1
/
5

Nagisaの3人のリーダーに聞いた「一緒に働きたい人」

こんにちは!Nagisa 採用担当の鈴木です。
今回は、Nagisaの3つの職種(ディレクター、エンジニア、デザイナー)のリーダーに「どんな人と一緒に働きたいですか?」という質問に答えてもらい、普段の募集要項よりさらに掘り下げた「Nagisaが一緒に働きたい人」をお届けしていきます!

職種別という切り口でインタビューを実施したのですが、その後には各職種共通の「働きたい人像」が見えてきました。

取締役 兼 ディレクターリーダー 井上 大紀

取締役の井上さんには、まずディレクターという職種に絞らず、Nagisaでどんな人と一緒に働きたいかをお聞かせいただけますか?

そうですね。まずひとつ大きいのはNagisaの事業戦略を理解し、共感してくれる人であることです。Nagisaはスタートアップでありながらも複数事業を展開し、今後も新規事業を立ち上げていきます。この戦略に強く共感して、一緒に事業を再現性を持って作っていくということに気概を持ってくれる人、というのは重要ですね。

最初はもちろんどこかの事業部に入り、そのサービスを伸ばすためにそれぞれの職種で頑張ってもらうのですが、あくまでNagisaのミッションとしては、複数事業を展開しITコングロマリッドカンパニーとして成長していくこと。それを理解した上で、今目の前のサービスをグロースさせていくことに熱意を持って取り組んでいってほしいです。もちろん、理解を深めるためにも、僕たち経営陣からそういったコーポレートミッションについてはきちんと話し続けたいと思っています。

ふたつめは 自分の成長に対してすごく貪欲である人。これもすごく大事だと思っています。ベンチャー企業って会社自体がどんどん成長していき、変化していく。その中で急成長に耐えうる自己成長をしていける貪欲さを持ち合わせている人がやっぱり向いていると思うし、一緒に働きたいですね。自分の能力を過信せず、広い視点、広い世界で自分の市場価値を意識しながら、”井の中の蛙”になることなく成長意欲のエンジンをかけられることが重要になってきます。

最後に、自分以外の人の気持ちを理解しようとするマインドを持ってる人。Nagisaの事業はモノづくりがベースにあり、チームで一つのモノづくりを円滑に進めていく上で、やはりこれは必要不可欠な要素です。同じチームで働く仲間として、年齢や役職など関係なくお互いにリスペクトし合える関係であって欲しいと思っています。そのための第一歩が、相手の気持ちを理解しようとすることかな、と思います。

ありがとうございます!次に、ディレクターという職種で考えた時に、いかがですか?

ディレクターであれば、リーダーシップを持てる人、かな。なるべく全職種でその意識は持って欲しいのですが、ディレクターの場合はベターではなくマストな要素になってきます。アイディアをカタチにしていくプロセスの中で、自分が思い描いたサービスや構想をしっかりと言語化して伝え、共感してくれるメンバーを率いてアクションを起こしていくことができる人がいいですね。

それとインプットとアウトプットが多い人。事業やサービスを企画する際、ひとつのアウトプットのために100のインプットをしてくる、そしてそれが意識せずとも習慣化されているような人ですね。日頃から競合サービスを触ったり、リリース情報をチェックしたり。会社からの指示やルールで情報を集めているのではなく、自ら能動的にインプットを続けられ、それをきちんとアウトプットまでつなげられる人はディレクターとして向いていると思います。

執行役 兼 エンジニアリーダー 寺沢 和則

Nagisaが設立して間もない時からメンバーとして働いている寺沢さんからは、エンジニアという視点で「一緒に働きたい人」についてお聞かせいただけますか?

まず技術的な関心度というところで言うと、新しいことが好きな人です。沢山の場所にアンテナを張って、 新しい技術、サービス、プロダクトの情報を得て、それをいち早く試したくてウズウズしているようなタイプの人ですね。さらに欲を言うと、その仕入れた情報と自社サービスのシナジーを考えついて提案してくるような人。何か新しいサービスが出た時に、「そんなのが出たのか〜」で終わるのか、「そんなサービスが出たならうちのこの部分に導入したらめっちゃいいじゃん!」って思えるか、ここが大きな違いがあります。実際Nagisaでも、エンジニアからのそういった提案で取り入れた技術やサービスは結構ありますね。

それと人柄で言うと、素直さが一番かと。これまでのバックグラウンドはしっかりと持っていてほしいのですが、Nagisaに来て新しい文化やこれまでなかった仕事などが出てきた時に、それを吸収しようという意欲、素直さを持っている人はいいな、と思います。極端な話、今Nagisaで使っている技術は全くできなくとも、自分からそれを学んで成長しようという柔軟さと貪欲さがあれば、僕は一緒に働きたいと思います。技術とマインドで比べた時に、技術は後からでも身につけられるけど、その貪欲なマインドを後で身につける方が難しいと思っていて。貪欲で素直な学ぶ姿勢に技術が伴い、活躍できるエンジニアに成長していく。Nagisaがそれを提供できる場でありたいと思っています。あ、でもめっちゃ技術ある人にももちろんきて欲しいです(笑)

デザイナーリーダー 川畑 泉

川畑さんからは、デザイナー目線で「一緒に働きたい人」についてお聞かせいただけますか?

その人のスキルが伸びて成長できるか、活躍できるかみたいなところって、情熱と尊敬と好奇心かな、って。それがあれば成長をしていくものだと思っているので、それらを持ち合わせている人と働きたいですね。

この情熱っていうところをもう少し掘り下げると、デザインをプロダクトの中で活かすことに情熱を燃やせる人です。デザインの価値を広げてやるぞ!っていう。もともとデザインが好きで好きで追求して、どうすればそのデザインで社会に貢献できるかっていうところに情熱を注げる人。好きなだけじゃダメなんです。

それと尊敬という部分で言うと、チームの中に各職種があって初めてひとつのプロダクトが生まれるという大前提のもと、 他の職種の役割をきちんと理解し、尊敬をできる人ですね。それがわかった上で、デザインの価値を他職種に提供していくことが重要だと思っています。

3つ目の好奇心のところで言うと、めちゃめちゃ楽しんでアイディアを出してくる人、というイメージ。デザインの妄想が止まらないみたいな(笑)僕はディレクターからアプリのアイディアの話を聞くと、UIデザインを作りたくてしょうがなくなるんです。イメージが浮かんで止まらない!って。Nagisaでは企画とデザイナーが近い関係にあるからこそ、新しいアイディアに対する好奇心と瞬発力があって、それを楽しめる人がいいと思っています。

3人の「働きたい人」から見える共通のイメージ

〜自己成長というキーワード〜

3人の話の中に共通して出てきたのが、自己の成長というワードです。今の自分に満足せず、成長に対して貪欲であれ。3人の話から、そんなキーワードが見えてきたように思います。

私は今年の7月でNagisaに入社して2年を迎えたのですが、その時に振り返ったことも、この2年間の企業の成長に自己の成長が追いついているかどうかでした。企業の成長に追いつけなくなった瞬間、私のこの場所での価値はなくなると思っています。「成長」は、ベンチャー企業で働くことの楽しさであり、やりがいであり、義務なんだと、改めて気付かされました!

Nagisaでは一緒に働く仲間を募集しています!

今回のブログをきっかけに、Nagisaに興味を持った!応募してみたくなった!という方は、是非一度オフィスに遊びにいらしてください!会社のフォローもお待ちしています^^

《Nagisaの募集一覧はこちらから!》

株式会社Nagisa's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings