What we do

ビッグゲートは『東京砂漠<地域オアシス。地域はもっと豊かになれる』を信念に、東北から沖縄まで全国の地域に対して、地元地域を豊かにできるアイデアと情報技術を活用した仕組みづくりの支援を行っています。 今後は北海道にも広がる予定で、日本全国をITの力で活性化したいと考えています。 具体的には、現在の事業としてはふるさと納税の業務支援システムを開発運営しています。 東北と沖縄の自治体を支援しながらシステムを活用した業務改善とデータを分析しての商品開発などの支援を行っており、ITを活用して地域を活性化させる様々な取り組みを準備しております。

Why we do

私(大関)が東京で外資系IT企業のビジネスをしていた時は、地方で事業をすることなど微塵も考えたことはありませんでした。地方の可能性を全く理解していなかったのです。 しかし、震災を機会に地方に関わるにつれ、認識は大きく変わりました。地方に可能性は沢山あるのです。しかしながら、地元はそれに気付かず(手をつけず)、その価値を知っている都会の企業がごっそり利益を持って行くという構図になっているだけなのです。 ビッグゲートは『真に地元地域を豊かにできる仕組み』を『地元地域と共に』創り上げることに最も重きを置きます。一つでも多くの地域が事業を通じて、地元地域の可能性を認識し、進んで新しいことに取り組む体質になることが、日本全体の元気につながると考えているからです。

How we do

社員7名。創業4年目の若くて小さい会社でありますが、行政や公益団体などが主なお客様であり、とても責任の大きい仕事をしています。 拡大する事業環境に加えて『自ら考え、行動する(責任は会社が取る)』という方針もあり、メンバーは、日々目覚しい勢いで成長を遂げております。まさに成長したい方にはもってこいの環境です。 本気で前向きで健全な野心のある人、一緒に会社を大きくしながら、全国の地域を元気にしていきましょう!