ネイティブアドネットワーク『All Aboutプライムアド』を開始!事業責任者にいろいろ聞いてみた。

オールアバウトが独自の基準で選定する媒体で構築するインフィード型のアドネットワーク「All Aboutプライムアド」がローンチしました。オールアバウトが支援するコンテンツマーケティングの効果を最大化させる鍵となるこの取り組み。ローンチの背景からサービスの特長までを事業責任者に聞いてみました。


こんにちは、広報グループの大貫です。
今日は弊社が先日正式にローンチした「All Aboutプライムアド」について紹介します。
「All About プライムアド」は、オールアバウトが独自の基準で選定する媒体で構築したインフィード型のネイティブアドネットワークです。

<プレスリリース>オールアバウトがネイティブアドネットワーク『All Aboutプライムアド』を開始

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也)は、独自の基準で選定した、ユーザーの課題解決に役立つライフスタイル系メディアで構築するインフィード型のネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始いたします。


オールアバウトが支援するコンテンツマーケティングの効果を最大化させる鍵となる「All Aboutプライムアド」。ローンチの背景からサービスの特長まで事業責任者の中島さんにお話を聞きました。

                 プラットフォーム開発部 中島さん

-改めて、サービスの特長を教えてください。

「All Aboutプライムアド」は、オールアバウトが取り組む「運用型コンテンツマーケティング」の効果の最大化を目的に構築したインフィード型ネイティブアドネットワークです。
パートナー媒体は、ユーザーが検索エンジンを使って能動的に情報を取得する領域、例えば金融、住宅、暮らしなどのテーマで、生活者の課題を解決する信頼性が高い一次情報メディアに絞っています。そのため「All Aboutプライムアド」で広告を配信することで、All Aboutのユーザーだけでなく、このような領域において潜在的ニーズがあるユーザー、つまり広告主の商品・サービスと親和性が高いと考えられるユーザーにもリーチを拡大できるのが強みの一つです。


-オールアバウトが提供するコンテンツマーケティングは、誘導枠として総合情報サイト「All About」の記事内のインフィード広告枠をメインで使うほか、アウトブレインなど外部のアドネットワークを併用しています。
なぜ今独自のネットワークを作る必要があったのですか?

オールアバウトの「運用型コンテンツマーケティング」が指標としているのは、PVだけではなくユーザーの態度変容効果です。つまり私達のターゲットは、顕在層向けのSEMや、アフィリエイト、バナーなど、商品訴求の広告をクリックしてくれない関心層にあたるユーザー。彼らは、商品へのニーズは顕在化していないものの、生活において何かしらの疑問や課題を抱えていて、能動的に情報を収集している、顕在層のひとつ前のファネルになります。
つまり総合情報サイト「All About」の金融や住宅、健康、暮らしなど検索エンジンからの流入が多い領域のユーザーですね。

                  All Aboutの得意領域-コンテンツマーケティング

                        via content-dig.com

そのような関心層であるユーザーに、広告コンテンツに興味を持ってもらうには、彼らがどんな課題を解決したいのか、また課題に直面している背景は何なのかを知る必要があります。更に理解を深めたり、自分事にしてもらうには、このような深いインサイトに適した信頼性・専門性が高いコンテンツをもって、“自然に”アプローチする必要がある。コンテンツマーケティングの成功には、ユーザーの行動をもとにコンテンツと誘導(ユーザーとの接点)の両方を最適化することが重要だと考えています。

そこでオールアバウトでは、切り口が異なる記事型のネイティブ広告を複数制作し、配信結果から得られたデータをもとにコンテンツを最適化する「運用型コンテンツマーケティング」に昨年から取り組んできました。

<プレスリリース>オールアバウトがネイティブ広告の態度変容効果を最適化する 「運用型コンテンツマーケティング」への取り組みを開始

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也)は、記事型のネイティブ広告(以下ネイティブ広告)による態度変容効果の最適化を図ることを目的に、「運用型コンテンツマーケティング」への取り組みを本日より開始いたします。


この取り組みでは、閲覧表示回数(PV)だけでなく、複数の分析ツールを使って読了率、クライアントサイトへの質の高いユーザーの送客効率、クライアントサイト内におけるコンバージョンポイントの遷移率を計測し、最もユーザーが態度変容するコンテンツを見極めています。
今回「All Aboutプライムアド」が出来たことにより、良質なユーザーとの接点拡大と、誘導からタイアップ広告の読了までのユーザー行動の最適化を可能にしました。


-ユーザーとの接点が拡大するとのことですが、All About内に関心層であるユーザーが多くいるのであれば自社で完結すればいいような気もします。外部にも接点を広げるのはなぜでしょうか?

それでは大貫さんに質問です。大貫さんが住宅を購入しようと思ってインターネットで調べものをしたとき、All Aboutだけを見ますか?・・・答えはNOですよね。


住宅に限らず、金融商品や健康状態など、生活への影響度が高いテーマにおける情報収集の場合、複数のソースを参照することが多いはずです。All Aboutの利用シーンも例外ではなく、いくら専門家が書いていて信頼性が高くても、また、探している答えが見つかっていたとしても、並行して専門サイトなど他のメディアも見て何かしらの意思決定に至っているはずです。こういう”インターネット全体がひとつのメディア=ONE Internet”という考えのもと、All Aboutのユーザープロフィールと親和性の高いメディアと提携しています。

-広告主はどんなメリットがありますか?

最も大きいのは、All Aboutのオーディエンスデータを活用し広告配信を最適化できるという事ですね。
1,300のカテゴリーに分類された18万本の記事を持つ総合情報サイトだからこそできる強みでもあるのですが、ユーザーの行動履歴を、Google Analytics等のアクセス解析ツールや、媒体として導入しているDMP、態度変容を計測するツール(TRIVERなど)を用いて分析することができるため、ユーザーの詳細なインサイトを知ることができます。配信される媒体も、広告主の商品やサービスと親和性が高いテーマにおいて関心が高いユーザーを多く持つため、態度変容効果が見込める質の高いユーザーの集客拡大が見込めます。

このように、ターゲットの興味関心軸に沿って、誘導からタイアップ広告の読了まで、ユーザーとのコミュニケーションを広くカバーし、かつ最適化することで、コンテンツマーケティングの効果の最大化が見込めます。

-ネイティブアドネットワーク単体の商品として販売しますか?

この「All Aboutプライムアド」は、All Aboutの誘導枠の拡張なので、オプションメニューとして販売するわけではなく、弊社の営業担当がコンテンツマーケティングで販売している価格に含まれます。
そのため、RTBへの接続はせず、配信する広告はAll Aboutが制作及び審査した広告のみです。

これによりパートナー媒体も、ブランディング広告を中心に純広告と同程度の高単価案件の配信機会が増加し、収益性の向上が期待できます。また、媒体価値を毀損しない信頼性の高い広告コンテンツが掲載できるのもメリットの一つと言えますね。


-この「All Aboutプライムアド」には、アドベリフィケーションが導入されているそうですね。

はい。オプションではなく、標準装備として、IAS社が提供する、米国Media Rating Council(MRC)の認定を受けたアドベリフィケーションツールを導入しています。
その目的は2つで、正しい数値の取得と、健全な広告配信環境の担保です。

先ほどから話しているとおり、コンテンツマーケティングにおいて効果の分析は不可欠で、正しい数値を把握することは広告の効果を最大化させるためにとても重要です。
しかしながら、昨今、広告費を不当に得る事を目的に、広告の閲覧表示回数(インプレッション数)やクリック数を不正に水増しするアドフラウド(広告詐欺)が横行しています。つまり広告が表示されたことは確認できても、その広告を見ているのは、人(ユーザー)なのかコンピューター(ボット)なのかわからないという事がおきていて、正しい数値が得られないだけでなく、国内でも広告主側に年間で数百億円の損害が生じているとみられています。

また、ユーザーが視認できる状態にある広告インプレッション「ビューアブルインプレッション」や、企業のブランディングに不適切である広告枠への広告掲出によるブランド価値の毀損を防ぐ「ブランドセーフティ」の重要性も注目されています。

こういった背景もあり、「All Aboutプライムアド」だけでなく、総合情報サイト「All About」のインフィード広告枠にも同様に導入しています。費用は全てオールアバウトが負担し、広告主及びパートナー媒体に対し、健全な広告配信環境の提供を目指してします。こうした取り組みもあり、IAS社が認定するデジタルキャンペーン全体の効果検証・最適化に積極的に取り組むパートナー企業の一つに選ばれています。

<プレスリリース> 総合情報サイト「All About」が国内媒体で初めてIAS社のアドベリフィケーションツールを記事型ネイティブ広告に正式導入

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也)は、提供する広告商品の透明性、安全性の追及を目的に、インテグラル・アド・サイエンス・ジャパン株式会社(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中太郎、以下IAS)が提供する、米国Media Rating Council(MRC)(※1)の認定を受けたパブリッシャー向けアドベリフィケーションツール(※2)を、国内媒体で初めて自社で販売・配信する記事型ネイティブ広告に正式導入いたしました。



-最後に一言お願いします。

読者、ブランド企業、メディアの三者を「信頼」でつなぐ事のできるマーケティングプラットフォームを目指していきたいと思います。
「All About プライムアド」をよろしくおねがいします。

-中島さん、ありがとうございました!

株式会社オールアバウト's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon