理系バックグラウンドがあるから、仲間を支えることができる。リケジョが見つけた、「管理部門」という活躍の場。

みなさん、はじめまして。セルスペクト株式会社です。「セルスペクトって、何をやってる会社?」「医療?興味はあるけれど、自分の活躍できる分野はなさそう…」このブログでは、そんな疑問やモヤモヤをもっている皆様に、私達の会社をより深く知っていただくために、社員インタビューを中心に記事を掲載して行く予定です!気になったら、ぜひこのページに「いいね!」をしてみてくださいね。


会社とともに、成長してきた「理系女子」。

さて、初めての更新になる今回は、セルスペクト株式会社でマルチに活躍する、佐藤亜優(さとう・あゆ)さん。若くして、セルスペクト社の人事部長という重要な役割を担っています。


ー佐藤さんは、セルスペクトで現在どういった仕事をされているんですか?

まず、採用人事です。みなさんがいまご覧になっているWantedlyの運用や、面接の調整、さらには面接官もやり、入社後のご案内も私が担当しています。加えて、研究開発事業および産学連携事業のコーディネートやマネジメントも行っています。


ー大活躍ですね!もともとバックオフィス系の専門知識や経験があって、セルスペクトに転職してこられたんですか?

いえ。学生時代は、国立大学の工学部で応用化学を専攻し、次世代の電池の研究をしていまいた。より充電容量が大きく、長持ちする電池をつくるための基礎研究ですね。
そこから、大学4年生で就活をし、技術職として働くということと迷ったのですが、紆余曲折あり、大手の小売りチェーンの総合職に就職しました。いわゆる、スーパーマーケットです。最初の数年は研修として各事業所などを経験するのですが、私はまず店舗研修に配属されました。でも、毎日働きながら、「何か違うな…」と感じていて。結局、働き始めてすぐに転職活動を開始しました。


ーそこから、どうやってセルスペクトに出会ったのでしょうか?

当時配属された店舗の近くに、セルスペクトの連携拠点があったので、会社名は知っていました。転職活動中に、紹介された会社のなかに当社の名前を見つけ、すぐに応募しました。そのときの社員数はなんとたったの3人。社長とCOOがすべての業務を兼任していたので、バックオフィス業務のスタッフを緊急募集していたんです。


ーまさに、運命の出会い!大学で経験のある研究職ではなく、バックオフィス業務を担当する管理部門としての入社だったんですね。

はい。特に私は管理部門の専門知識もなかったのですが、入社当時は今よりもさらに小さな会社でしたから、「佐藤さん、まずは、知財と法務のマネジメントをしてください」と言われました。「どのように進めたらよいですか?」と質問した際、「社内の誰もやったことがないから、あなたが専門家になって進めてください」とやりとりしたことを覚えています。それからは本を読んだり、弁理士さんなど社外の専門家に頼ったり、日々勉強してなんとかやってこられました。
これらの業務を通して、会社の知的財産を活用しながら企業価値を向上させるための仕組みづくりに関わることができました。人事部門の責任者としてセルスペクト社の成長を考える立場になったいま、あらためて振り返ってみると、早い段階で会社全体を俯瞰して捉える必要がある業務に携わった経験は、確実にプラスになっていると思います。


理系のバックグラウンドがあるから、社員みんなとわかりあえる。

ーこれまでやってきた研究や、前職での小売といった分野とは全く違う管理部門としての就職。抵抗はありませんでしたか?

実は、そうでもないんです。例えば、初めて担当した特許戦略の案件は、大学で専攻していた理系の知識を活かせるもので、大きな抵抗もなく取り組めました。特許の手続きもわからないのに、申請内容もわからない。もしそんな状況だったら、辛かったかもしれませんね。特許ライセンスに関連した契約書を確認するときも、技術者と理系のワードを使って会話できるのは、自分の強みだと思っています。
さらに、採用人事を担当していると、社内のメンバーについて、入社時点から関わっていることになります。顔を知っているだけで、ちょっとした相談もしやすかったりするので、広範囲にわたる業務の際にコミュニケーションを取りやすいので上手く仕事を進められていると感じますね。


ー理系のキャリアを持ちながら、それを活かせていないというジレンマを抱えている人は多そうですね。

特に女性だと、「これから結婚・出産を控えて、研究者という仕事を選ぶのは難しいかもしれない」と悩んだ結果、キャリアチェンジをされた方も多いのではないでしょうか。そんな方にこそ、セルスペクトのような技術系の会社を選択肢に入れることをおすすめしたいです。技術系の会社であれば、たとえ管理部門であったとしても、自分が今まで学んできたことを十分に活かすことができるのです。学生のときは理系といえば研究職になる、というイメージがあり、こんな形で今まで勉強してきたことが活きるとは全く思わなかったですね。技術系の会社の管理部門という選択肢があることを、ぜひ皆さんに知って欲しいです。


ー最後に、この会社の魅力を教えてください。

セルスペクトは、年齢や社歴、これまでの経験などに関係なく、達成した仕事で評価してくれる、フラットな組織がいちばんの魅力です。だからこそ、職種によってはリモートワークや裁量制も認められ、個々人が自律しながら仕事をしています。

そのような環境がフィットする方とは、ぜひ一緒に働けると嬉しいです。

セルスペクト株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings