1
/
5

「カウリス」って何語?

こんにちは。カウリスでライティングのお手伝いをしているホシノです。

カウリスの設立者であり代表の島津さん(写真の左から2番目)に社名の由来を聞きたいと思います。

ホシノ

島津さん、こんにちは。今日は島津さんがつけた「カウリス」という社名の由来をお聞きしたいと思います。カウリスって短いし呼びやすいし、いい名前ですよね。

島津

ありがとうございます。でもよく間違えられるんです。「カリウス」「カリウス」って。もう「カリウス」にしてもいいかなって思います(笑)。

ホシノ

え……。いいんですか。

そもそも「カウリス」って造語なんですか? 意味とかないんでしょうか?

島津

意味ありますよ。ラテン語で「茎」という意味です。

ホシノ

なるほど。その心は?

島津

企業が1つの植物だとすると、カウリスが守っているのは茎だと思うんです。企業にとって情報は命です。事業者内で、または事業者とユーザの間で安全に情報を交換できてビジネスは成り立ちます。植物にとって命となる栄養を、植物全体にいき渡らせる茎と同じです。茎は健全なものでなければなりません。もし茎に悪いものが入ってしまったら、栄養の運搬がうまくいかず植物は死んでしまいます。同じようにサイバー攻撃やウイルスが発生すると、情報漏えいや不正な操作につながり、ひいては事業の根幹を揺るがしかねません。ですから、そうした脅威から事業者とユーザを守りたいという願いがあります。企業の命を守るセキュリティを提供できる、サイバーセキュリティのインフラになりたいという願いが込められているんです。すごく難しいことだとは思いますが、名前負けしないようにやり遂げたいです。

ホシノ

なるほど。カウリスの社員に向けたメッセージにもなっていると伺いましたが?

島津

そうですね。「サイバーセキュリティのインフラになりたい」という企業としての根っこは繋がっていても、全員が同じように働く必要はないと思っています。外の世界であっちへいってこっちへいって色々な栄養を吸収してほしい。それを最終的に、花を咲かせるためのパワーにしてもらえたらいいと思っています。1人ひとりがしっかり主張できる企業でありたいというメッセージです。

ホシノ

それではやっぱり「カリウス」にするわけにはいきませんね。多くのお客様の健全な「茎」になれるよう、ぜひ頑張ってください。

株式会社カウリス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more