1
/
5

【サイゼリヤ】イタリア人が選ぶイタリアっぽくないメニュー選手権

ある日弊社でとある議題があがった。

きっかけはフラミンゴCSサービスのアンジェリカさん(イタリア人)に向けられた素朴な疑問である。

一人千円もあれば我々を一瞬でイタリアに連れて行ってくれる高級イタリアンサイゼリヤ…。

高級イタリアン…

イタリアン…

イタリア…

「実際イタリア人ってサイゼリヤのことどう思ってるんだろ?」

そこでフラミンゴ講師のイタリア人の方々に協力してもらい検証してみることにした。

参加者

アンドレア先生(27歳)

ビール会社社員。日本に来たのは音楽のため。
趣味は料理の食いしん坊イタリア人。

レッスン予約はこちら


カテリーナ先生(22歳)

学生。日本に来たのは漫画家になるため。
イタリア料理レストランでキッチン、デザートを担当している。

レッスン予約はこちら


アンジェリカ先生(36歳)

フラミンゴのコミュニティーマネージャー。日本に来たのは結婚のため。毎日家族のために料理をする奥様。

レッスン予約はこちら

ルール

三人で相談してもらいサイゼリヤの全メニュー から

  • イタリアっぽいメニュー2品
  • イタリアっぽくないメニュー2品
  • サイゼリヤで食べたことがないメニュー2品

を選んでもらい実食、三人で話し合ってもらいその中から

一番イタリアっぽいメニュー、イタリアっぽくないメニューを決定する。

それではさっそくスタート!


アンドレア先生(以下A先生):南イタリア出身だから名物のイカスミのパスタは頼みたいな〜

― 三人の好きなイタリア料理は?

A先生:ピザは神様。今まで食べたピザの中で一番すきなピザは中目黒の聖林館って店!こんなおいしいピザが日本で食べられるなんてびっくりした!!普通のピザと美味しいピザは全然ちがう!超おいしい!

カテリーナ先生(以下K先生):ファルファレって(ちょうちょの形のパスタ)パスタがすき。日本はパスタっていったら細長いスパゲッティのことだけど、イタリアにはものすごくたくさんパスタの種類があるの。
A先生:ピザもいろいろある!ナポリには長いピザがあってテーブルに乗せて一人前づつ切って食べるんですよ。

いいなー!イタリア行きたい!

アンジェリカ先生(以下AN先生):南いったほうがいい!日本人はローマフィレンツェミラノベネチアしかしらない!シチリアが最高!!食べ物美味しいし天気はいいし人はいいし最高!!

―サイゼリヤには行ったことある?

A先生:はじめてです!!

K先生:3回くらい。

AN先生:わたしは昔よくきてたけどメニューが変わってる!!

そしてここで衝撃の事実が判明…!

A先生:ドリアはイタリア料理にない!!日本人はだいたいイタリア料理だと思ってる!グラタンっぽいからどちらかというとフランス料理っぽくない??

まさかのサイゼリヤ代表メニューミラノ風ドリア、イタリア料理ではない説………。

A先生:あと日本のティラミスは全然違う。日本ではスポンジケーキを使うけどイタリアにはティラミス専用のクッキーを使うんだ。日本人はホイップクリームとかメレンゲとかいれるけど卵黄だけで作るのが正しいティラミスだよ!

3人が選んだイタリアっぽいメニューがこちら

スープ入り塩味ボンゴレ 499円

バッファローモッツァレラのピザ 499円

パスタとピザ…概ね我々が思い描くイタリアっぽい料理で安心した。

実食

まずはボンゴレから。

AN先生: スープが多すぎる!イタリアではスパゲッティにスープはいれません!!
スープに入れる専用のパスタがあって、スパゲッティーはミートソースとか絡む系のソースで使うことが多いよ。

溢れんばかりのスープはイタリアっぽくなかった…。

K先生:あと塩が足りない。
A先生:わかる、イタリアではパスタを茹でるときたっぷり塩を使うけど日本のは足りない。日本健康的すぎる!!!!
AN先生:あと麺が柔らかすぎる。でも香りはいいですね。

A先生:ピザ小さい!!

K先生:小さすぎる!!

A先生:イタリアの子供にだしても何これってなる。2倍は必要。あと塩が足りない。

A先生:バッファローチーズって高いのに(サイゼリヤでは)こんな安くできるのはどうなってるんだ?

AN先生:そういえばイタリアにはすっごくおすすめなチーズがあって、ブラータ!

A先生:あーーーーブラータおいしい!でも日本では高いよね!!小さいので1500円とかする…。でも本当おいしい
中から生クリームみたいなチーズが溢れ出すんだよね〜…(恍惚)


最近日本でも流行っているブラッター。ちょいちょい見かけますよね。

―日本に来て一番たべたくなるイタリア料理ってなに??

K先生:ランプレドット!( ホルモンのサンドイッチ)

イタリア・フィレンツェの伝統料理で、牛の第4胃をハーブやトマトなどで煮込んだ料理。パニーニに挟んでファストフードとして売られていることが多い。(写真は別の具材)

A先生:ピッツァは定期的に食べたくなるけど日本でも食べれるからわりと満足してる。お米のサラダが食べたくなるなー。

AN先生:あーーーー確かに。冷たいお米に野菜とかウィンナーいろんなピクルスを混ぜて暑い夏に食べるんです。それぞれの家庭で味が違うんですよ。専用のピクルスセットが売ってたりして、お母さんは楽できます。

日本のそうめんみたいなものですね!

ここまでは塩が足りなかったり麺が柔らかすぎたりと、ある程度実際のイタリア料理とは異なるところはあったがそこまで大きく外してはない様子。

が、次回イタリアっぽくない料理部門では波乱の展開が訪れることとなる……!!!

後編に続く


株式会社フラミンゴ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings