1
/
5

What we do

■事業内容 私たち、株式会社バンブー・メディアは世の中のインテリアデザイナーの活動を応援し、クライアントへとつなぐプラットホームのような役割を担っています。 リアルでの展示会の他、バンブー・メディアのサイト運営やオンライン上での展示会(ON WEB)も行っています。 ■事業内容詳細 リアルでの展示会は2011年から開催し始め、計14回開催されています。デザイナーとメーカーと施主が、作品を中心に集まり、出会い、知り合うことで数々のセレンディピティを創り出しています。2,3日の開催日程で2,000人ほどの来場者があり、空間デザイン業界の発展に寄与しています。 昨年は新型コロナウィルスの影響があり、リアル展示会がなかなかできませんでした。昨年夏頃、新型コロナウィルスが一時的におさまった時期に1日だけリアル展示会を開催しましたが、想像以上の大盛況で、私たちの活動は皆様に求められているということを深く実感し、嬉しく思います。 オンライン展示会は、さまざまな事情があっても、いつでも空間デザインの魅力が皆様にお伝えできるようにと、スタートしたプロジェクトです。 インターネット上で、デザイナーや制作物のPRをはじめ、掲示板でテキストによるコミュニケーションを行えたり、Zoomを使ったプレゼンテーションができたり、双方向の商談ができたりと、新しい営業方法として活用できる、24時間365日オープンしているオンライン展示会を目指します。 空間デザイナーや建築家の方々、メーカー、ベンダーを繋ぐ展示会であることはもちろん、さらにデザイナー同士のコミュニケーションプラットフォームとしても活用できるようなサイトにしたいと考えます。 今後はオンライン展示会とリアル展示会をリンクさせて、見る人にとってより興味深く面白い体験を提供していきます。 ■今後の展望 オンライン展示会の機能充実をはじめ、よりデザイナーの魅力が伝わりやすく、商業機会に繋がりやすいサイトへとリニューアルしたいと考えています。 また、現在は国内のデザイナーやメーカーのご利用がメインですが、オンラインのメリットを最大限活用し、海外からの受注に繋げられるようにするほか、動画のオンライン配信などの新領域へのチャレンジも視野に入れてます。 リアルとオンラインの両方を用いた展示会を開催することで、日本のデザイナーを支援し、空間デザイン業界を盛り上げていきたいと考えます。

Why we do

■事業を始めた経緯 代表の笈川は元々インテリア雑誌の編集長をしていました。紙からの情報もすばらしいですが、空間デザインの魅力を真に伝えられるのはやはり展示会であるという考えに至り、WEB媒体の運営と展示会の開催によって空間デザイナーたちを支援する、株式会社バンブー・メディアを立ち上げました。現在、雑誌編集長時代の人脈や知見を活かしながら経営を行っています。 ■ミッション 新人の空間デザイナーは、いくら素晴らしい才能があっても、世間に名前が知られる機会があまりないのが現状です。建物を設計した建築家の名前は出てきても、その建物の中にあるレストランを誰がデザインしたのかは誰も知らないということが多いです。お客様はデザインが気に入ったり、落ち着くからという理由でリピーターになる人も多く、空間デザインは商業空間にはとても重要であると私たちは考えます。そのため、建築だけでなく、空間デザインの魅力をもっと世の中に広め、デザイナーの社会的地位の向上にも寄与したいと思っております。

How we do

■代表メッセージ 日本のインテリアデザイン、特に商業空間デザインは、近年世界でも評価されるようになりました。最近では、日本人が海外の有名ホテルのデザイナーとして名を連ねることも増えました。また、以前は建築がある上でのインテリアデザインでしたが、今では建築よりも先にインテリアを指定する傾向も強くなっています。デザインを重視する価値観がこの先広がっていくことは間違いないでしょう。 現在の新型コロナウィルスの流行が収束すれば、自粛ムードから一転反動需要があると見込んでいます。 海外に出ていく若手のデザイナーをフォローアップしたり、逆に海外のデザイナーを迎えたりして、業界を盛り上げていきたいです。 ■組織について 現在、外部含めて4人のメンバーがいますが、フルコミットしているメンバーはおらず、全員がほかに仕事を持っている人達です。働く人がやりやすい環境が一番だと思っているので、今回募集する方に関しても、副業などに関しても柔軟性を持って対応していく予定です。 赤坂にデザイナーに来てもらうための事務所があり、さらに事務所から徒歩五分の場所に若手デザイナーが集まるコワーキングスペースを用意しています。 代表の笈川はコワーキングスペースの方にいることが多いですが、今回入社してもらう方には基本的に事務所で働いてもらう予定です。希望によって週1~2回の出勤と、必要に応じて顔を合わせてのミーティングを行います。