1
/
5

【TechBlog】Visual Parts SDK を使ってフリートマップを作ってみた

こんにちは。Visual M2M Data Visualizer の開発を担当している白金です。

この度、Visual M2M Data Visualizer Ver3.0.0 のアップデートとあわせて 可視化用パーツ「ビジュアルパーツ」を開発するための開発キット(以下「Visual Parts SDK」) をリリースしました。

Visual Parts SDKを使用して可視化用パーツをカスタマイズ開発することで、Visual M2M Data Visualizerに、ユーザー様自身やパートナー企業様の手で新しい可視化方法を追加することが可能になります。

早速、Visual Parts SDKを使ってフリートマップのビジュアルパーツを作ってみたので Visual Parts SDK とあわせて紹介したいと思います。


             作成したフリートマップのビジュアルパーツ

続きは、弊社のテックブログからご覧ください!

--

株式会社アプトポッド's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings