仮説検証が全て。水泳とBCGから学んだ力で、モビリティを変えるためスタートアップに飛び込む【Azit Members Story】

こんにちは、株式会社Azitです。Azit Members Storyでは、Azitで働くメンバーの想いや価値観をシェアしています。この記事でAzitに少しでもご興味を持っていただければ幸いです。

今回は、SG(Strategic Growth)を担当している、岡崎にお話を聞いてきました。

水泳で日本一を目指した学生時代

- Azitには学生時代スポーツに打ち込んでいた人が多いけど、岡崎くんは水泳に没頭していたんだよね

水泳は小学生から大学時代まで続けていて、ライフワークみたいなものでした。小学生の頃から週6日の練習をしており、負けず嫌いだったこともあって毎日頑張っていました。そのおかげもあって、小学4年と5年のときに全国大会で優勝することが出来たのは良い思い出です。

その後、中高時代はスランプや通っていたスイミングスクールの閉鎖などの困難もあり低迷していたのですが、大学の水泳部に入部して環境が変わると、再び結果がついてくるようになりました。
長らく更新できていなかった自己ベストも毎年のように更新することができるようになり、最終的には日本選手権(日本代表選考会)やワールドカップに出場するレベルまで成長することが出来ました。

私の専門は平泳ぎだったのですが、大学3年生の時に出場した日本選手権であの北島康介選手と隣のコースで泳いだことはとても記憶に残っています。

- そこまで没頭した水泳から得た価値観やスキルはありますか?

特に大学水泳部での活動から得たものは大きかったです。大学水泳部は高校までに経験した水泳環境と異なる部分が多かったのですが、その一番の違いはコーチがいないことでした。
高校までは、練習時間になったらプールに行って、コーチが考えてくれたメニューを指示通りにこなすだけだったのですが、大学では自分たちで練習メニューを作成し、技術的な部分も自ら試行錯誤しながら練習をする必要がありました。

トレーニング理論や技術論を学んで練習に反映させる、その結果を短期中期のスパンで確認し改善を重ねる日々の繰り返し。大学4年間は練習時間に限らず、常に水泳のことを考え、速くなることに特化した生活でした。その時にやっていた試行錯誤は、まさに「こうしたらもっと速くなるのでは?」「そのためにはこういう練習/フォームが有効では?」という仮説出しと、自らの身体を使った検証だったと思います。

また、コーチがいない分、部活では選手同士で互いにアドバイスしあっていたのですが、そのためには自分の感覚や勉強した理論・技術を上手く伝える必要がありました。その点では、暗黙知を形式知にする、抽象的な概念を言語化する、といったことに稚拙ながら取り組んでいたと言えるかもしれません。

毎朝5時に起きて練習(早起き大変だった...)
水泳はほぼ全ての変数がコントローラブルなものですし、結果がタイムという純粋な定量結果で返ってくるので、仮説検証をしやすいスポーツでした

新卒でBCGに入社。容赦なく鍛えられた日々

- 大学卒業後は、BCG(ボストンコンサルティンググループ)に入社したんだよね

BCGには3年弱お世話になったのですが、本当に鍛えられた日々だったと思います。その間に十個ほどのプロジェクトに携わらせていただき、全社/事業戦略策定、戦略実行支援、M&AのビジネスDD、新規事業立案など幅広いテーマを経験しました。

どのプロジェクトも密度が濃いものばかりでしたし、日々手厚いフィードバックをいただける恵まれた環境で、短期間で飛躍的に成長することができたと思います。
たまに、「コンサルで学ぶことはスタートアップでは活きない」といった説を聞くこともありますが、少なくとも私にとっては、BCGで鍛えられた力はAzitでとても役立っています。

- 前職で学んだことやAzitで活かしたいことはありますか?

今、小さいながらも企業運営に携わる立場になって、BCGの組織能力を支える制度やカルチャー浸透の水準の高さに改めて気付けた気がします

新卒で入社したこともあり在籍当時はそれほど気に留めていなかったのですが、例えば評価制度は、評価項目や運用体制など含め質の高いものだったと思いますし、クライアントに価値を届けるためのオペレーション分業体制やバックオフィスの充実度も非常に高水準でした。

あとは組織の問題として頻出のカルチャー面に関してもBCGは大切にしていたと思います。これはもしかしたらコンサルティングファーム一般で言えることかもしれませんが、例えば、クライアントファーストという価値観は言葉の一人歩きでなく、個々の社員の行動レベルまで浸透していました。
仕事をしていくと様々な判断をせまられることがあると思いますが、クライアントファーストという一つの価値観が全社的に落とし込まれていることで、組織として出せる価値の品質やスピード感にものすごく大きな影響を与えていたように思います。

