1
/
5

キャリアは自らの手で創る。社内公募制度を導入しました!初の公募利用メンバーにインタビュー!

こんにちは。アカリク採用担当です。
アカリクでは2021年5月より社内公募制度を導入しました。

社員の定着化や職能を広げるなどのメリットに加え、メンバーから制度導入希望の声が上がったことが背景としてあります。

メンバーは各募集ポジションに応募後、代表と公募先の事業部長と面談を実施、双方合意となった場合異動となります。

今回、公募制度を使用し異動を叶えた岸田に話を聞きました。

【経営企画室 マーケティングチーム 岸田】

人材紹介事業部から経営企画室・新設のマーケティングチームに異動。
インタビューはこちら↓


——公募制度を利用しようと思った理由

アカリクに入社して間もなく、社内のことをあまり知らないまま業務を行っていたので、アカリクのことを深く理解して、アカリクのサービスや会社自体をより良くするために色々な部署を経験してみたいという想いがありました。

今回の公募導入時には、まだ自分にはない知識を身に付けたり、経験したことのないことをして成長できるので自分にとって大きなチャンスだと思いました。
公募先にマーケティングのポジションがあり、将来築いていきたいキャリアにも合っていたのですぐに手を挙げました。

——面談はどのようなものでしたか?

心構えや能力面などポジションで求められることに加えて、実際にどのような業務を行うのかを詳しく聞くことができました。さらに今回は新設の部署だったので、設置の背景と目的も聞きました。
それにより、自分がこれから何を求められているのか、どのように貢献したらいいのかを具体的にイメージすることができました。

また異動するということは現職のポジションに穴を空けること、つまりそれだけの代償を払って送り出してくれる部署の仲間に恥じない活躍を異動先でやらなければいけません。
そんな覚悟とやりきる熱意が自分の中にあるのか、ということも考えさせられました。
面談は、自分の考えを整理する良い時間になったと思います。

——他のメンバーにも勧めたいですか?

ぜひ勧めたいです。
所属部署以外で何をやっているのか、何を目指してるのかをより詳しく知ることは、新しいアイデアが思いついたり、自分の業務の手助け、新しい成長の機会に繋がったりすると思います。

特に他部署での業務を経験すると、社内のいたるところに強く繋がった仲間ができるイメージで、他部署との連携がスムーズになるので、より一層事業の推進を牽引できる存在になれると思っています。

——公募での異動を経験してみて

新卒で半年未満という自分が新設のポジションに抜擢されたのは驚きでした。
手を挙げれば、そこにきちんとした「なぜやるのか」「なぜ挑戦したいのか」という理由があれば受け入れてくれる文化がアカリクにはあります。

公募制度は、自分のキャリアを顧みて、新たなことに挑戦できる一歩となると思っています。
この制度を積極的に利用して、様々な部署で経験を積んで成長したメンバーが責任のあるポジションに就くことができれば、アカリクも組織としてより大きく成長できるのではないかと思っています。
周りのメンバーにもいい影響を与えられるように、今のポジションで成果を出せるよう努めたいと思います。

アカリクではその時の状況やメンバーの意見を取り入れ、社内制度や福利厚生を随時更新しています。

その他制度や福利厚生についてもストーリー掲載予定ですので、今後もご期待ください!

株式会社アカリク's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more