1
/
5

オンライン懇親費用補助制度がさらに使いやすくアップデート!ある日のランチのようすをご紹介します

※これは2020年8月28日にBASE Bookで公開された内容です。

こんにちは、Recruiting Groupの高橋です!

BASEでは、8月より「オンライン懇親費用補助制度」のアップデートが実施されました。今回は、そのアップデートの内容を詳しくお知らせします!

今回のアップデートの目的 BASEでは現在リモートワークを中心に業務を行っており、オフラインでのコミュニケーション機会が少なくなってしまいました。

メンバーとランチや飲み会に行った際に、ちょっとした気づきを共有する...なんてことも最近はなかなか難しい状況です。とはいえ大人数でのZoom飲みは、開催するのに気が引けてしまう人も少なくないのではないでしょうか?

そこで少人数でのカジュアルなコミュニケーションの機会を増やすべく、オンラインでの懇親費用補助制度が使いやすくアップデートされました!

どのような内容なの?

以前の懇親費用補助制度は、このような内容でした。

・予算:1人あたり約5,000円/月
・1回あたりの参加人数:制限なし
・用途:プロジェクトや部門のキックオフや打ち上げなど
・部門やPJを対象に開催する場合、関係者は全員呼ぶ必要あり

上記に加えて、もっと気軽に少人数での懇親会を実施できるように、ということで以下の場合も補助を出す形にアップデートしました!

全社定例でのアナウンスのスライド

補助内容:社内でのオンライン懇親費用を補助(ランチ/飲み)
予算:1回1人あたり3,000円(税込)上限
開催条件:3人もしくは4人での実施
利用回数:実施期間中での参加回数は上限なし(まったく同じメンバーでの組み合わせは1回まで)

実際に開催されている様子にお邪魔しました!

では、実際にランチがどのように開催されているのかレポートしていきます!
今回は、CS(Customer Support)の日下部さん、Product Devの宮村さん、竜口さんのランチにお邪魔しました!


こんにちは、お邪魔します!みなさん今日のランチは何にしたんですか?

宮村:僕はお寿司を頼みました!補助金額の上限が3000円なので、ギリギリを攻めました(笑)

日下部:私はスープカレーにしました!

竜口:僕は上カルビ丼にしました!

美味しそうですね!今日のメンバーはどんな繋がりがあるのですか?

日下部:#cs_q というCSとエンジニアがユーザーさんからのお問合せについてやりとりをするチャンネルがあり、そのチャンネルに入っているメンバーです。

宮村:チャンネルにはもっとたくさんのメンバーが参加しているんですが、今回はその中から声をかけてみて都合が良かったメンバーでランチすることになりました。

そうなんですね!ちなみに、いま何の話で盛り上がっていたんですか?

竜口:今は、最近の「BASE」のおすすめのショップの話をしてました。僕は最近お肉のショップでよく見てるんですが、人気のショップはすぐに売り切れちゃうんですよね。

(竜口さんおすすめのショップをみんなで見てみる…)

これは美味しそうです...!今日は制度を利用してランチをしてみて、いかがでしたか?

日下部:やっぱりこういう制度があると、普段のSlack上のコミュニケーション以外に話すきっかけになってよかったです。

竜口:新しく入社した方などもどんどん誘ってみようかと思います!

今回は、BASEがリモート下においてカジュアルなコミュニケーションを増やすために行っている施策を紹介しました。 

BASEでは、引き続き積極的に採用しています!

エンジニア、デザイナー、PM、ビジネス、コーポレートと幅広く募集をしていますので、ご興味のある方は下記の募集職種一覧をご覧ください。

BASE株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more