1
/
5

【20卒内定者紹介Vol.6】「全人類に愛されたい。」承認欲求と向上心あふれる自己ブランディング系女子の話。

#「全人類に愛されたい。」

最近、愛されてますか?
愛されるためには見返りを求めずまず愛することが重要…
って昼間から何言ってるんでしょうね…。揚羽の松儀です。

いよいよ20卒内定者が出そろい、揚羽でも内定者インターンがスタートしました!
揚羽では内定者インターンとして、内定者の間に3日程度、揚羽で業務体験を行います。
今回は揚羽に4月入社予定の内定者、釜井さんにお話を聞いてみました!

釜井 万由子 (Kamai Mayuko)
神奈川県出身。
神戸大学 文学部 卒業予定。
「今入部したら(競技人口が少ないから)五輪に出れるよ」と誘われ
大学ではアーチェリー部に所属。
引退後は友人の紹介でエンカレッジに入り後輩の就活支援を行う。
最近の趣味はメルカリ。
1番好きなアーティストはクリープハイプ。
揚羽でのあだ名は「かまゆ」。

Chapter.1:少年マンガの主人公みたいな...

ー内定者インターンお疲れ様でした!
 3日間、いろいろな経験をしてみていかがでしたか?

お疲れ様でした!

一番の収穫は、仕事で「課題解決」する時に
お金が回っていることを目の当たりにできたことですかね。

当たり前のことですが(笑)

ー「ブランディング」という言葉が先行しがちな揚羽の仕事ですが、
 それも「ビジネス」であることを感じていただけたのは
 非常に良い気づきですね!


営業として、ビジネススキルも
きちんと身に着けていかなきゃなと思いました!

あと、熱量や気合いなどの「個人の努力」だけではどうにもならなくて、
「周りを巻き込む力」「相手を動かす力」が
必要だということも学びました!

ただ、周りを巻き込むためには
「個人の努力」は大前提だなと思います。

その上で論理的な思考力と分かりやすい説明・気配りで
前提を共有することが大切なんだなと…!

ーそれも素敵な気づきですね!

ありがとうございます!

今回のインターンシップに参加して
改めて揚羽に興味を持ったきっかけや
入社を決めた理由を思い出すことができましたね。

ー釜井さんが揚羽に興味を持ってくれたのは 
 どのような経緯だったんですか?

「ブランディング」という言葉を
揚羽きっかけで知ったことが始まりでした。

もともと自己開示が苦手で、チキンな自分を改善すべく
中学時代に演劇部に入部したんです。

そしたら謎の承認欲求と向上心が芽生えて
「全人類に愛される人間」になりたい!と思うようになり…(笑)
その結果、「自己ブランディング」に励むようになったんです。

ー「全人類に愛される人間」!
 ワン〇ースの〇フィとか、NAR〇TOとか
 少年マンガの主人公が思い浮かびました…。

近いかもしれませんね(笑)

ーなぜ「全人類に愛される人間」になりたいと思ったんですか?

愛される人間は周囲に人が集まるので、
チャンスが増える → 経験値が増える → 楽しい日々を過ごせる
と思っているからです!

ーそのために「自己ブランディング」を実行していたと…。

そうです!

ーそのときから「ブランディング」という言葉を知っていたんですか?

いえ、当時はその行為自体に名前があるとは
全く知りませんでした!

揚羽と出会って「ブランディング」という言葉を知り、
過去の振る舞いと重なり、
それで興味を持つようになりましたね。

ーなるほど。
 ちなみに、具体的にはどのような「ブランディング」を行っていたんでしょうか?

中学時代まで遡るんですが、
・相手の下手に出る。ダメなところをあえて見せて、親近感を持ってもらう。
・ただ、舐められないように勉強はめちゃめちゃ頑張る。

運動神経が良くなかったゆえの挙動の不審さも相まって、
女子からは気に入られるようになりましたね。

ーブランディングの効果が出たんですね!

ただ、プライドが皆無なのでノリ良くいようと思って
変顔したりギャグをとばしたりしていたら、
男子からは距離を取られ、非モテキャラが確立されました…(笑)

女子から気に入られるのはそれでよかったのですが、
男子とは本当に喋らなくなってしまいましたね。

さらに、調子に乗った女子たちに容姿をいじられるようになり、
より「モテ」から乖離する日々を送っていました。

この時の劣等感も強い承認欲求につながっているのかもしれません…。

ーそんなことが…。

ただ最近気づいたことがあって、
全人類に愛されたくて自己ブランディングをしてたけど
当時のブランディングは自分を痛めつけるようなものだったなと…。

最近やっと、理想像である「全人類に愛される人間」になるには、
相手の顔色をうかがうのではなく、
自分軸を持つことが必要だと気がつきました。

ー確かに、ブランディングは最初に軸をしっかり固めることが重要です。
 セルフブランディングでもそこは同じですね!

そうなんです。

その軸を作るためには、 いろいろな経験をして
引き出しを増やす必要があると思うので
2020年の目標は 「脱チキン&ネタにできるような経験を増やす」ことです!!

ー素敵な目標ですね。応援してます



Chapter.2:変化を愛し、変化を創る。

ー就活の際はどんなところを見ていたんですか?

飲料・食品メーカーの企画職や、
広告代理店、出版社の編集職を受けていました!

人気職種ばかりですね(笑)

ーメーカーも受けていたんですね!
 どのような軸で就活してたんでしょうか?

「ものの魅力を分析して伝える」
「言葉に関わる」
「クリエイティブに関われる」

を、大きな軸として就活してました!

ー仕事内容を重要視していたから
 志望業界も様々だったんですね!

そうなんです!

実は、中学生時代からずっと教員を志望だったんです。
国語(古典)が好きだったことと、
教えることにやりがいを感じたことがきっかけでした。

でも、大学で教職に関する講義を受けたり実習をうけたりするうちに
「ものの魅力を伝えること」と
「言葉の力で影響を与えること」が
自分の興味の本質であることに気づいたんです。

この「言葉」へのこだわりを突き詰めた結果、
広告コピーに衝撃を受けたことや
ファッション誌が好きなことが原点だなと気づきました。

ーなるほど!
 それで広告やメディア系に絞られたと…。

そうです!

ーその中で最終的に揚羽に決めて下さったのは
 なぜでしょうか?

自分の志向性や人間性と
揚羽の考え方や文化がフィットしたからです。

「やりたい」「興味がある」「関わりたい」
という軸で就活を始めましたが、
心から「良いな。マッチするな。」と思える企業とは
なかなか出会えませんでした。

その中で、演劇部時代に芽生えた「注目されることへの快感」や、
アーチェリー部での「一番になりたい」「誰よりも練習する」という姿勢が、
揚羽の「ヨクバリバリバリ」にフィットすると感じたんです。

ーなるほど。
 揚羽の企業姿勢が釜井さんの経験とマッチしたんですね。

そうなんです!

最後の最後は、
教育系の出版社か揚羽かで迷いましたが、

①「古典」という自分の好きなコンテンツが
 飽き性な性格上、今後も好きであり続ける保証がないこと
②「知識」という将来大きな変化がないものを対象として働くより、
 揚羽のような「未来の一歩」を創りだせるような働き方のほうが
 自分が楽しめるのではないかと思った

この2つの理由で揚羽に決めました!

ーそうだったんですね。
 揚羽に決めてくださりありがとうございます!!

あとは、選考がすごく楽しかったです!

インターンや選考過程でのプレゼン、
お話していただいた社員の方とのコミュニケーションが
どれも楽しくて、自分らしさを出すことができました!

ー揚羽の選考は現場同行をしてもらったり
 実際の案件を基に提案内容を考えてもらったりと
 かなりリアルに近い内容になっているんですが
 楽しんでいただけたようで本当に良かったです…!

Chapter.3:自分らしい武器

ーそれでは最後に、これからの意気込みを教えてください!

まずは今回の内定者インターンでも目標として掲げていた
「明るくハキハキ喋る」ことをこれからも徹底して、
入社後は営業として数を追っていきたいです!

そのためには、
一つ教わったことから複数のことが学べるように、
漫然と業務をこなすのではなく
頭をフル回転して揚羽での働き方を覚えたいと思ってます。

あとは自分の得意分野を見つけて、それを武器にしたいですね!

ー自分の差別化ポイントですね!

そうです!

今は調べることが好きなので、
まずはクライアントの下調べを徹底し、
「自分らしさ」を引き出す努力をしたいです。

ー「調査力」はとっても重要ですね。
 今後、揚羽でやってみたいことはありますか?

先ほどお伝えした通り、
「ものの魅力を伝えること」と「言葉の力で影響を与えること」が
自分の興味の本質なので
ゆくゆくはクリエイティブ寄りのフェーズで
コピーライティングに関われるようになりたいですね!

ー「言葉へのこだわり」を突き詰めて、
 そこも武器にしていけると良いですね!

はい!

自分の武器を使って活躍し、
最終的には揚羽の社員の方々はもちろん
仕事で関わったすべての人に
「釜井さんに出会えてよかった」
と言われるような、
「全人類に愛される人間」になりたいです!!

ー「全人類に愛される人間」になるために独自の武器を鍛えて戦う…。
 最後まで少年マンガの主人公みたいな思考を持った釜井さん、
 今後の活躍が楽しみです!!


いかがだったでしょうか?
少しでも興味を持っていただいた方はぜひ一度お話しましょう!

▼【20卒内定者紹介】前回記事はこちら!

▼就活相談したい方はこちら!

Sales / Business Development
21卒・第二新卒大歓迎!入社5年目採用おじさんも皆さんのお悩み相談乗ります
リクルーティング領域・企業のインナー領域・アウター領域における ブランディングからクリエイティブ等を使用した課題解決の実行を提供しています。 ・コーポレートコミュニケーション 社内コミュニケーションの課題解決のための「インナーブランディング」、社外ステークホルダー向けの「アウターブランディング」など、企業のブランド課題に関するコミュニケーション設計提案を提供します。 ■提供するプロダクト ・ミッション、ビジョン、バリューの策定・再策定 ・各種浸透ツールの制作(ビジョンブック、ポスター) ・理念浸透研修、イベント ・マーケティングコミュニケーション 企業が提供している商品やサービスの宣伝販促に関するコミュニケーション設計提案を提供します。 ■提供するプロダクト ・宣伝販促における各種ツール制作(WEBサイト・映像・パンフレット・チラシ) ・イベント制作、関連ツール制作 ・店頭での販売促進ツール制作(POP、ポスター等) ・リクルーティング領域 創業当初から続く、採用ブランディングを中心に、広く採用領域の課題解決のご提案・実行を提供しています。 ■提供するプロダクト ・『どのタイミング』で『どのようにターゲットに届けるか』というトータル提案 ・採用活動における各種ツール(WEBサイト・映像・パンフレット・チラシ) ・SNS広告、イベント、人材紹介などのターゲットとの接点の創出
株式会社揚羽
株式会社揚羽's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more