1
/
5

クリエイターを360度支援する!プロダクション「BitStar」のマネージャーがクリエイターから支持される理由【Starインタビュー】

ー本日はクリエイタープロダクション「BitStar」を運営する、プロダクション マネジメントユニットの事業責任者である清水さん、リーダーの深谷さん・菊地さん・田邉さんにお話を伺おうと思います。

よろしくお願いします!

ーまずは、「BitStar」を運営するプロダクション マネジメントユニットがどんなことをされているか教えていただけますか?

田邉:一言で言うと、YouTuberのマネジメント業務全般を行っています。

ーYouTuberのマネジメントといわゆる芸能事務所って、どんなところが違うんですか?

田邉:そうですね、皆さんがイメージするような撮影や現場に同行するという仕事ももちろんありますが、YouTuberの場合はパソコン一つで、顔と顔を合わせなくても進んでいく仕事が多いですね。

深谷さんが言ってたんですが、例えば音楽業界だと仕込みから入って半年、1年後にやっと結果が見えると思います。その点、YouTuberでは企画のアイディアを出した翌日には動画がアップされ、さらにその翌日には結果が見えてしまう。そんなところが面白いなぁと思っています。


左:田邉、右:菊地

ースピード感がすごい分、大変さも大きいと思いますがその辺りはいかがでしょうか?

深谷:もちろん大変ではありますが、性質が違うと思うんですよね。YouTuberなどのクリエイターのマネージャーをする上で、短期的な目標と中長期的な目標を持つようにしています。

前職で音楽業界にいた時は、半年後のリリースに向けた楽曲制作をする際に、「本当に半年後売れるのか?結果が出せるのか?」と言う不安が常にありました。もちろん結果を出すぞと取り組んでいるものの、モチベーションを維持するのは本当に大変です。

YouTuberの場合には、たとえ中長期的な目標が壮大すぎて無謀と思えるものだとしても、短期的なマイルストーンとして動画再生数やチャンネル登録者数をおいて活動できるので、日常の中で達成感を感じられる機会も多く、面白いですね。

ーありがとうございます、では再生数や登録者数などの短期的な目標を達成していくために、どんな分析をしているのか教えていただけますか?

菊地:世に出した動画に関する数字は嘘を付かないので、クリエイターと対等に話すためにも非常に大事です。その中で、「視聴回数よりも、視聴時間の方が大事だよね」とよく話していますね。

その上で、どの指標を重要視して目標とするかをクリエイターごとで決めています。ここに関しては組織的に取り組むようにしていまして、僕が入社した約2年前からだいぶ社内でノウハウが蓄積されてきたなぁと思っています。

ークリエイターの皆さんはマネージャーが分析してくれることに対してどう感じているんでしょうか?

清水:クリエイターによりまちまち、というのが正直なところです。なので、クリエイターの目指す方向性や何を求められているのかでカスタムしたり、濃淡をつけながら分析をしています。

ーいわゆる競合他社との違いはどんなところですか?

田邉:BitStar Ads (BitStarの広告事業)やBitStar Studio (BitSrarのコンテンツ事業)と連携できることはかなり大きいと思います。

深谷:他社との違いはよく採用面接でも聞かれるんですが、YouTubeでの活動以外の部分について積極的にサポートしていく部分が一番大きな差だと思いますね。BitStarでは、会社全体としてYouTuber以外での活動も包括的にサポートしていく方針が強く、クリエイターに喜ばれています。

分析なんかも含めて、クリエイターを360度サポートしていくマネジメントユニットだと自負しています。競合他社と比較してもチャンネル分析については自信を持っています。

ークリエイターの夢を叶えてあげる、人生をサポートしてあげることがBitStarだと実現できるんですね。

深谷:はい、そう思っています。

ー先ほど田邉さんが言っていた他部署とのやりとりは日常的に多いんですか?

深谷:BitStar Adsはタイアップもあるので、コミュニケーションは多いです。BitStar Studioとのコミュニケーションもけっこうありますよ。最近だと、UP-DATE(インフルエンサー3名によるグループ)のPR映像も作ってもらいました。

ー社内にそういったコンテンツ制作をしている部署があるとクイックに相談できますもんね。

深谷:はい、アイディア段階で気軽に相談できるのはとても良いですね。

ーBitStar Studioとの連携は以前から多かったんですか?

清水:もともとありましたが、ここ1年くらいでさらに多くなりましたね。

深谷:BitStarの今期のスローガンが「超団結」なんですけど、代表の渡邉さんが社員総会で掲げてからは、以前にも増してやりやすくなった印象があります。

ー会社として提供できるソリューションやラインナップが増えるとマネージャーさん自身の経験やスキルアップにもつながりますね。

清水:そうですね。会社としても様々な事業を展開しているので、そういった土壌はだいぶ強くなってきました。


左:深谷、右:清水

ー現在のプロダクション マネジメントユニットは3チーム体制で構成されていますが、皆さんが今感じている課題感はなんですか?

深谷:クリエイターを360度サポートしていくというプロダクションの特徴を更に強くしていくには、課題というか伸びしろが多いなと思っています。ただ、個々人の場数や経験値など、バックグラウンドも様々なのでそれは仕方ないんです。なので今はチーム内での相互のフォロー体制を大切にしています。

もちろん実際にクリエイターと相対するのはマネージャー自身なので、個人のスキルアップも重要視して育成しています。あとはこの仕事にやりがいや喜びを持てるかどうかですね。

マネージャーとしての仕事にやりがいや喜びを感じていないと、全力でクリエイターには向き合えないし、クリエイターの喜び=自分の喜びと感じられることが良い仕事につながると思っています。なのでみんなの意識とスキルはまだまだ伸ばしていきたいですね。

清水:いいこと言うじゃん(笑)。深谷さんの言うとおり、意識や価値観を高めていくのって大事だけど難しいんです。マネージャーがクリエイターのスピード感に付いていけないと、なんのためのマネージャーなの?となりますよね。自分たちがちゃんとしないと彼らの未来はないというくらいに思って取り組まないと、良い結果には結びつかないんです。

田邉:それに尽きますね。僕自身、ここ数ヶ月そう思う出来事がたくさんあったので同意見です。その時は清水さんや深谷さんにも協力してもらって乗り越えられました。

菊地:クリエイターから「これを目指したい、これをやろう!」など言われた時、深く向き合ってどうしていくかを考えないと、単純に仕事をこなしてるだけになっちゃうんですよね。楽かもしれないけど、そこから得られるものも限られます。

ー面接などで一番重要視している「熱量」はどうやってみているんですか?

清水:面接では正直分からないです。だって、みんな熱量高いと思って受けてくれているから(笑)。

深谷:僕は面接で現実をちゃんと話すようにしています。大変な面もしっかりと伝えて、本人が本当にこの仕事を踏ん張れるか判断してもらうために。そうじゃないとお互い幸せになれないので、入社前に知っておいてほしいと思って、伝えています。

ーちなみに深谷さんはどんな時にやりがいを感じますか?

深谷:もともとはイベントとかでファンの人たちの声だったり笑顔を感じられるのがやりがいだったんですが、コロナをきっかけにそういったものが少なくなってしまい、仕事のやり方が変化していきました。今はメンバーの成長が僕の大きなやりがいになっていますね。

ー好きを育てる仕組みを大事にされているんですね。では、クリエイターを360度サポートしていくことについて、事業としてのボトルネックや疑問など感じていることはありますか?

田邉:正直あまりないですね。担当しているクリエイターをスターにしていくべく頑張っている中で、清水さんともそう言った会話をよくしており、自分ごとになっているのであまり感じないですね。

深谷:組織としてクリエイターの360度サポートをしっかり進めていけると思っています。ただ、実際にそれを日々実行していくのはBitStarのメンバーなので、みんなが同じ気持ちじゃないと上手くワークしていかないです。そのための環境は整いつつあるけれど、メンバー間の相互理解が一番重要だと思っているので、日々コミュニケーションを取っています。

菊地:このマーケットは前例や正解がないので、トライアンドエラーを繰り返さないといけません。正解がない中でトライするのはとても不安です。それはクリエイターが関係していない部分でも。

不安を解消しようとすると「もっと良くするためには?」を考えないといけなくて、その次は「ほんとにこれでいいの?」が出てきます。これを繰り返して仕事のクオリティがよくなっていく。このトライのサイクルがないとどんなに良いビジネスアイディアでもベストには近づけないので、熱量って大切だと思っています。

ただ、人によってその熱量の定義は違うので、それを補完していけるような仕組みをしっかりと作っていかないといけないんです。

清水:例えば経験値=スキルが少なくても、熱量が高いとちゃんと伝わるんですよね。なので、仮に失敗があってもチームで全力でフォローできるしクリエイターも理解してくれることはよくあります。

深谷:クリエイターのマネージャーって特殊な仕事だと思うんですよね。だからこそ自分のやりがいが大事で、その分自分がこの仕事を好きと思って取り組めれば、やりがいも自身の成長にもちゃんと繋げていけると信じています。

ーどうもありがとうございました!

株式会社BitStar's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings