外コンの内定を蹴って、アジアのスタートアップに入社〜僕にしかできないことにチャレンジする〜

#TeamAnyMind のフレッシュでアグレッシブな新卒メンバー、#AnyMindRookies
彼らによる自主企画で、
進路に悩んでいる就活生や、AnyMindにちょっとでも興味がある人たちの相談にも乗っちゃいます!
この記事の最後にあるリンクからお問い合わせください!
今回記事を執筆してくれたのは、
2018年3月に慶應義塾大学を卒業し、2018年4月からAnyMind Groupに入社する藤田 翔大さんです。

高校卒業までの13年間、ひたすらサッカーに打ち込む毎日

高校生の時はサッカーで全国優勝することだけが目標でした。だが結果としては、全国大会にすら出場できず、個人としても結果を残せず。悔いだけが残る高校生活。

大学に入学して、自分からサッカーを取った時、やりたいことって何だろう。
自分が人生をかけて打ち込みたいことって何だろう。

いくら考えても、答えは出ませんでした。
まずは自分の好奇心が向かう先へ、とにかくがむしゃらに行動してみよう。
そういう想いから社員10名ほどのベンチャー企業でインターンしたり、フィンランドに短期留学したりしました。

どんどん自分の興味が海外に向いていく中で、大学に新しい留学プログラムが誕生しました。イタリアの大学とのDouble Degree Program 。1年間の留学で、イタリアの留学先の大学の学士号が取得できるという、とてもチャレンジングなものです。1年間入念に準備し、何とか派遣生に選ばれることができました。

イタリア留学で考えさせられた、働くことの意味

念願のイタリア留学。初めての海外での長期の生活。

とにかく分からないことだらけで、新鮮な毎日でした。パスタとスパゲッティの違いにうるさいイタリア人ルームメイト、無賃乗車が当たり前のトラム、週末のサッカー応援に人生をかける近所のオジサン。とにかく日本では出会えないような人・文化の中で生活し、自分の中の常識が、少しずつ柔軟に変化していきました。

そうした数ある出会いの中で、あるイタリア人の友達からとても印象に残る言葉を言われました。ある夜、日本の就活の現状について僕が話していると、その友達から

We work to live, but you guys live to work.
(俺らは生きるために働くけど、日本人って働くために生きてるって感じだよね)

入社後も毎年1ヶ月近い休暇が取れるヨーロッパ企業。それに対し1週間の休みがやっとな日系企業。働くことに対して態度や価値観が違うのは当然です。

ボスキャリに向けて、とにかく有名企業にエントリーしていた自分。周りの人々や社会に踊らされて、「自分は卒業後どんなことをしたいのか」っていう本質的な問いから目を背けていた自分の中身が、そっと見透かされたような気がしました。

「働くって何なんだろう」

その時から、自分がどんな働き方をしたいか、よく考えるようになりました。

井の中の蛙、タイで大海を知る

どうせ働くなら、自分が興味を持てることをやろう。

1.留学先で興味を持ったビジネス戦略を深められる仕事がしたい
2.海外でチャレンジしたい

という軸で就活を行い、複数の外資系コンサル企業から内定をゲット。その中でも日本でのプレゼンスが高く、様々な案件に携われそうな米系の大手コンサル企業の内定を受諾しました。

しかしいざ内定をもらっても、どこかパッとしない。これって本当に自分がやりたい仕事なのだろうか。

「将来海外で活躍したいなら、今のうちから海外で働く経験をしてみたい」ということで、
AnyMind Groupのタイオフィスでの営業インターンに応募。
事業が驚くほど急スピードで伸びている点やインターン生でも社員と同じようにフルコミットして働ける点に魅力を感じ、応募を決めました。

この瞬間に、僕の人生は大きな転換を迎えることになります。


軽い気持ちで応募した、タイでの3ヶ月のインターン。いざインターンが始まり、待ち構えていたのは、今までの人生で出会ったことのないような、自分の人生を思う存分生きている同世代の社員たちでした。

「新卒1年目で、大手クライアントをいくつも抱えるスーパーな先輩」
「23歳で10人ほどをマネジメントしている超パワフルなシニアマネージャー」
「同い年で、大学中退して新規事業の責任者をしている同期」

こんなに人生を真剣に生きて、結果にこだわって、それでいて誰よりも楽しそうな人たちに、僕は今まで出会ったことがありませんでした。就活に成功して、どこか慢心していた自分の小ささを思い知ると共に、世界には僕なんかよりすごい人がたくさんいて、日々僕よりも速いスピードで成長しているということに危機感を覚えました。

イタリア人のように、仕事が全てじゃないという考え方もある。けど僕は、この人たちみたいに、仕事を誰よりも楽しんで、何か大きなことを成し遂げたい。チャレンジするなら今しかない。こうして僕は、AnyMind Groupへの入社を決断しました。

これ以上にない環境で、僕にしかできないチャレンジをしよう

入社後は、フィリピンオフィスの立ち上げメンバーとして、マニラに滞在します。「マニラオフィスの戦略等を自分で考える」「1年目からいきなり海外」ということで、もともと就活の時に軸にしていた部分を贅沢すぎるくらいに叶えていただきました。

自分の好奇心が向かう先へがむしゃらに行動した結果、大学入学当初には想像もつかなった選択をすることになりました。英語も話せず、サッカー以外何も知らないような自分が、イタリア留学やタイでのインターンを経て、新卒1年目から海外で、しかも現地法人の立ち上げメンバーとして働きます。

フィリピンでは現地法人の設立から事業の拡大まで、全力コミットメント!

それから自分にしかできないような経験やチャレンジを発信し、自分自身のブランド力を高めていきたいと思います。

この記事を読んで、#AnyMindRookies から直接話を聞いてみたい!と言う方は、
下記のリンクよりお気軽にご応募ください!たくさんのご応募お待ちしております(^ ^)

【就活生限定!】#AnyMindRookiesの話を聞いてみたい!

中途採用も積極的に募集しています。#TeamAnyMind まだまだメンバー募集中!!

AnyMind Group's job postings
26 Likes
26 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more