1
/
5

業界未経験からSansanの最前線へ。インサイドセールスへの転職理由と、そのやりがいとは?

こんにちは!Sansan株式会社インサイドセールス部門採用チームの徳野です。

「Sansanのインサイドセールスではどんなメンバーが働いていますか?」
採用活動の中でよく聞かれる質問です。

Sansanでは「強みを活かし、成果を出す」といった行動指針Valuesが存在し、
業界経験問わず、メンバーがそれぞれの強みを最大限発揮しています。

では、そんなメンバーたちは数ある企業の中で、なぜSansanへ入社を決めたのか。入社後の仕事のやりがいとは。
業界未経験から、Sansanへ中途入社したメンバーはどう考えているのでしょうか。

今回の記事では、実際に異業種から中途入社したインサイドセールスのメンバーを5名選出。インタビューを実施してきました。

Sansan事業部 セールスディベロップメント部 RDRグループ 佐々木 寛也
主に西日本エリアのスモールマーケットの企業領域を中心に、インサイドセールス業務を担当。


・前職:新卒入社したアパレル業界では、2年間マーチャンダイザーを担当。
※マーチャンダイザーとは、製品や顧客動向、トレンドなどさまざまな調査分析を行うことで、商品開発から販売計画立案まで一括して管理すること。

その後2社目ではアウトソーシング業界へ入社し、クライアントのフロント部門のマネジメント兼営業戦略企画を担当。
・入社年:2019年入社
・好きなこと:椅子探し。家にぴったりの椅子を数年探してます。(笑)

Sansanに入社した決め手は?

①うそがない環境が整っている
Sansanのビジネスモデル上、サービスを使い続けてもらうこと(LTVの最大化)が大事です。
このことを前提とすると、
・組織目線:売り上げを最大化すること
・顧客目線:クライアントに確かな価値が届くこと
・従業員目線:提供するサービスの価値に共感しその価値を届けること
これらに向き合うことに矛盾がない、つまりうそがないと思っています。
SansanのValuesに「Lead the customer」という言葉があるように、社員全員でクライアントに向き合っています。
それっぽいことをただうたうのでなく、仕組みとしてうそのない環境が整っている点
に惹かれました。

②ミッションドリブンを貫いている
前職でもやりがいを感じてましたが、ひとつの指標や目標に向かって組織単位で動くことの難しさを痛感するとともに、それができない歯がゆさを感じていました。
その中で「市場を創造する」「新しい当たり前を創る」ために、社員全員がMissionに向き合っているSansanの風土に魅了されました。

Sansanでの仕事のやりがいは?

フィールドセールスを通してクライアントから感謝の言葉をいただいたときや、自分が携わった案件が受注につながったときは「価値を届けることができた!」と実感することができ、非常にやりがいを感じています。

また、Sansanはスピード感のある組織です。
当たり前のように日々変化していく環境の中で、自分の意思と意図を表現しながら、どうすれば組織に還元できるのかを考えています。

前職での経験が役立っていると思うところと、それを踏まえ、Sansanで活躍できると思う人物像は?

「仕事を自分事化できているか?」前職でよく問われていた観点です。仕事に向き合う為の一つの要素であると捉えているため、この問いはSansanに入社してからも自分に言い聞かせ、仕事のモチベーションにつなげています。

上記の点から、Sansanでは受け身でなく、主体性を持って仕事に向き合うことができる方が活躍できると思います。


Sansan事業部 セールスディベロップメント部 SDR2グループ 橋本 桃子
主に東日本エリアのミドルマーケットの企業領域を中心に、インサイドセールス業務を担当。入社三カ月目から新規事業のインサイドセールスを兼任。


・前職:大手百貨店のバイヤーを担当。新規商品の商品開発や、インスタグラマーの販売イベントの運営などに携わる。
・入社年: 2020年入社
・好きな食べ物:ギョーザです!ギョーザとビールが大好きです!

Sansanに入社した決め手は?

①プロダクトの将来性
もともと私が仕事する上で大事にしている考えとしては、圧倒的な価値や経験をお客さまに届けていきたいという思いです。
そんな思いから、常にアップデートされたサービスを届けることができるSaaS事業に興味を持ち始めました。
いろいろな会社を見た中で最終的にSansanを選んだ理由は、名刺を基軸に人と人との出会いにフォーカスし、世の中に新たな価値を届けていることに可能性を感じたからです。

②働いている「人」
社員全員がMissionに向かって一直線に向き合っている点が決め手でした。
前職は華やかで楽しい職業でしたが、それ以上にSansanで働く「人」に魅力を感じました。

Sansanでの仕事のやりがいは?

時代をリードするサービスに携われる点や、常にアップデートしたサービスをクライアントに提供できる点です。

一つ例を挙げると、弊社では6月に「オンライン名刺交換機能」をリリースしたのですが、入社前は名刺をオンラインで交換するなんて、想像もしていませんでした。

今回コロナ禍の中で急速にビジネスのオンライン化が進みましたが、いち早くオンライン名刺を世の中に届けようと各部署が一丸となって取り組んでいます。
インサイドセールスはクライアントの最前線に位置しているので、私にとって非常にエキサイティングな経験であると感じています。

前職での経験が役立っていると思うところと、それを踏まえ、Sansanで活躍できると思う人物像は?

前職での経験はBtoCでの販売経験と企画職でしたが、前職で培った主体的に考え、行動する姿勢や目標に対してやり遂げる力が今の自分を下支えしていると感じています。

もしこれまでの職務経験でちゅうちょされている方がいるのであれば、「問題ないです!」とお伝えしたいです。
実際に私自身が未経験からのチャレンジでしたが、自ら考え行動できる人であれば、活躍するフィールドをまかせてもらえる環境だと感じています。


Sansan事業部 セールスディベロップメント部 ADR1グループ 豊永 雄貴
エンタープライズの企業領域を中心に、広告・サービス業界に対するインサイドセールス業務を担当。


・前職:新卒で某アーティストの付き人兼アシスタントマネジャーを担当。
・入社年:2016年
・好きなドラマ:梨泰院クラス(普段韓国ドラマは見ませんが、あまりに衝撃的だったので3周目突入してます笑)

Sansanに入社した決め手は?

①ミッションの具体性
組織のフェーズごとに更新されていますが、私の入社当時のMissionは「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」でした。

その中で「世界を変える」と豪語し、その手段としてのプロダクトも非常に具体的だったため、入社当時は小さい組織でしたが大きな将来性を感じました。

②全社員が同じベクトルを向いていること
前述の通り、一本筋の通った具体的なMissionに対して、社員一人ひとりが腹落ちをして働いている本気の組織だと感じ、Sansanでチャレンジすることを決めました。

Sansanでの仕事のやりがいは?

意思と意図を持ってクライアントと向き合うことで、気づきを与え、さらなる飛躍に導くお手伝いができることです。
特にエンタープライズ領域におけるインサイドセールスは、関わるクライアントの多さから大変なことも多いことが特徴ですが、それに比例して、こだわって最後までやり抜いた先の社会的インパクトも大きいことが面白さです。

また、Mission達成の名のもと、今まで実施したことのないような施策であっても、部署問わず連携し、会社として挑戦し続ける体制に魅力を感じます。

前職での経験が役立っていると思うところと、それを踏まえ、Sansanで活躍できると思う人物像は?

前職経験の項目でお伝えしましたが、私の場合は業界が特殊ということもあり、具体的にこれが役に立っている!と明言することは難しいです。
自分の場合はどちらかというと、Sansanに入社してから力を付けていったタイプだと思います。その分、とにかく入社してから必死でした。
入社当初は力不足で苦労したときも多々ありましたが、成果を出そうとする姿勢があれば、周りのメンバーが本気で受け止めてくれる環境だと感じています。

活躍できる人に関してですが、どれだけMissionに向き合う覚悟があるかが入社後のパフォーマンスに影響すると考えています。
中途で入社してくるメンバーの前職経験はかなり多種多様ですが、一つのMission達成のために、日々共闘している感覚があります。


Sansan事業部 セールスディベロップメント部 SDR1グループ 稲垣 信二
東日本エリアのスモールマーケットの企業領域を中心に、プレイヤー兼チームリーダーとしてインサイドセールス業務を担当。また、橋本と一緒に新規事業のインサイドセールスも兼任。


・前職:新卒で自動車メーカーに入社。約3年間、国内販売代理店に対してのルート営業に従事。
・入社年:2019年
・好きなお酒:ビールです。仕事終わりに毎晩飲んでます。

Sansanに入社した決め手は?

仕事に全力で向き合える環境に惹かれ入社しました。

弊社のMissionである「出会いからイノベーションを生み出す」ということに向き合い、本気で「世界を変える」と語る熱量をもった社員が多く、全員で一つの目標に向かって仕事をしている一体感に魅力を感じました。

Sansanでの仕事のやりがいは?

ズバリ、常にチャレンジができる点です。
日々仕事に向き合い、周囲に認められることで新たな仕事を任せてもらえ、幅広い経験を積めることにとてもやりがいを感じています。

前職での経験が役立っていると思うところと、それを踏まえ、Sansanで活躍できると思う人物像は?

考えたことを考えたままで終わらせず、行動まで落とし込む力はSansanでも役に立っています。

社会人2年目(前職)のときに、私の上長が突然退職し、全ての業務を引き継がなければいけないという事象が発生しました。
その際、1プレイヤーとして物事を捉えるだけではなく、いかに会社のために行動できるのか、自分の中で試行錯誤した思い出があります。

この経験を活かし、Sansan入社してからはプレイヤー業務だけではなく、チームのスキル向上のための施策または新卒の現場研修の立案・実行、周囲を巻き込んで行動しています。

論理的な思考力と行動力を兼ねた人であれば、Sansanでも活躍できると思っております。
考えるだけで終わっていては何も生まれないですし、やみくもに行動するだけでは成果は出ません。バランスを兼ね備えたメンバーが活躍していると感じます。


Sansan事業部 セールスディベロップメント部 SDR1グループ 山田 幸
東日本エリアの中小企業の企業領域を中心にインサイドセールス業務を担当。
2年半、東日本エリアのスモールマーケットの企業領域を中心に新規営業を担当したのち、現在は既存顧客に向けてSansan活用の支援や、新しいソリューション・拡大利用の提案に従事。


・前職:アパレル業界に新卒で入社。販売業務をはじめ、メンバーの育成や在庫管理、ビジュアルマーチャンダイザーなど幅広く担当。
・入社年:2017年
・好きなこと:ウィンドウショッピング(最近はネットショッピングで我慢し自粛中です) 、スポーツ観戦(テレビは基本的にスポーツ中継でしか見ません)、料理

Sansanに入社した決め手は?

①働く社員たちのポジティブな姿
転職活動の際、Sansan社員全員がとても情熱的で、前向きに仕事している姿が印象的でした。

②本当に価値のあるプロダクトを提供できる点
前職では、好きなこと(服)を提供できる喜びはあったものの、クライアントにとって価値があるものを提供できているのか自信を持てなくなっていました。

入社してから2年半以上たちますが、今でも入社前に感じたSansanへの印象に全くズレがなく、価値のあるプロダクトを提供できていると実感しています。

Sansanでの仕事のやりがいは?

新規営業ではSansanのサービスや価値を知ってもらえるきっかけを創出することができ、
そのきっかけからSansanを導入いただけたときが大きなやりがいでした。

現在担当している既存営業では、より近い距離でのコミュニケーションが必要とされます。
クライアントの課題解決や導入目的の達成に向け、プランや活用方法について継続的な提案ができる点にやりがいを感じています。

インサイドセールスは、沢山のクライアントに価値を届けられるポジションです。
クライアントの生の声をたくさん聞けることが、私にとって大きなやりがいでありモチベーションにつながっています!

前職での経験が役立っていると思うところと、それを踏まえ、Sansanで活躍できると思う人物像は?

前職で培った、傾聴・受容という姿勢です。Sansanのインサイドセールスでもクライアントと関係を作っていく上で非常に活かされていると感じます。

関係構築の得意な方はもちろん、インサイドセールスではデータを多く扱うため、データ分析が得意な人は向いていると思います。

取材後記

Sansanのインサイドセールスでは、さまざまな経歴を持った社員が活躍しています。
個々の強みや仕事に対する考えは異なる部分があるものの、共通項としてMissionに向き合い仕事に励んでいるという点は今回の記事から伝わったのではないのでしょうか。

Sansanでは、Missionに向き合い、一緒に働くことができるメンバーを募集しています。興味のある方は、下記をご覧ください。

Sansanでは、一緒に働くメンバーを現在募集しています!

インサイドセールス
世界中の働く人の当たりまえを作るインサイドセールスを募集!
Sansan株式会社は、「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを掲げ、名刺を起点とした2つのサービスで事業を展開し続けています。2007年の創業時から法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」、2012年から個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。 ◆ 法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』(https://jp.sansan.com/) 名刺管理から、ビジネスがはじまる「Sansan」 Sansanは、これまでにない名刺管理サービスです。 名刺だけでなく、あらゆる「顧客データ」を連携することで、いままで気づかなかったビジネスチャンスにも最適なアプローチができるようになります。 ◆ 個人向け名刺アプリ『Eight』(https://8card.net/) Eightは、名刺を起点としたビジネスネットワークです。名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を利用し、ビジネスにおけるコミュニケーションツールとして活用されています。2018年3月現在、200万人を超えるユーザーに利用されています。 ◆ Data Strategy & Operation Center R&Dチームについて(https://jp.corp-sansan.com/dsoc/) 2013年より文書画像解析のスペシャリストが専門的な研究を行うR&Dチームをオペレーション部内に創設。OCRに加え、事業のグローバル展開も見越した言語に依存しない独自の画像解析エンジンや、名刺に対する認知に対して機械学習を用いて読み取りを効率化・自動化する研究開発をスタートしました。現在のR&Dチームは、サービスを通じて世の中に価値を届けることをミッションとしています。画像処理・機械学習のスペシャリストやデータサイエンティストなど十数名が在籍し、名刺をもとにした人脈のデータベースの活用という前例のない未知の領域に挑んでいます。
Sansan株式会社

この記事を読んだ方はこちらもオススメ




Sansan株式会社's job postings
37 Likes
37 Likes

Weekly ranking

Show other rankings