1
/
5

テストコードを書いた

テストのないコードはレガシーコード

何で見たか忘れました。誰が言ったかも知りません。

ただ、この一言でテストを書こうと思いました。

EOF2019で講演されていた和田卓人さんのスライドです。

以下引用

保守性を犠牲にするとスピードが・・・

短期的には得られる

1ヶ月後には逆効果になる

長期的には致命傷になる

思ったよりも損益分岐点は早くくるらしいです。

これは開発していて実感しています。


テストがないと

テストがないと、手動でポチポチしたり、APIのツールを使ってテストしたりしますが、ちゃんと網羅しようとすると、時間がかかります。そして大体漏れます。

漏れるとバグがでます。

バグの対応に時間がかかります。

バグの影響範囲によってはユーザーに迷惑をかけ、その対応にも時間がかかります。

ここまでくると、テストを書くコストよりも遥かに大きいです。

テストを書かないとどんどん負債がたまります。

既存のコードがテストで担保されていないので、手動で全てテストしなければなりません。

当然漏れるのでバグがでます。

そして、バグに怯えながら開発することになります。



ということで、最近自分が実装している範囲はテストを書くようにしています。

ただ、テストをどこまで書くかというのが、やっていて難しいと感じました。

主にAPIのテストを書いていますが、すべての組み合わせを網羅しようとするとすごい数になるので、ある程度絞ってますが、不十分だなと感じています。

また、手探りでテストを書いているので、書き方に統一性がなかったりしています。ベストプラクティスをやりながら見つけていきたいです。

株式会社バックテック's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more