1
/
5

現場社員が語る、Sansanのインサイドセールス!~オンライン採用イベントレポート~

こんにちは。Sansan株式会社インサイドセールス部門採用チームの寺田です。

先月、「現場社員が語る、Sansanのインサイドセールス」と題した採用向けイベントをオンライン環境にて開催しました!

リモートワークが当たり前となりつつある昨今、より一層注目を浴び、市場価値が上がっているインサイドセールス。その可能性にひかれ、新たなキャリアの一つとして選ぶ人も増えています。

今回は、そんなインサイドセールスに未経験から挑戦し、活躍しているSansan株式会社の社員が登壇。なぜインサイドセールスを選んだのか、その魅力や可能性について語りました。

登壇メンバー

Sansan事業部 セールスディベロップメント部 RDRグループ 古谷 侑芳

大学卒業後、専門商社に入社。新規事業の営業を経験した後、2019年よりSansan株式会社へ。主に西日本エリアの中規模の企業領域を中心に、インサイドセールス業務に従事。

Sansan事業部 セールスディベロップメント部 SD企画グループ 相馬 花音

2018年にSansan株式会社へ新卒入社。1年弱、新規の幅広い業種業態の顧客を担当し、昨年より既存企業のお客さま向けインサイドセールスの立ち上げを担当。現在は、セールスディベロップメント部の企画を担当。ナーチャリングのフロー構築など、仕組みづくりをメインに、メンバーがより成果を出せる環境作りに従事。

Sansanを選んだ理由(古谷)

寺田 :まず、古谷さんがSansanに転職したきっかけを教えてください。

古谷 :ビジネスマンとしてより成長したいと感じたことがきっかけでした。前職では、有形商材を扱う企業特有の価格だけで勝負する営業スタイルで、競合他社との背くらべ、のような戦い方が基本でした。そんな中、営業マンとして新しいスキルを付けていきたいと考えはじめましたね。

転職先としては、よりチャレンジングな環境を求め無形商材を扱う企業を中心に探しました。

中でもSansanは、すでに市場にあるサービスを提供するのではなく、市場を作っていく志向が最も強かったと感じました。自身の成長意欲にもマッチすると思い、Sansanへの入社を決めました。

未経験からインサイドセールスに挑んだ理由

寺田 :お二人がインサイドセールスに挑戦した(続けている)理由を教えてください。

古谷 :営業の上流部分をより鍛えられると思ったからです。前職の営業を通じて、クロージングに関する営業スキルは身につけてきた自負はありました。一方で、関係性の薄いお客さまのニーズ喚起にまつわるスキルはなかなか身につけられなかったので、インサイドセールスを通じて、課題創出に向き合うことでまた一段と成長できると考えました。実際に、働いている中で、その難しさを感じながらも日々成長を実感しています。

相馬 :入社当初は、フィールドセールス志望で、その前段としてインサイドセールスに携わっていたのですが、やればやるほど奥が深くて。(笑)

これは弊社のインサイドセールス特有かもしれないのですが、事業のフェーズや市場環境によって、役割が大きく進化していきます。

特に私は、既存のお客向けのインサイドセールス立ち上げを担当しましたが、まさに事業のフェーズに合わせて、新卒ながら大きなチャレンジを任されました。

部門を横断しているが故の役割の幅の広さが面白みで、やればやるほど深みにハマりました。気づいたら二年間夢中でインサイドセールスに向き合っていました。

寺田 :たしかに、私も営業としてのスキルが身についた自負がありますし、一方で相馬のように、新しいチャレンジに向き合い、ビジネスマンとして成長できている実感もあります。

Sansanのインサイドセールスのやりがい

寺田 :Sansanのインサイドセールスの強みを教えてください。

古谷 :独立した組織であるが故に、市場環境や事業フェーズに応じて柔軟に対応し、お客さまをリードしていけるところが強みだと思います。

相馬 :私も古谷さんと同じで、あえて役割定義をしきっていないからこそ、自身で課題を見つけ解決できることが強みだと思います。実際に、私は既存営業のリソースが足りておらず、お客さまに真の意味で向き合えていないことが課題だと感じ、普通ならカスタマーサクセス部門が担う役割を、インサイドセールスとして巻き取る動きを取り、仕組みとしました。このように部門の垣根を超えて働ける、非常におもしろい部門だと思っています。

今後のキャリアの展望

寺田 :いろいろと聞かせてもらいましたが、今後のキャリアの展望はどう考えていますか?

古谷 :もともとはインサイドセールスを経験した後、フィールドセールスになろうと考えていたのですが、インサイドセールスをもっと続けていきたいと考えるようになってきました。理由は2点あります。1点目が、戦略の立案から実行まで全てに携われるが故に、成長機会がたくさんあると考えているから。2点目が、インサイドセールスは、まだまだ役割定義が確立しきっていないので、新しいスタイルを作っていけるだろうというワクワク感があるからです。どんどんチャレンジし、インサイドセールスのあり方を模索していきたいです。

相馬 :私自身、企画に異動して間もないのもありますが、より組織が成長できるような仕組みを作っていきたいと考えています。まだまだ組織としては伸びしろがあると思っています。2年の現場経験を活かして、お客さま目線で、変えるべき所をしっかりと変えていきたい。今はしっかりとそこに向き合っていきたいです。

編集後記

変革の時代において、新たなチャレンジをされる方はますます増えていくことでしょう。

SansanのValuesの一つ、「変化を恐れず、挑戦していく」を価値観として持つ方にとって、スピード感のある環境でインサイドセールス業務を経験することは大きな刺激と成長をもたらすのではないでしょうか。

次回イベントもお楽しみに!

Sansanでは、一緒に働くメンバーを現在募集しています!

インサイドセールス
世界中の働く人の当たりまえを作るインサイドセールスを募集!
Sansan株式会社は、「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを掲げ、名刺を起点とした2つのサービスで事業を展開し続けています。2007年の創業時から法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」、2012年から個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。 ◆ 法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』(https://jp.sansan.com/) 名刺管理から、ビジネスがはじまる「Sansan」 Sansanは、これまでにない名刺管理サービスです。 名刺だけでなく、あらゆる「顧客データ」を連携することで、いままで気づかなかったビジネスチャンスにも最適なアプローチができるようになります。 ◆ 個人向け名刺アプリ『Eight』(https://8card.net/) Eightは、名刺を起点としたビジネスネットワークです。名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を利用し、ビジネスにおけるコミュニケーションツールとして活用されています。2018年3月現在、200万人を超えるユーザーに利用されています。 ◆ Data Strategy & Operation Center R&Dチームについて(https://jp.corp-sansan.com/dsoc/) 2013年より文書画像解析のスペシャリストが専門的な研究を行うR&Dチームをオペレーション部内に創設。OCRに加え、事業のグローバル展開も見越した言語に依存しない独自の画像解析エンジンや、名刺に対する認知に対して機械学習を用いて読み取りを効率化・自動化する研究開発をスタートしました。現在のR&Dチームは、サービスを通じて世の中に価値を届けることをミッションとしています。画像処理・機械学習のスペシャリストやデータサイエンティストなど十数名が在籍し、名刺をもとにした人脈のデータベースの活用という前例のない未知の領域に挑んでいます。
Sansan株式会社

この記事を読んだ方はこちらもオススメ

■ クレジット
写真:山平敦史

Sansan株式会社's job postings
36 Likes
36 Likes

Weekly ranking

Show other rankings