1
/
5

同僚と“スクラム”を組んで奮闘する、元ラグビー日本選抜の“営業ウーマン”にインタビュー!

みなさん、こんにちは!アシロで採用広報を担当している、森川と申します!

今日は、ラグビー日本選抜への選出経験があり、当社に新卒入社して日々営業に励むフレッシュな久保さんにインタビューしてみました!!

ラグビー漬けの学生時代だったと伺いました!
“アシロに入社”という道を選んだ理由を教えてもらえますか?

就活の際、会社を選ぶ基準として「個性を尊重してくれる社風」ということに強くこだわりました。

具体的には、
入社してすぐに裁量のあるお仕事を任せていただけること 
立場関係なく思ったことを発言することが普通という環境が整っている 
という2点に重きを置きました。

学生時代は、小学生から大学生までの16年間、ラグビーに打ち込んできて、そのうち12年間は男子選手とともにプレーする過酷な環境の中で、自分自身を心も体も鍛え上げたいと思い日々頑張っていました。その甲斐もあり、県選抜や関東選抜に選出されたり、日本選抜として国際大会に出場したりと、他の人とは少し違った学生時代を送っていました。

なので、社会に出たら「こうあるべき」という、社会や会社の枠にはめられてしまうことに強い抵抗を感じました。
就職活動を進めていく中で、アシロには私の求めていることがすべて備わっていると感じました。

面接の服装は自由。選考通過の連絡もテンプレ文章ではなく、面接で私が話した内容にも触れてくださっていて、なぜ選考に通過したかの明確な理由を記載してくださっていました。レスポンスが非常に早かったのも好印象でした。

最終面接で、中山社長の「誰が発言したかではなく、何を発言したのかがうちでは重要なこと」「うちはリスクを背負ってでも大きなチャレンジをする会社だよ」という言葉に熱くなり、「ここで頑張りたい!」という思いが固まりました。

確かに、年次関係なく、誰にでもチャンスのある環境だと感じます。

久保さんは、人事から見てもすごくアポ電をしていて、若手ながら営業として活躍しているのがすごく分かります!!

ところで、大活躍の久保さんが所属されている営業部の雰囲気はどんな感じですか?

とにかく個性が強いです。そして皆さん闘志むき出し(笑)

でも、それがすごく好きな雰囲気です。多分今までラグビーをやってきた環境に似ているからだと思います。仲間でありライバル。チーム内で争って個々が揉まれることで、チームが強くなっていく。毎日が戦いです!

でも、皆さん仲良しでやるときはやる、ふざけるときはふざける、メリハリのある雰囲気ですね~!



確かに営業部は個性豊かですよね(笑)
そんな営業部で働いていて、思い出に残っていることはありますか?

初アポを取った日です!たくさん電話してもなかなかアポが取れず、心が折れそうになっていたのですが、先輩方にもフォロー頂きながらも、何とか粘って粘ってアポを1件取ることができました・・・!

商談が決まり、電話を切った瞬間嬉しくて、こぶしを突き上げて叫びました(笑)
皆さん大爆笑だったんですけど、「いいね」ってほめてくださって。
(私の大声は、一番遠い部署のデスクにまで鮮明に聞こえていたようです(笑))

また、初めて一人で商談して受注を決めた日も、とても思い出に残っています!
これは本当につい最近なのですが、いろいろな先輩や同期の商談に同席してヒントを得て戦略を練りました。

商談を重ねて、先方から「やるよ!」と言葉を頂いたときは、びっくりして「や、やるんですか!?」と聞き返してしまいました(笑)嬉しくて手が震えました。。

すごくいい思い出ですね!営業部の一致団結感、スクラム感が伝わります!
入社して約半年が過ぎようとしていますが、久保さんは、どんな人にアシロに入社してほしいと思いますか?

わからなくても「やってみます!」と前向きに取り組んでくれる人
それから「当たり前のことを当たり前に取り組める人」に入社してほしいなと思います。

最初はみんなわからないし、すぐ成果を出せる人はいないと思います。
それでも「やってみよう!」と、小さなことでも挑戦する姿勢を見せてくれる人がいるというのは、
必ず会社にいい風を吹かせてくれると思います。

それから、挨拶やお礼、身の回りの整理や他人への思いやり。

これらの「誰でも意識すればできること」をしっかりできる人も大切だと感じます。当たり前のことをしっかりできなければ、営業担当としてというよりも、人として信用を獲得できないと思います。私もこれらのことを毎日意識しています!


最後に!アシロを一言でいうとどんな会社でしょうか?

「チーム」です。

個性や強みもバラバラな方々が、そのそれぞれの強みを生かして会社に貢献している。
尊敬できる人しかいない会社だと感じています!

「頑張らなければならない」という気持ちよりも「頑張りたい!」という気持ちが自然と沸き上がってくる環境です。

このような環境でお仕事ができていることに感謝しかないですし、早く一人前になって、会社に恩返しがしたいです。

久保さん、ありがとうございました!

今回の久保さんへのインタビューは、「いつも遠くから聞こえる、アポ電超頑張ってる久保って誰だ!?インタビューしてみよう!!」というところからスタートしました。

インタビューのときも、時間をオーバーするくらい”営業のやりがい”や”営業チームの良さ”について語ってくださり、泣く泣くカットしたお話もたくさんあります、、、。

気になる方は、是非ご入社頂いた際に、久保さんに聞いてみてください!!

アシロでは他にも様々な経験を持つメンバーが活躍しています。今後の会社の成長を担って頂ける方を募集しています!

株式会社アシロ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more