Wantedlyで採用されて、Wantedlyを運用することになった話

最近はあなたのことしか考えていません。そうwantedlyのこと…。

…こんにちは!人事部で採用広報をしている綿引です。

今日はwantedlyとの出会いから今までを、バレットへ入社してからの振り返りと共にお伝えしていきたいと思います。年度末なのでね…!

出会い、それは冬。

遡ること数ヶ月。当時転職活動をしていた私は、昨年12月にwantedlyに登録しました(確か)

wantedlyは「共感で仲間とつながる」を掲げていて、企業理念や会社の雰囲気が伝わる募集記事がたくさんありました。

何度目かの転職活動もあって「会社選びって、給料とか、待遇とか、上場してるとかで決めるものではないな」と気づいてきた私は、今回の会社選びはwantedlyで探そうと決めました。

とある企業が気になった。

日々wantedlyを巡回。その中で一際目立つ会社がありまして、バレットグループって名前なんですけど。

会社のロゴが異彩を放っているなぁから始まり、募集やフィードの内容を読んで

「ここで働いたら楽しそうだぞ…!」とわくわくしたことを覚えています。

そこからは流れるように、”話しを聞きに行きたい”ボタンをタップして面談をしにいきました。

毎日一緒に過ごしているね、桜のころ。

まだまだ寒い日もありますが、出会いから数ヶ月たった今、バレットグループでwantedlyを運営することとなりました。

バレットマインドに共感して入った私が、今度はバレットマインドを発信する立場となっています。不思議ですね。

wantedlyで見たことは本当だった!

入社してびっくりしたことは、思ってた以上にwantedlyに書いていることが本当だったということです。

【ベンチャーで働くことは人生の安定を意味する】
【ポリシー】
MISSION:人とテクノロジーで世界をつなぐ
VISION :新たな価値を創造する
VALUE :人を育てられる人を育てる

成長し続けることこそ安定を意味する、何よりも人(メンバー、それからメンバーの家族、バレットに関わる全ての人)を大事にしていること。

これはバレットメンバーに浸透しているな〜と、色々な場面で感じることができました。

伝えたいことがあります。

何もない私が胸を張って言えることがあります。それは周りの人が素晴らしいことです。

バレットグループへ入社して、

仕事の面白さ、未来を考えるわくわくさ。人を想う強い気持ち、それに動かされる心。

日々の中で様々な感動がバレットにはあふれています。

この素晴らしいバレットのメンバーの魅力を、私は採用広報というポジションで伝えていきたいと考えています。

wantedlyはビジネスSNSです。

私が心を動かされたように、バレットのページをたまたま見かけた人でも、

働くことの楽しさや、人と繋がることの喜びを感じられるような発信をしていきたいと思います。

バレットグループ株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more