1
/
5

【社員インタビュー】口コミで聞いた「Attackはお客様に寄り添える会社」。入社後すぐに、それが本当だと分かった

こんにちは! Attackの志摩です。今回は社員インタビュー第12弾として、プランナーとして活躍する行光 英利(ゆきみつ えり)のインタビューをお届けします。

行光は新卒で生命保険会社に入社し、様々な立場の人とのコミュニケーションを通して、相手に寄り添うことの奥深さを実感。その後、キャリアアドバイザーとしてもそのスキルを発揮し、転職者から深く感謝される存在になりました。そして2020年11月、Attackにジョインし、お客様と伴走するプランナーを目指しています。具体的な転職理由や、仕事で心掛けていること、今後の目標などをお伝えします。ぜひご覧ください!

相手に寄り添うコミュニケーション力を活かし、キャリアアドバイザーとして活躍

Q.学生時代はどのように過ごしていましたか?

小学校から中学校まで、毎年学級委員をしていました。周囲から選ばれると、喜んで引き受けていたのを覚えています。中学校・高校の6年間は弓道部に入り、性別や年齢を問わず活躍できることに魅力を感じていました。大学では、華やかな世界に憧れて、社交ダンスサークルに所属。新しいサークルだったので、メンバーの勧誘などに苦戦しながらもとても楽しかったです。また、塾講師のアルバイトもしていて、生徒との信頼関係を築きながら、勉強をサポートすることにやりがいを感じていました。生徒の中には、今でも学校の卒業や進級の節目に手紙を送ってくれる人も。当時の頑張りが報われますね。

Q.新卒ではどのような会社に就職しましたか?

生命保険会社の総合職として、営業職員の同行支援や、拠点での採用活動、総務、法人・個人営業、アセットマネージャ―など、様々な業務を担当しました。営業職員の年齢層は、20代から80代まで幅広かったので、それぞれに合わせたコミュニケーションを大切にしていました。誰に対しても同じ態度で接する反面、相手によって話し方を変えたり、営業資料の作り方を工夫したりしていました。また、新人教育を担当したときには、人事業務の大変さを知りましたね。最初はとにかく知識を伝えようと、自分が一方的に話すことが多かったのですが、それでは上手くいかず、まずは相手に考えてもらうことを意識しました。ただ、基礎は知っておかないと不安になると思い、基本的なトークスクリプトは用意してロープレを重ね、毎日小さな目標を立てながら、一歩ずつ成長できるよう心掛けていましたね。

そんな中で、改めて「自分のやりたいことは何だろう?」と考える機会があり、もっと人に寄り添う仕事がしたいと感じ、キャリアアドバイザーに転職。特に印象に残っているのは、国営企業にしか勤めたことがなく、民間企業への転職に苦戦していた人をサポートしたことです。そういった境遇の人が何名かいたのですが、それぞれの経験やスキルを洗い出し、民間企業への転職を成功に導くことができました。「転職できて本当に良かった。ありがとう」と感謝の言葉をもらい、とても嬉しい気持ちになりましたね。

「Attackはお客様と伴走できる」と聞き入社を決意。そのイメージは本当だった

Q.Attackに転職した理由と、入社後の感想を教えてください

今まで個人向けの営業経験が長かったので、今度は企業に寄り添う採用支援をしてみたいと思いました。身近な人に相談したところ、採用代行の業界では、数字を追うだけの会社と、企業と伴走する会社に二分化していること、そしてAttackは、後者に当てはまることを教えてくれたんです。その話を聞き、Attackへの入社を決めました。

入社前はフルリモートで働くことに多少不安があったのですが、想像以上にコミュニケーションがスムーズで驚きました。実は前職でも、少しだけリモートワークの経験があるのですが、会社自体リモートワークの導入が初めてだったので、順調にいかないこともありました。Attackは創業以来フルリモートなので、ある程度ナレッジが培われていますし、メンバーみんなの協力体制もできています。実際に分かりやすい指示をしてくれて、気軽に質問できる雰囲気があり、すぐに慣れることができました。

Q.現在の仕事内容と、仕事で心掛けていることを教えてください

新規応募者のスクリーニングやスカウトメールの作成など、プランナー業務の一部を担当しています。仕事で心掛けていることは、自分の意図や状況がきちんと伝わるコミュニケーションを取ることです。メッセージを送信する前に2回は見直し、相手が汲み取りやすい文章になっているか確認します。また、入社直後は慣れないことが多いため、プランナーの先輩にこまめに進捗を伝えて、自分の状況を把握してもらっていました。

Q.Attackの魅力は何ですか?

企業に寄り添って採用支援ができることです。お客様との定例ミーティングに参加した際、プランナーの先輩が、積極的に提案しながら採用戦略を策定していて。私の入社理由のひとつである「企業と伴走して採用支援する」といった働き方が叶いそうでワクワクしています。また、プランナーだけでなく他のメンバーも、お客様に対してどのように価値発揮しようかと、常に考えを巡らせている印象です。会社の魅力は、フルリモートで効率良く働けること。前職では通勤に1時間以上かかっていたのですが、現在はその時間を仕事やプライベートに充てることができています。私には3歳と2歳の子どもがいるのですが、育児にも参加しやすくなり、家族からも喜ばれていますよ。

思いやりのあるメンバーに囲まれて、お客様の採用成功を実現する

Q.今後の目標を教えてください

まずは一人前のプランナーになることが目標です。お客様の採用成功を実現するべく、採用戦略からアドバイスできる存在になりたいと思っています。そのためにまずは、今担当している業務を全うし、新たなコミュニケーションツールや採用媒体の扱い方も、できるだけ早くキャッチアップしていければと思います。今月から本格的にプランナー業務を担当することになり、お客様を引き継ぐことになりました。すでに深い信頼関係を築いているクライアントなので、この関係性を築いてきた先輩方の努力を無駄にしないよう、責任を持ってご支援していければと思います。最終的には、採用成功を実現してプロジェクトが終わっても、「Attackのサービスは本当に良かった」と言っていただけるくらい、価値を発揮していきたいですね。

Q.最後に、候補者の方へメッセージをお願いします

Attackに向いているのは、相手の状況を想像して、何をしたら役立てるのか考えられる方だと思います。Attackのメンバーはみんな、思いやりのあるコミュニケーションを取っているので、お客様だけでなく、社内メンバーにも配慮できると良さそうです。また、フルリモート環境なので、効率良く業務を進められる方や、自律性の高い方はすぐに馴染むことができると思います。少しでも当てはまる方には、ぜひご応募いただきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。弊社では現在、プランナーやコーディネーター、ディレクター、営業など各ポジションを募集しております。ぜひ他の社員インタビューもご覧いただき、弊社にご興味をお持ちでしたら、お気軽にご連絡ください。ご一緒できることを楽しみにしています!

【対談インタビュー】みんなから慕われる2人のマネージャ―。メンバーに対する想いが、人を、組織を変化させていた | メンバーインタビュー
こんにちは! Attackの志摩です。今回はメンバーのマネジメントを担当する、コーディネーターの山本 奈緒(やまもと なお)と、プランナーの池田 麻理(いけだ まり)にインタビュー。マネジメント業務のやりがいや厳しさ、今後の目標、候補者の方へのメッセージなどをお届けします。ぜひ最後までお楽しみください! ▼2人の単独インタビューはこちら Q.学生時代や前職でマネジメント経験はありましたか? ...
https://www.wantedly.com/companies/attack-inc/post_articles/291984
Attack株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings