What we do

Webサイト企画・開発・運営業務では、飲料メーカー、ビューティー、フードビジネス、医療、公共施設、教育機関、企業内イントラなど、多彩な分野の仕事を長期的に手がけています。 映像・コンテンツでは、インターネット用の動画を中心に、企業紹介やサービス紹介、研修用映像、SNS用動画、デジタルサイネージなど、企画からコンテ・シナリオ、撮影、編集まで一貫して行っています。 https://www.azincourt.co.jp/works/ また、関連会社に映画宣伝配給会社もあり、エンタメ分野のサービス展開にも注力しています。 今後はWebに密接に絡むようになってきたスマホアプリや、自社の独自サービスの開発にも取り組んでいく予定です。 株式会社ユナイテッドエンタテインメント http://www.united-ent.com/

Why we do

もともとは映像・広告制作プロダクションとして産声を上げました。 面白いもの、新しいものを作りたい。それと同じくらい、必要なもの、求められるものを作りたいという想いが根底にあります。 求められるものはその時その時で実に多種多様です。時代とともに絶えずトレンドも技術も変わってきますが、アジンコートはフレキシブルな対応力とフットワークに加え、長年培ったパートナーとの協力関係も活かして、期待に応えることを目指します。 全メンバーで積極的に参画し、クリエイティビティを発揮することが、アジンコートで仕事をする私たちの喜びにもなります。さらには、クライアント企業、その先の多くの皆さんにとっての新鮮な刺激や驚き、喜びに繋がればと思っています。

How we do

アジンコートは、どちらかというとWeb業界の中でも泥臭い正攻法なスタイルを持っているかもしれません。地道に着実に実績を積み重ねることによって、クライアント企業との間に相互の信頼を築いてきました。 クライアント企業との付き合い方も、単発のプロジェクトだけのケースは少ないかもしれません。たいていの場合は長期的に支援し、密接な関係を築いていきます。 求められるものはその時々でWebであったり、ビジュアルデザインであったり、イントラを含むシステムであったり、各種媒体にまたがるクロスメディアだったりとさまざまです。 あらゆる可能性を視野に、できること・できないことをクライアントと一緒に分析し、クライアントにとっての仲間となるつもりで取り組んでいます。 新サービスなど、クライアントと膝を突き合わせてビジネスモデルを議論したりもします。 Webについては、近年ではIA、UI、UXといった細分化や、デザインとコーディングを別にしたり、エンジニアでもサーバとフロントと分けた職種も増えてきましたが、私たちはそういった役割分けはしていません。大きく、プロデュース・ディレクション、デザインとコーディング、スクリプトやプログラム開発の分担はありますが、これらをシームレスに理解しつつ、相互に補完できる総合力を重視しています。メンバーは幅広い視野で学びの意識を持ちつつ、一番得意とすること、やりたいことを担当します。 そういう意味では、私たちは制作会社ではありますが、クライアントにとっての頼れるブレーンになれる課題解決力を持つことを一番大切にしています。