1
/
5

「Connectの世界観を実現させるためにここにきた」PdM菊地のストーリー

フリーランスからビットキーへ。人生を左右する大きな決断において、菊地を動かしたのはビットキーの目指す世界観が生み出そうとしている「価値」だった。

社員プロフィール

菊地 英太|プロダクトマネージャー
スマートフォン黎明期だった学生時代から独学でスマートフォンアプリの開発に取り組み、株式会社コロプラに入社。子会社立ち上げに携わったのち、フリーランスへ転身。ビットキーではworkhubで提供する様々なソリューション・プロダクトの開発を担当。

ーービットキー入社前はメガベンチャー、フリーランスでエンジニアとしてご活躍されていたと聞きましたが、もともと何をされていたんですか?

大学生の時、ちょうどスマートフォンの黎明期でした。当時、アプリの開発ができるだけで、仕事がたくさんあり、フリーランスの学生エンジニアとして甘い汁を吸ってました。イベント、業務用、コミュニケーションなど様々なアプリを作りましたね。海外のゲームを日本でカルチャライズして出したりもしていました。

フリーランスとして、不自由はなかったです。ただ、同世代の活躍している人たちに比べると自分が成長できていないという実感がありました。そんな中、新卒として受け入れてくれるコロプラという会社に出会いました。技術的なことだけでなく社会人としての振る舞いや優秀な同期など、多くのものを与えていただいたととても感謝しています。

ーー何にやりがいを感じられていたんですか?

当時はなかったです。単純に劣等感というものを同世代に対して感じていて、どうしたら追いつけるかとしか考えていませんでした。世の中にプロダクトを生み出したいという考えはあんまりなかったです。VR事業の子会社を立ち上げて、自分たちで実際にプロダクトを生み出して、世の中に出していく中で考え方は変わってきました。少しでも社会や他人に影響を与えられればと思い始めました。そういったことを考えているうちに、それ以外のことには意味がないんじゃないかぐらいまで思い始めてしまいました。

ーーそこからフリーランスになられた理由は?

VRを発展させるために、常にコンテンツを提供し続けることが重要だと当時は考えていました。コンテンツの提供に躍起になって、アウトプットを出すことに心血を注いでいました。それは今にも活きていますし、その期間は自分にとってとても成長できる期間でした。でも、アウトプットに全てをかけていたからか、インプットというか、落ち着く期間がほしいなと感じていました。自分の中で区切りをつけ、退職をしました。

フリーランス期間は、技術顧問やエンジニアとしてのアサイン、研究開発などを行っていました。実際に働く時間はとても短くなり、望んでいたインプット期間になっていました。

ーーそこから、なぜビットキーに?

当時は「もうサラリーマンはやらない」くらいに考えていたので、とにかくいろいろな会社さんとお話をする機会を設けていました。ビットキーもその一社にすぎず、IoTの会社くらいに思っていました。実際に会社を訪れる直前まで、ほとんど興味はありませんでした。でも、「Connectの文脈で今世の中にないものをつくる」という話を聞いて、このプロダクトがあることで生活が一変するような、ある種社会のインフラになりうる事業だなと感じました。ビットキーが描く青写真みたいなものを自分も一緒に実現したいと思ったんです。

とはいえフリーランスになってまだ1ヶ月とかそれぐらいの話で、またサラリーマンに戻るには早すぎるだろうとも思いました。ただ、会社のフェーズが立ち上げて一年ちょっとの今関わることにはすごく意味があるとも感じましたし、プロダクトはもちろん、ビットキーという会社自体にとても魅力を感じ、入社を決めました。

ーー今はビットキーで何をされているんですか?

