良き映画を良きと綴るためだけのブログ(feat.『天気の子』)

どうも、a.k.a 黒鷲のはぐっです。

基本的に日本語の赤ペンは受け付けません。

今回は映画『天気の子』を観てきたので、それにまつわるブログになります。

誰がなんと言おうとまつわっています、ええ。

・・・おっ、始まるみたいですよ。


- 晴雹の節 -
陽光の悲嘆と天水の歓喜

~~~~~~~
and factoryのCULTURE部は、『さまざまなカルチャーに触れよう』という部であり、

アート・音楽・歴史・国内外の文化など幅広く、メンバーが興味あることや今話題のことなどを出し合い、毎月活動内容をみんなで決めて活動している部隊である。

そんなCULTURE部は今節、大いなる世界を救ってきたのであった。
~~~~~~~


この世界は狂った。

いや、世界は元から狂っていたのだ。


「・・・ここは始まりの国です」

どこかから聞こえる声。

しかし、そんな声には動じない一行。


独自開発された仲間召喚システムにより、続々と増えていく勇者一行。


道具屋で回復薬と弾けコーンを購入し、いざ戦場へと向かわん。

(弾けコーン?)


<< 戦場『ターポ』 >>

吹き上がる炎、凍てつく波動、歪みだす空間。

「いざ、出陣じゃあ!」

「怒りの炎よ、敵を焼き払え!」

「僕は紋章の研究をしていたいだけなのに・・・」


戦いは始まった --


(どぅるるるるるるーん)


「精霊よ、我が力となれ!」

帝国の戦士たちが剣を振るう!

キン!キン!キーン!

「くっ、、なかなかやるな」


???「もう大丈夫よ!」


- 援軍(聖女隊) -

「支援は私たちに任せて!」

(お酒飲んだら回復力が+8になるらしいです、ええ)


キン!キン!キーン!

「これで決める!」

ザシュッ!

圧倒的大ボス「くっ・・・まさか私がここで・・・許さん、許さんぞ・・・!」


-- とどめだ


「雨の女神よ、私に力を!うおおおおおお!」


ぴちゃっ!


アドラー「私たち、勝った・・・のね・・・。これで、この世界に平和が訪れる。でもまだ全てが終わったわけではない。ここから私の人生をかけて治世していこうと思う。」


そうして、この大いなる世界は救われたのであった --


------------

???「あなたの想像通りだよっ」


そう、御察しの通り、ここからが本題です。

※ここまでの内容と、映画の内容は、ほぼほぼ異なります。


「こんなに力の限りに執筆して、体力はまだあるかい?」

「愛にできることはまだあるかい?」

もう僕にはなにもないかもしれません、はぐっです。


はい、言うまでもなくこれは精一杯の映画ブログです。

キーワードは、大丈夫

笑顔の空

あなたのように私も・・・。

大丈夫になりたい方は、ぜひ劇場へ。

きっとそこにはまだ見ぬ未来と未来のミ・・・おっと、誰か来たようだ。


赤き血を纏いし12人の戦いはまだ始まったばかり。



『天気の子』、完。


ちなみに、私は涙の嵐でした。

非常にsmile againな感情でした。

映像がキレイで、たまらなかった。

やっぱり、君は・・・。

この感動を胸に、力なく吐くため息交じりのカップヌードル(2分待ちver)を食べたいと思います。

もうええわ。

続行!

それでね、


(めっちゃええ映画やったで、しかし)

(伝わってるか不安やけど)

(私なりに、ちょうど良いぐらい映画の要素入れたから伝わる人には伝わるさ、きっと)

余談ですが、弾けコーンは食べきれずにはちきれるタイプのゆるふわどりーまーやらせてもらっています。おす。


Fin.

andfactory株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more