僕がWantedlyを運用する上で、意識していることって、こんなかんじ。

どうも、僕です。

かおるです。


Wantedly運用をしているものです。


結論、な。

結論を言うよ。

バランスだと思うんだ。

「うちはホワイトです」なんていう会社は、ホワイトぽくない。
「風通しの良い会社です」なんていう会社は、風通し良いはずがない。

そういう印象って、あると思うんです。

そんなのあるわけない、信じられないわけです。

「大変なこともある、残業するときゃする。でも、割と楽しいことが多い」

っていうと、本当っぽくなるのでは。さらに、

「だいたい20時くらいには帰れています。なるべくは良いものをつくりたいから、上司とバトルすることがあっても、でも今はかなり楽しい」

とかってなると、かなり本当っぽくなると思うんです。

詳細をつめると、本当っぽくなる(そりゃそうだ)。

最近のスターウォーズとか、ヒーロー映画みたいに、バランスが大事だと思います。今の世の中、両極端は嘘っぽい。

ルーク・スカイウォーカー的な。的な、ね。

本当のことで話をしないと、未来は勝ち得ないと思うんです。MIB3みたいに!



それと、エモーショナルの「山」をどこにもってくるか、これも大事だと思う。

プレゼンテーションにしても、映画にしても。

真面目な方のTEDにしても、笑える方のTEDにしてもにしても。


007とかアクション映画もそうだけど、

最初:つかみがある
途中:だれる
最後:ほんきだす

こうなってるわけです。募集で全部解説して、どんな会社かわかってしまったら、

遊びに行く理由がないじゃないですか。

ワクワクしていて欲しい、遊びに来るまで。

それで、一緒に仕事ができたら、面白いんじゃないかなって。


アテンションをとりに行くとか、他の会社との差をつけるとか。それも大事だと思うけど、

誠意的で、ワクワクしていて欲しいっていうスタンスが1番、大事じゃないでしょうか。口語でいこう。

アズ・ワールドコム ジャパン株式会社's job postings
僕がWantedlyを運用する上で、意識していることって、こんなかんじ。
Kaoru Nakazato
アズ・ワールドコム ジャパン株式会社 / SNSとWebマーケティング、PR
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings