What we do

サービス概要
プロダクト改善MTG
アラームボックスは、Fintech領域のスタートアップで、インターネット上の情報を活用した企業調査サービスを開発し、資金調達も実施しました。 スマートフォンやPCから取引先を登録しておくだけで、取引先の状況に変化があった時に知らせてくれるAI企業調査サービスを提供しています。 【サービスサイト】 https://alarmbox.jp/ 【日本経済新聞やTechCrunchの参考記事】 https://jp.techcrunch.com/2018/04/20/alarmbox-fundraising/ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30275400Z00C18A5FFR000/ インターネットから大量のデータを収集、解析して、信用リスク判断のアルゴリズムを構築し、企業にとって不可欠なリスク管理にフォーカスした様々なサービスを開発しています。そして、一見難しいリスク管理を中小企業等でも利用できるようシンプルにし、リスクを的確にキャッチしたり回避できるようにすることで、企業取引に関わる人々がリスクや不安から解放され、前向きに楽しく事業に取り組めるような環境をつくっていきます。 (詳しく聞いてみたい方は、お気軽にお問い合わせください)

Why we do

多くの企業が抱える課題
企業活動において信用は重要な要素です。お金を調達するときはもちろんのこと、取引を開始するときにも相手から信用力をチェックされます。今まで企業審査といえば、主に決算書を見て判断するのが常識でした。しかし、決算書自体は過去のデータであり、その企業の「今」や「将来」を見通すには充分ではありません。今までの審査方法では業歴の長い企業や資産規模の大きい企業の評価がよくなる傾向がありますが、実際には中小企業やスタートアップにも優良な企業は沢山あります。 スマートフォンやSNSの普及もあり、インターネット上には企業や商品などに関する大量のデータが存在します。これらのデータを選別して審査に生かすには経験やスキルが必要ですが、やり方しだいでその企業の将来を予測することが可能になります。「これから成長していく企業も正しく評価される」、そんな新しい審査方法を構築していきます。 (クローリングや機械学習のツールを自社開発しています。BtoBのSaaSやデータ収集解析に興味のあるエンジニアの方、ご応募お待ちしています。)

How we do

打ち上げ
オフィス
Fintech企業として、情報サービスからリスクの保証引受まで行い、蓄積したリアルなデータと知見、有力企業とのネットワークを最大限活用し、戦略事業と収益事業の両輪で持続的な成長を可能にしています。 現在、事業は着実に成長し黒字化していて、さらに加速させたいと考えています。一方で、プロダクトの改善点(≒伸びしろ)はまだまだ沢山あり、サービス連携の打診や新しいアイディアも抱えているにもかかわらず、リソース(特に人材)が全く追い付いていません。 Fintechによって、企業の調査や審査のやり方は変わっていきます。これから、アラームボックスは、あらゆる審査情報が集まる企業取引に欠かせないプラットフォームに進化していきます。アラームボックスを使えば、「安心して取引できる」「意思決定に必要な情報が手に入る」「新しい商談のチャンスを掴める」、そんなサービスに進化させていきたいです。 共にプロダクトの開発を担ってくれる方、共に事業を牽引してくれる方、共にメンバーをサポートしてくれる方、共に会社の将来を語り合える方、多くの仲間を必要としています。 テクノロジーとナレッジ、アイディアで従来の常識を変え、一緒に新しい常識を作りませんか。 (メンバーと合うか合わないかなどは、会ってみないと分からないと思うので、勇気を持ってご連絡いただけるとうれしいです。どんな人でも、一歩踏み出す人を応援します!)