腹を割って支え合って高め合う、ワンピースのような組織を目指す

前編はこちら

6月に本格的にチームとして動き出すことができたんですが、その月に全く面談が決まらなかったんですね。

それまでは会社としての制度を整えつつ個人としては営業活動に奔走していたんですが、チームとして結果が出ないということに改めて自分の課題を突きつけられた気がしました。

私自身は、もともと個人で動くことの方が得意な人間なんです。

ソフトバンクに勤めていた時代にもプレイヤーとして営業をずっとやり続けていましたし、自由に動くのが好きなので。チームとしてうまくいっていないなと感じるのは結構辛かったです。

それでも、切磋琢磨できるような関係を築きチームとして結果を出したいという思いは変わらずにあったので課題を見直して自分自身のの意識も変えていきました。

Q.具体的にはどのようなことを変えていったのでしょうか?

一番念頭に置いたのは、言語化して伝え続けるということです。

Bizlinkのメンバーは年齢もキャリアもタイプもバラバラです。だからこそ、全体の意識を統一する為に0から10まで全てを言葉にして伝えるということを怠らないようにしました。

各々の背景からくる当たり前を前提にしてしまうと、行き違いも生じやすくなってしまう。Bizlinkとしての当たり前を言葉にして説明していくということを徹底してやりました。

そうすると次第に意識も統一されていき、メンバーが弱みを見せてくれるような出来事も増えました。

例えば、弊社のある若手のメンバーが営業中に彼一人では対応しきれない緊急の事態が起きたことがあったのですが。私にすぐに連絡をくれて頼ってくれたので大事に至ることは防げたんですね。

そういった頼り頼られるの関係性はきちんと言語化して伝えるということから始まるのではないかと考えています。



Q.堀江さんの中でのチームとしての理想像のようなものはあったりしますか?

ちょっと厨二っぽいことを言うようで恥ずかしいのですが。(笑)

ワンピースのようなチームはすごくいいよなぁと思ってます。

なんというか、一人一人のポジションがすごく明確にあるじゃないですか。

ポジションというのは地位とかっていう意味ではなく、個人としてできることとできないことをチームが理解しあった上で役割が明確化されているという感じです。

誰かが困っていたらみんなでみんなの個性や得意を活かして支えあうようなチーム。

更に言えば、困ったことがなくても自発的に支えていくという動きが自然と出てくるようなチームが理想だし、作りたいなと考えています。

その為には、まず私が自分から動いていくという姿勢が大事かなと。

返報性の法則じゃないですけど、自分から生み出していきたいなと思っています。

Q.これからのBizlinkで一緒に働きたい人はどんな人ですか?

まず、これからのBizlinkの面白さは本当に自分のやりたいようにできるというところにあります。

進め方もそうですが、何かやってみたいアイディアやプランとかはすぐに形にできますし、実行できる自由さは保証します。

加えて、その形になったものや成果に見合ったインセンティブもしっかり返ってくる仕組みになっているので、チャレンジ精神が旺盛だったり成長意欲の高い人にはうってつけの環境だと思います。

そういった弊社の環境がいいなと思ってくれた人には是非話をさせて欲しいなと思っていますが、個人的には人を助けていくということを大切にする感覚がある人も来て欲しいなと思っています。

先ほど言った通り、ワンピースのような自発的に支えあう関係性のチームを作りたいと思っているので、お酒でも飲みながら腹割って色んな話をして、人となりを理解し合った上で支え合えるようなチームを一緒に目指せる人をお待ちしています!

株式会社ビズリンク's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more