Workspace&Experience Productというチームで、空間に対するインターフェースとなるプロダクトをつくっています。「予約」「社員の登録」などで「人」に対して「空間」にアクセスをする権限が付与されます。自分たちのつくっているプロダクトは、その権限の検証を行い「鍵を開ける」「空間の利用状況を変更する」「ゲストの到着を社員に知らせる」などを行います。

あとは、カメラで撮影した写真や映像の中からヒトやモノの情報を読み取り、「今、空間に何人いる」「この人は何時から何時までこの空間にいた」などのデジタルデータとして活用するカメラソリューションの開発もしています。

ーーエンジニア目線では、どのようなところが面白いのでしょうか。

プロダクトが目指す先が面白いというのは入社する前から思っていました。フィジカルに存在していてデジタル化できていない情報は多くあります。そういったものをデジタル化することでより多くの活用方法が生まれます。エンジニアとして、「いかにしてデジタルにデータを持ってくるか」「そのデータをどう活用するか」というのは面白い課題だなと思っています。ビットキーが実現しようとしているConnectの世界観であるhomehub、workhub、experiencehubは、そのまま全部置き換わったらインフラになると思うんです。もし、インフラとなるプロダクトをこれからつくりたいって人にはすごいおすすめだなって思います。

ちなみに、僕は直接関わっていませんが、Connect OS*の領域はすごく面白いです。抽象度の高いものを概念にしっかりと落とし込む会社はそうそうないと思うので。そういうのが好きな人には結構面白いんじゃないかなとは思います。

*Connect OS
Hub Function Module*やHub Core Module*といったバックエンドサービス群からなる基盤です。事業ごとに分かれる各プロダクトの共通機能・データ構造を全て共通化します。
*Hub Function Module
「予約機能」「決済機能」「通知機能」など、homehubやworkhubといった各プロダクトに共通で必要となる機能を全てモジュール化し提供しています。 将来にわたり拡張していくことで、車輪の再発明を予防し、スケーラビリティを最大化します。
*Hub Core Module
bitkey platformがもつ機能を、homehubやworkhubといった各プロダクトに使いやすい形式で提供するための共通モジュール。一例として、「顔認証モジュール」「ID認証モジュール」「鍵発行モジュール」などを含みます。

ーー仕事をする上で大切にしている考えはありますか?

他者に対して影響を与られるかを何より大切にしています。これは大義名分みたいなもので、直接的でも間接的でも、「他者に対する影響」ということにつながるのであれば、迷わず行動に移しますし、そういったことに人生の時間を使っていたいと考えています。

そんな自分にはビットキーが「Connect」によって、生み出そうとしている価値は、とても魅力的で、ここならば会社に所属して働く意味があるなと感じました。

ーー実際に入社されて想定通りだったことと、想定外だったことはありますか?

創業2年で、社員数も200人を超えていて、かなり多額の調達を実現している。国内だと間違いなくトップクラスに成長している会社だと思います。成長の中でより多くのアウトプットを優先していたので、開発体制の整理は改善の余地がありそうだと感じました。入社前とのギャップがあったかと聞かれればそういった部分くらいですかね。

今後のスケールを見据え、2021年ビットキーのテーマが「脚下照顧」であるように、今がこういった部分をしっかりと整える時期と考え会社単位で動いています。開発する側としては、会社がこういったことをしっかりと考えてくれるのはとてもありがたいです。少なくとも自分が入社した半年前と今とでは社内環境、開発環境、チーム体制もすごくよくなっています。入社した後に驚きはしたものの、よくなっている過程ではあります。

ーービットキーでこれから取り組みたいことはありますか?

ビットキーが目指すConnectの世界観を実現したいです。入社前に見せてもらったビットキーの青写真を現実にしたくて自分はここに来たので、そこを目指していきます。

ビットキーのスピード感であれば、そこまで遠い未来の話ではないと思います。

ーーどんな人と働きたいですか?

価値の実現に対して妥協なく考えられる人です。「このプロダクトがお客様に対してより価値を提供するにはどうすべきか」「どうしたら目の前にある課題を解決し価値を生み出すことができるのか」ひたすら考える日々です。

難しい課題や困難に一つ一つ向き合い、価値を実現し続けた先に、ビットキーの目指すConnectの世界観があります。一緒に考え、困難を乗り越えながら、世の中にない価値を生み出していきたいです。


ーーありがとうございました。

株式会社ビットキー's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more