1
/
5

元有名飲食メディア営業から幅広い経験を求めてセレブリックスへ

「セレブリックスに入社前は何をしていましたか」

飲食系メディアを展開している企業に新卒入社し、3年間勤務しました。
加盟店営業部に属しており、掲載して頂ける飲食店を新規開拓(飛び込み営業や電話営業等)をしたり、自身が担当する既存加盟店への広告効果UPに向けたページの改修やメニュー立案などを通して売上向上のための提案を行い顧客単価を上げるといった業務を担当していました。

「転職をしようと思ったのは何故ですか?」

結論を申し上げると、「もっと成長したい」と思ったからです。
2年目を過ぎた頃、ベンチャーで働く学生時代の友人と呑みに行った際、カルチャーショックを受けたのがきっかけです。様々な業務を任されている話やそこから得た色んな業界の知識などを持っている彼と自分を比較した時に、飲食業界の知識しかない自分に焦りを感じました。そこから日々考えるようになってしまって、営業していても退屈になってしまい、もっと新しい事をやりたい・もっと仕事の裁量が増える場所に行きたい・マネジメントをしたい等、色々な事を考えるようになって転職を決断しました。

「セレブリックスに入社を決めた理由は?」

面接でこう言われました。

「君は今までの人生、何でも感覚でやれてきちゃったんじゃない?仕事で本気で努力して何かを成し遂げたことある?もしセレブリックスに入ったら、俺が、全力で苦労させてやるよ!」

と言われたのが衝撃的で、確かに人生で本気で努力した事ってそう多くなかったですし、自分は怠け者なので状況対応でどうにかやり過ごしてきましたので、この短時間で見破られた!と思い、この人の下で働いたら成長できるかもしれない!と思い入社を決意しました。

「入社して一番最初の仕事はどんな仕事でしたか?」

研修の事務局とセールスデザインでした。
それぞれの仕事内容ですが、研修の事務局は研修で使うアジェンダや研修資料、ロープレケースの作成、登録コンサル、社員、先方との講師アサインする上で研修日程の調整、実際に出張などで研修にオブザーブで参加し議事録作成や資料手配。その他、定例発表資料作成などでした。セールスデザインは顧客開拓メソッドをクライアント企業毎に作成して納品するのですが、売れているセールスマンと売れていないセールスマンのインタビュー同行と顧客要望に沿うようにガイドラインを作成していくという業務でした。

「今はどんな仕事をしていますか?」

今はチーフという役割で3つのプロジェクトをマネジメントしています。一つは傘のシェアリングサービスをしている企業の支援で、傘への広告掲載企業を開拓する営業。もう一つは賃貸不動産に特化したエリアクラウドマッチングサービスの新規開拓。3つ目はInstagramの運営支援ツールを売ってくれる代理店開拓です。現在は自分はプレイヤーではなく、それぞれのメンバーをプロジェクトの目標達成に向けマネジメントしながら、顧客折衝もする立場です。また最近では営業研修のサブ講師も任せてもらっていて、営業未経験の方々に顧客開拓メソッドを使った営業の指導をしております。

「入社してから今までで一番苦労したことは?」

入社3か月目が一番辛かったです(笑)
メンバー時代は営業ではなく、研修案件やセールスデザインでしたので、初めてやる事ばかりで、とにかく手を動かす作成系の作業や日程調整といった苦手な事ばかりで、処理スピードが遅いのと合わせて、上司から降りてくるタスクがテトリスのように積み重なり詰んでいました。
この時はとにかく余裕なんてなくて、タスクを終わらせることで手一杯でしたが、一時期本当に提出期日に間に合わなくて雑な物を出してしまったり、上司からの指示を良く分かっていなくてもとりあえず「わかりました」という癖がついてしまった時にとても怒られました。
正直逃げたくなりました。ただあの時社内で仲が良い同僚にも救われたし、いい意味で心が折れたので凄く楽になり、素直に出来ないとか、ここがわかりませんって言えるようになってからはタスクがこなせになったのと、タスク処理の方法を身に染みて学ぶ事ができました。

「入社してから今までで一番嬉しかったことは?」

少し前まではチーフになった事でしたが、現プロジェクトで、ずっと目標達成できていなかったメンバーがコンスタントに成果を出せるようになった事が嬉しかったです。前のプロジェクトで一緒だった時に、彼がプロジェクトを抜ける前の面談で「周りとの差を感じたし、本当に未達が悔しいです」と初めて本気で悔しがっている姿を見て全力でサポートしたいと決意しました。
私がそのメンバーに提案したのは「とにかくPDCAを回そう」「立てた行動目標はやり切ろう」の2点でした。
自分が立てた目標すら達成出来ない人が一か月の目標なんて達成出来ない、と伝え続けた事で、彼自身でもそういった動きが癖になってきて意識的に動き出した事で達成することが出来て嬉しかったです。人の成長に関与できた事と、私自身の教え方にも間違いは無かったと自信にもなるので、2つの意味で嬉しかったです。

「1年後どうなっていたいですか?」

将来的には研修系の案件をディレクションしたり、講師をしたりしていきたいのですが、その為にもマネジメントに携わっていたいです。研修講師で教えられる内容は日々自分がメンバーに教えているやり方しか出せないですし、話せないので、引き続きメンバーに学ばせてもらいながら研修講師を目指したいです。

「営業に挑戦しようとしている方へメッセージがあればお願いします!」

正直申し上げて、楽しい事ばかりでは無いです。
やっぱり人を相手にする職業なので辛い事・悔しいことってあります。でもこんなに自分と向き合える職業ってプロスポーツ選手と営業くらいじゃないかな?と思います。スキルは求めれば限界は無いですし、レベルが上がっていけば上がっていくほど、社内で任される裁量は増えていくと思うので、とにかく全力で努力したり、成長したい!って人におすすめです!その場がセレブリックスだったら決して見捨てないし、努力する人に対して全力でサポートする環境は整っているので是非チャレンジしてみてください!

株式会社セレブリックス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more