1
/
5

成長には挑戦することが必須。人とのつながりを大切にするエンジニアに話を聞きました。

今回は2019年新卒入社のエンジニア、佐々木くんのお話をご紹介です。

エンジニアがベンチャーを選ぶ理由って?バレットに何を求め、何を感じて入社をしたのか…。

是非ご一読ください。

バレットへの入社のきっかけは?

バレットを知ったきっかけは、18卒の母良田さんからです。

実は母良田さんは同じ学校の先輩で、学生の頃からメンターとしてサポートしていただいておりました、尊敬する先輩が入社された会社としてバレットを知り企業研究をする中でどんどん興味を持つようになりました。

僕は人間的に成長したいなと強く思っていまして、バレットの社風にもスキルアップ、成長というワードがよく出てくることが共通だなぁと感じ、志望度が上がっていたのを覚えています。

▼母良田さんの記事はこちら



◾️先輩とのつながり

先輩から学んだことは多く、地元で行われたアプリ開発のコンテストにも良い成績を収められたんです。先輩のサポートがあったからですね。

先輩から教わったことは僕も後輩に伝えていこうと思っていまして、、その甲斐あってか今年の4月に学校の後輩がバレットに入社しましたね!

入社してみてどうですか?

バレットに入社して、エンジニアのイメージが変わりました。

エンジニアというと黙々とPCに向かってコードを書いて、人物面は内向的な人が多いというイメージでした。

しかし、バレットのエンジニアは違っていて。

技術スキルが高くしっかり結果を出されている、人の部分ではすごく活発な方が多いのが特徴的だなと。コミュニケーション力も高い方が多いので円滑に楽しく業務ができる!

学生の頃の技術職のイメージとは異なっていて僕にとっては良いギャップでした。


すでに”人を育てられる人を育てる”を体現しつつある佐々木くん。すごい…

次回の佐々木くんインタビューでは、初めてエンジニアとしてお客様先で働いた時について伺います。

バレットグループ株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more