりましたが、Hajimariは書類を応募した段階から受かったら入社しようと思っていました。
その理由や軸なども細かくお話したいところですが、ざっくり2つです。

1)この人達と働きたい
2)自立を支援し、自分自身も自立を果たしたい

HPから全社員の経歴もオープンになっているのですが、僕とは真逆のキラキラした経歴や圧倒的な成果を残してきた方の集団でした。

このメンバーの方々から信頼を得れる人間になりたいと強く思いました。

前職では、1人で働くことが多かったこともあり、1人の成功をみんなで祝う文化や全員で1つの方向に向き、精進している社員の方々は魅力の塊です。

現在は周りの方々の応援やサポートがあり、順調に業務に励むことができており、やりがいも前職よりさらに感じれております。
現状に満足はせずに、もっともっと挑戦していきたいと思っています。

ちなみにHajimariは本当にチャレンジできる環境があります!

最後に…

私事ですが、実家は地元北海道にて110年目を迎える老舗卸売業を営んでおります。私は長男なので、継ぐべきなのかもしれませんが、現段階で、将来具体的にどこで何をするか決めていないのが本音です。

強制せず、「正解だと思う道に行きなさい」と父母は言ってくれています。

いつか何かしらの形で恩返しができるよう、今後のビジョンは「どのような環境下でも、生きていける人間」を目指しています。

そのために、人からの圧倒的な信頼を得る存在になることが大切だと考えております。抽象的な表現になりますが、凡事の徹底やチームワーク、事業拡大の貢献、などなど…全て信頼につながることだと考えております。

今考えている上記ビジョンを目指すことで、どのような道を選択しても正解にできる力を身に着けるべくこのようなビジョンを持ち、この会社で今後も精進したいと思っています!

言葉では語りきれない、素敵なメンバーの多い会社です。

是非一度Hajimariに遊びに来てください!!

株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)'s job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more