そもそもの企業としてのレベル感に天と地ほどの差があるのですが、Azitもこういう水準まで制度設計やカルチャー浸透を進めていきたいなと思います

BCG卒業時の写真
大変なことも多かったはずですが、なぜか良いイメージしか残っていないです

Azitとの出会い

- Azitとの出会いは、吉兼(CEO)が内定者同期だったところだよね。

当時内定者は20人弱おり、吉兼もそのうちの一人でした。その時の吉兼の印象は正直あまり覚えていないのですが、たしかに20人弱の同期の中でも特にシンパシー的なものは感じていたのかもしれません。

吉兼が入社前に内定を辞退し、同期のFBグループに「起業した会社を続けることにしました」といった内容の100行くらいの長文を投稿したときは驚いたのを覚えています。部活一筋で起業など縁遠かった私にとってはかなり衝撃的でしたが、それと同時にかっこいい選択だなとも思いました。

- その後Azitに入社をしたのはどんな経緯で?

社会人になった後も吉兼とは定期的に飲んだり連絡はしていて、1年目の終わりに最初にAzitに誘われました。その時も結構迷ったのですが、結局断ってしまいました。あまりにも唐突にスタートアップという異色な世界を見せられて、自分がそこにいるのをなんとなくイメージ出来なかったんだと思います

ただ、その後もAzitのことが心の片隅には引っかかっていました。それがきっかけでスタートアップや起業といったキャリアを意識するようにもなっていて、たまにオフィスに遊びにいってすごくラフに事業の壁打ちをしたり、自分の起業アイデアの相談をしたりもしていました。

そんな中で、3年目半ばの時期に吉兼と2人でb-monsterに行って、そのあと近くのジョナサンで5時間くらい喋った日があったのですが、その日から明確にAzitを意識した気がします。なぜ意識したのかは特に覚えていないんですけど(笑)

意識してからは結構早くて、自分で情報を集めたり、吉兼に考えを聞いたり、友人知人に相談したりということをして、色々考えた末、1ヶ月半後には入社する意思を固めていました。入社を決めた理由は、最後はもう直感という他なかったのですけど、「何をやるか」と「誰とやるか」の2点で後悔することはないなと思ったのは覚えています。

- 「何をやるか」と「誰とやるか」というのは?

「何をやるか」はまさにCREWのことです。考えれば考えるほど、魅力的なプロダクトだと思いました。

ネットワーク、ブランド、データ、ユーザー接点、そしてある種の規制。スタートアップが立ち上がる余地があり、しかも市場が大きく、将来性のあるアセットが溜まっていく、とてもポテンシャルの高い事業だと感じました。社会課題の解決やインフラ形成という観点で世の中へのインパクトも大きいですし、なにより、「CREWが流行っている未来と流行っていない未来、どちらがいい?」と自分に問いかけてみたとき、絶対的に前者だと思いました。人生の時間を投じる判断基準として十分すぎるほどの答えでした。

「誰とやるか」という観点では、当時Azitには社員は5人ほどしかいませんでしたが、メンバーはみな優秀で、モチベーション高く仕事に臨んでいる印象がありました。CREWは魅力的であると同時に非常にハードルの高い事業という側面もありますが、その高いハードルを乗り越えていけそうなメンバーが揃っていると思いました。

それに、入社前に話したメンバーや何度か行っていたオフィスにはなんとなくの心地良さがありました。それが入社を決めた直感の正体だったのかもしれません

この2点に関しては、事業のフェーズがかわり、50人にまで仲間が増えた今でも、感じることは変わっていないなと思います。

去年10月に実施した箱根での合宿の集合写真

- AzitではSGをやっているよね。具体的にどんなことをしているの?

入社後しばらくはプロダクト改善、オペレーション構築、マーケティングと本当に色々なことをやっていましたが、人が増えて徐々に役割分担が進んできたこともあり、最近になってSG(Strategic Growth)という新設部署を立ち上げました。ミッションは、事業計画の策定・実行、広くグロース領域の管掌、部署横断的なプロジェクトの推進、新規領域の立ち上げ、データ分析(BI)など、横軸組織的なものです。

一般的には経営企画だったり、社長室だったり、事業開発といった名前で似たようなチームを置いている会社が多いのでしょうか?でも、どれもしっくり来なかったので、勝手に名前をつけちゃいました。私の好きな会社であるAdobeにStrategy & Growthという組織があるみたいで、由来はそこですが、ちょっとゴリゴリ感に溢れすぎちゃったかなって気もしています(笑)

- SGで今後やっていきたいことは何かある?

