1
/
5

プラットフォームの力を信じて。LIPSが目指す美容マーケティングに不可欠なツールって?

こんにちは!AppBrew採用担当の遠藤です。今回は、AppBrewとしては初のSaaS専任メンバーの臼井さんにインタビュー したいと思います!臼井さんよろしくお願いします!

ーー早速ですがAppBrew以前の経歴について教えてください!

元々学生時代からライターやNPOでのインターンに取り組んでおり、特に文章を書くことや、メディアそのものが好きだったことから、新卒で女性向けポータルメディアを運営する企業への入社を決めました。

前職では営業、リサーチ、インサイドセールスの立ち上げなど幅広く経験した後に、最終的にはインサイドセールスチームのマネジメントと広告案件のプランニングをしていました。


ーーどのような経緯でAppBrewに転職されたのですか?

「メディアよりも、ユーザー同士がコミュニケーションを取る『プラットフォーム』が強くなってきていると感じていた」ことが転職を検討し始めた1番の理由です。

他社の選考が進んでいた中でWantedlyでスカウトをもらい、元々LIPSというサービスを知っていたこともあり応募しました。

転職活動の大きな軸である、成長性が高いプラットフォームという点と、私自身がファッションの一環としてコスメが好きだったことから、選考を進むにつれて「ご縁があったらAppBrewに入ろう」と決めていたので、内定連絡をいただいてから即承諾しましたね(笑)

僕の入社以前、SaaS関連業務はセールスチームのメンバーが兼務している状況だったので、1人目のSaaS専任メンバーとしての採用になりました。


ーーSaaS専任として、どんな仕事をされてるのですか?

まず、AppBrewが展開するSaaSプロダクトは『LIPS for BRANDS』というコスメ・美容メーカー様向けのマーケティングツールです。各ブランド様にLIPS内公式アカウントを持っていただき、ユーザーコミュニケーションや、クチコミ分析ができる機能を設けています。

僕はこの『LIPS for BRANDS』のインサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス、プロダクト改善など、マーケ以外の全領域に携わっています。


ーー臼井さんの感じるSaaSのおもしろさは何ですか?

ご契約期間に応じて半年から1年のスパンでお客様と関わるので、1ブランドあたりのコミュニケーション量や頻度が多いことですね。些細な質疑応答から直近のトレンドをもとにした運用施策のご提案まで、幅広かつ密に会話しています。

さらには、自分の意見を実際に取り入れていただくなど、目に見える形でフィードバックをもらうことで手触り感を強く感じています。



ーー『LIPS for BRANDS』を更に伸ばしていくために取り組んでいることはありますか?

ご提案先については、お問い合わせやセールスチームが起点となり、既にリレーションを築けているお客様がいらっしゃるので、SaaSプロダクトによくある「リードが足りない」といったことは、ありがたいことに現状は見られていません。今必要なのは、より顧客ニーズを捉えたプロダクトのアップデートだと考えています。

アップデートといっても大規模開発ばかりではないですが、今進めているのは分析機能の拡充です。具体的には「トレンド」と「売上とクチコミの相関性」といった点で、現在それらを可視化できるようお客様との会話を踏まえて、日々社内で議論し開発し、フィードバックをいただいてまた開発というPDCAを回していますね。生活者のトレンドを明らかにすることは、ブランド様とって明確な需要があり、それを的確に発掘することができれば、美容マーケティングにおいて不可欠なツールになっていくと考えています。


ーー最後に、どんな方と一緒に働きたいか教えてください!

一緒に働きたいと思うのは「少ない情報から的確に打ち返しのできる人」ですね。弊社におけるカスタマーサクセスは、機能を提供した上で「どういう投稿の反応が良いか」「ユーザー分析をどう行えばいいか」といった、傾向はあれど正解のない質問に対して回答を求められます。

なので、お客様との会話内容や自分の引き出しをかけあわせて、説得力を持たせて答えることができる人、それを楽しめる人とぜひ働きたいですね。

臼井さんありがとうございました!AppBrewではカスタマーサクセスや事業開発など、複数のポジションで一緒に働く仲間を募集しています。ご応募お待ちしております!

株式会社AppBrew's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings