1
/
5

安全圏突破〜社会人4年目で大手銀行を飛び出しベンチャーへ転職した話〜

はじめまして!2020年12月より株式会社Hajimariに入社いたしました佐藤彩乃と申します。
現在は、ITプロパートナーズ事業部エージェントとして日々奮闘中です!



今回は、なぜ社会人4年目のタイミングで安定した大手銀行からHajimariに転職したのか?
について書かせていただきます!

今の仕事に特に不満はないけど、このままでいいのかな?という思いを持っていたり、漠然とキャリアに悩まれている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

<アジェンダ >
・幼少期〜学生時代 
・銀行員時代 
・Hajimariへ入社した理由 
・これからのビジョン

■幼少期〜学生時代

私の幼少期は、水泳に熱中し、ジュニアオリンピックを目指して練習の日々。学校のプールの授業にも一人だけ競泳用水着を着て、本気で泳ぐ迷惑な生徒だったと思います(笑)

結果として出場は出来ませんでしたが、中学でも水泳部に入りたいという思いから地元の中学には水泳部がなかったため受験を経て中高一貫校へ入学。

中高時代は吹奏楽部(水泳部じゃない。笑)に入り、負けず嫌いな性格もあり練習に没頭。勉強でも学年1位の成績を残すなど、いわゆる「優等生キャラ」でした(笑)

大学時代は応援部吹奏楽団に所属し、明治神宮野球場での野球応援に注力する傍らフランス料理店でのアルバイト、海外旅行など大学生ライフを満喫しました!

そして、就職活動の時期。

「自分の存在で誰かの役に立つ仕事がしたい」
「幅広い業界に関りたい」

といった軸はあったものの、両親と兄が銀行員という金融一家で育った影響からか当たり前のように安定した銀行員を目指し入社を決めていました。

■銀行員時代

入社して約1年間は融資事務を経験。その後、法人担当として中小企業をメインに営業活動に従事。
他社との差別化が難しく担当者の質が問われる中、お客さまや周りの方に支えられながら一定の成果を出すことができました。

有り難いことに主要法人店舗への異動も経験させてもらい、上場企業や有名老舗企業など様々な企業を担当させていただきました。

経営者の方と話ができること、事業課題について共に考えソリューションを提供すること、実際に自分の提案により企業が成長していくことなど、大変やりがいのある仕事かつ貴重な経験だったと感じています。

では、なぜ転職を考えたのか?

周りの方と話していても社会人3〜4年目ではよくあることのように思いますが、良くも悪くも先が見えてしまったからです。

社内的に女性の法人営業というのはまだまだ少数でしたし、役職を希望するような方もあまりいませんでした。

そんな中、上記を満たす私は人事からも評価をいただき「次は希望したら本部への異動ができると思う。社内的にも貴重な人材だから。」と言っていただくなど女性法人営業としてのロールモデルを求められていると感じました。

このまま成果を残し続ければ

・自分の望む部署にもいけて
・最短で出世をして
・上手くいけば支店長、将来的には役員…?

なんてポジティブに考えていました(笑)

一方で、ベンチャー企業に転職した同期や同年代で起業している方などと話す機会があり、その中で自分との圧倒的違いに気付かされました。

「敷かれたレールではなく、自分自身で道を切り開いている」

そこから自分の将来について考え向き合った結果、今の延長線上に自分のなりたい姿はないと考え転職を決意しました。

安定した福利厚生やキャリアを投げ出すことが怖くなかったといえば嘘になりますが

それ以上に
・このまま何も考えずにレールを歩んだときの自分は成長しているのか?
・今の会社がなくなったとき他社で通用するのか?
という危機感が大きかったです。

そして何より、これから自分で決めた人生を歩むことにワクワクしていました。

■Hajimariへ入社した理由

転職活動の大枠として、どこでも通用する人材になる(自立していて周りにプラスの影響を与える)ことを掲げ下記を軸として企業を探していました。

・会社の看板に頼らない提案営業力を高める
・人の可能性を広げ支援する
・事業、組織作りが早い段階で経験できる

そんな中、エージェントにHajimariを紹介していただきHPを見た瞬間に「この会社に入りたい!」と思いました!

具体的には、
・会社のビジョンと自分のなりたい姿が一致していたこと
・社員全員が自立に対し向き合い行動していること
・事業拡大フェーズのため挑戦し続けられること
が非常に魅力的でした。

面談においても目の前の相手と本気で向き合い与える姿勢を体現していたことから、HPを見たときの直感が確信に変わり入社を決意しました。

■これからのビジョン

正直なところ、そこまで明確には描けていません。

まずはエージェントとして多くの方を支援し、組織に貢献していくこと。ただ、目の前のことと愚直に向き合い小さな成功体験を積み重ねていくことで自分のなりたい姿へ近づいていくのではないかと考えています。

また、現在ITプロパートナーズ事業部での業務以外にも、新規事業(Financeプロパートナーズ)の立ち上げに関わる機会をいただいております!!

入社3ヶ月目で、このような経験ができるのもHajimariならではだと感じています!

これまでは周りからよく思われることを基準に選択し、変な見栄やプライドから自分の殻を破れずにいた私にとってHajimariへの転職はまさに安全圏突破!!

前職での経験はほぼ役に立たずゼロからのスタートですが、自分で決めた道を正解にするのは自分次第だなと感じる毎日です。

そしてHajimariのメンバーは人の悩みに本気で向き合い、挑戦を全力で応援し合う最高のメンバーです。

ご興味のある方は、ぜひ一度話を聞きに来てください!きっと一歩を踏み出す勇気が出ると思います!

株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)'s job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more