広い意味での仮説検証というのは一つテーマにしていきたいと考えています。プロダクト仮説やマーケティング仮説とは別に、もっと大きく「CREWはこうすれば成長していくはずだ」という大きな仮説があり、それが戦略や計画という形で反映されているのですが、ただ絵を描くだけでなく、しっかりと現実世界で検証していきたいです。

外部環境をはじめ様々な前提が突如変化することもあるなか、どの変数は固く見込まれてどの変数は振れ幅が大きいのかをちゃんと見極める。そのうえで、CREWのビジョン実現に向けて、リソース面の制約も考慮しつつ、いつまでにどの課題をクリアしなければならず、そのために何をすべきかを考えていく。
そうしたことに関して、常に仮説と現実を照らし合わせ、計画をアップデートし続ける必要があると思っています。そのためにも、やはり分析チームはもっと盛り上げていきたい。C2Cでデータが豊富に貯まる事業なので、データドリブンな意思決定がかなり肝になりますし、力をいれていきたいです。

あとは、やはりexecutionが全てというところはあるので、そこの精度向上は追求していきたいです。全社単位の計画実行となると、大きく組織能力の向上という観点になってくると思うので、平たくいうと「最強の組織作り」には一定コミットすべきだと思っています。ここはコーポレート系のチームと連携してしっかり進めていきたいです。

もっと遠い話をすると、CREWが成長していく過程で将来的にかなりのアセットが積み上がっているはずなので、それを活かした次の展開はいくらでも妄想が膨らみますね。

こんな人と働きたい

- 最後に、こんな人と是非働きたい!という話を聞かせてください

Azit全体としては、ビジョンに共感していただける人です。今いる人たちも、みなそれぞれに自分のやりたいことやキャリアプランなどがありつつ、その根幹にはCREWのビジョンの実現という高い志があり、そういう人たちが集まっているところにはエネルギーを感じます。これは今後も続けば良いなと思います。

SGとしては、具体的な職能は特にないのですが、「経営視点を持って物事を見極めることに意志がある方、加えて、やると決めたことは徹底的にやりきる方」とご一緒したいです。むしろ、「ぜひお力を貸してください!」と三顧の礼でお迎えにいきたいくらいです。まだまだ見えていない所、手をつけられていない所がたくさんあり、とてもやりがいがあります。
分析チームも戦力拡張させていきたいので、こちらは純粋にデータ分析が好きで得意な方とご一緒したいです。ただ、SQLやPythonを使いこなせます!といったスキル面もさることながら、根本となる思考力や仕事を協業するうえでのコミュニケーション力を持つ方の方がAzitにフィットすると思います。

最後は個人的な価値観ですが、真実を追求する姿勢を持つ方には魅力を感じます。真実なんてものは存在しないし、絶対的な正解とか最適解なんてものはないですが、それでも、この圧倒的難易度の誰も経験したことのない事業を成功させるためには、その人なりの真実の追求が不可欠だと思っています。そういった意味では、たどり着いたものが真実か否かというよりは、そこを追求し続ける「姿勢」こそが重要だと考えています。1次情報にアクセスしつづけ、自分の頭で考えに考えぬき、人と話して昇華し、たどり着いた答えを真実と信じて徹底的にアクションをする(そしてまた真実をアップデートしていく)。そういった姿勢を持っている方とご一緒できたら幸せだなと思います。

ご関心あるかた、ぜひ、日本のモビリティを私たちと、良いものにしていきませんか?オフィスでお待ちしています!!



Azitでは全職種で積極的に採用活動を行っております!お気軽にオフィスに遊びに来てください。

オープンポジション
未来にあるべきものを創る!勢いあるスタートアップで自分の力を試したい方求む
『すべてのクルマで移動できるとしたら、な未来を目指して』 Azitはモビリティプラットフォーム「CREW」を開発するスタートアップです。 CREWは、クルマを社会全体で所有する時代に向けて、「信頼関係が育まれるコミュニティ」と「最適な需給バランス」を提供する、モビリティプラットフォームです。 ▼代表吉兼のインタビュー記事 運賃は自由に決める。平成生まれベンチャーが進める「モビリティ革命」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56473 ▼メディア露出 〈日経新聞〉配車サービスのAzit、9億円調達 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34904780T00C18A9000000/ 〈bouncy〉新しい移動の形? 誰かのマイカーを呼び出せるスマート送迎アプリ「CREW(クルー)」 https://bouncy.news/38305 〈日経X TREND〉「C2Cのピュアな関係」が支える“相乗り”サービスのCREW https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/casestudy/00009/00010/?i_cid=nbpnxr_index
株式会社Azit(CREW)


Azit Members Storyの過去の記事はこちらにまとめておりますので、気になった方はぜひご覧になってください。

株式会社Azit(CREW)'s job postings
43 Likes
43 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more