1
/
5

リモートワーク中の雑談を増やすあれこれ

みなさんこんにちは!インナーコミュニケーション・広報の熊本です。

and factoryは6月8日から在宅勤務が段階的に解除されることになりました。

今は在宅勤務の段階解除中で、リモートワーク主体の働き方をしています。ただ、やっぱり雑談が減って、メンバーから「寂しい...」という声もちらほら。そこで!今回は、and factoryで行なっている「雑談を増やすためのあれこれ」をご紹介します。

どこを雑談のプラットホームにするか考える

and factoryの場合だと、対面、電話、オンラインMTG、Slackの4種類が常時のコミュニケーション手段として用意されています。
リモートワークでの雑談としては、「One to them」がフィットすると思ったので、Slack上の雑談専用チャンネル「#自由帳」の設置と、オンラインMTGツールを活用しました。

こんな感じです。
その中で、定期的に雑談が動くように様々なメンバーが協力してくれました。

雑談を動かす定期コンテンツの紹介

①#バーチーのウーチー


月曜日から金曜日12:30~13:00で開催。リンクにアクセスすれば、バーチー(千葉さん)が待ってます。オフィスのカフェスペースにいる感覚で、誰かと雑談できる場所です。

②#今日の一曲

元ミュージシャンのメンバーS氏がその日のリモートワークにおすすめする曲を紹介しています。and factoryのオフィスでもBGMを流しながら仕事をする環境があります。

③#ザキフク飯

and factoryメンバー同士でルームシェアをしているスタッフが毎日作った夜ご飯を紹介。ガッツリ系から魚料理まで幅広いメニューかつ盛り付けにもこだわっています。毎回おいしそう。

④全社発表はウェビナーで行う

毎月全社員が集まって行なっている全社発表はウェビナーになりました。オンラインになったことで時短のママたちも参加できるようになったし、チャットから各人のコメントが投稿出来たりと、良い面も多くありました。

⑤オンラインのシャッフルランチ&ディナー



もともと福利厚生制度であった「シャッフルランチ&ディナー」をオンラインに移行し、3人以上であれば食事代をランチ1000円ディナー2000円のサポートを開始しました。「あつまれ どうぶつの森」で話しながらこの制度を利用するなど、工夫するメンバーもいました。(ジョインメンバーのオンボードに活用しているケースもありました!)

⑥絵文字でコミュニケーション



コミュニケーション頻度が少なくなりかつチャットはテキストだけだとちょっと冷たい印象になりがちですが、有志がslackにカスタム絵文字を追加してくれているおかげで様々な反応ができます。絵文字によっては距離が一気に近づきますね。個人的に「口角あげてこ」スタンプが好きです。

※このサイトで作れます

⑥リモートで社内LT会を開催

毎月2,3回、金曜日のお昼12:00-12:30に開催される社内LT会、通称アンファクマルシェ。学び要素が毎回多く、業種や役職問わず好きなことを発表して、みんなでワイワイするLT会です。

今回はリモートで開催。社長の青木がMCを行い、ゲームの話や趣味の話、自己肯定感を高める話などメンバーの素顔を覗ける話を聞くことができました。

まとめ

リモート中はコミュニケーション頻度を上げることが重要と言われていますが、and factoryでは自発的にコミュニケーションをとって巻き込んだり、オンラインイベントを開催して気軽に参加できたりと工夫を凝らしています。全員でオフィスに集まれる日まで、引き続きチームワークで乗り越えて行きたいと思います。

andfactory株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings