2児の母でありながら、新規事業の仕組みを創る、「コンシェルジュ」の仕事とは。

2018年1月に入社以降、新規事業Open Researchのコンシェルジュとして活躍し、2019年5月に『泣ける仕事賞』を受賞した丸山悠未さん。2児の母として家庭と新規事業も両立する丸山さんに、仕事に縣ける想いと今回の受賞についてお伺いしました。

『泣ける仕事賞』とは:売上以外の成果や日々の仕事のプロセスの中で、周りのお客様や社内のメンバーに感動を与えた社員に贈られる賞。自らのミッションに没頭し、誰よりも社会と組織に貢献したメンバーを称賛しています。

子供に「仕事をしているママ」を知ってもらえる機会。

-2019年5月度『泣ける仕事賞』の受賞おめでとうございます!受賞した時はいかがでしたか?

丸山:ありがとうございます! 5月に「ファミリーサーキュレーション」という、社員の家族やパートナーを会社に呼んで感謝を伝えるイベントを企画したことを評価していただけたのかなと思います。ただ、表彰の中で日々の業務での頑張りにも言及してくださっていて、自分の毎日の行動も見ていてくれ、評価していただけたのはとても嬉しかったです。



-当日はたくさんのお子さんやパートナーの方が来ていて、大盛り上がりでしたよね!実際にやってみていかがでしたか?

丸山:サーキュレーションではイベントを企画する側を担ったことがなかったので「皆が喜んでくれる企画ができるかな」「料理が皆に行き渡るかな」「仕事と家庭と幹事までできるのかな…」と当日まで正直不安しかなかったですね(笑)

でも、当日は20名くらいのお子さんとパートナーの方含めて総勢90名近い方にお越しいただき「楽しかった」という声をたくさんいただくことができました。他の幹事やイベントに参加できないチームの同僚が遅くまで準備を手伝ってくれたりと、役割と関係なく助け合えるメンバーが多いなというのも良い気づきになりました。

特に嬉しいのが、今でも子供が会社のことを覚えてくれているんですよね。「お兄ちゃんに風船投げて遊んでもらったよね」とか「ママの会社はこの電車で向かうんだよね」とか、「仕事をしているママ」を知ってもらえることは本当に良い機会だと思っています。

前職での経験が紡いだ「コンシェルジュ」という仕事。

-丸山さんは今までどのようなキャリアを歩んできたんですか?

丸山:1社めは旅行会社で法人向けの旅行の企画・提案のお仕事をしていました。クライアントの希望を聞き旅行の行き先や行程をプランニングし、実施が決定すれば添乗員としてツアーに同行することもありました。要望をプランに落とし込んでお客様の満足や感謝を直接肌で感じることができるとてもやりがいのある仕事でした。

そこから、28歳のときに結婚と出産を経験しました。

家庭を持ったことを機にファイナンシャルプランナーの資格をとったのですが、将来のライフステージを見据えてお金のプランニングをすることって、人生を過ごす上でとても重要だなって感じたんですよね。自分の知識をもとに誰かの人生設計の役に立てる仕事がしたいなと思い、保険会社に転職しました。


-自分の好きなことや興味のあることからキャリアを築いていかれたんですね。そこからどのような経緯でサーキュレーションに入社されたんですか?

丸山:旅行会社では対法人、保険会社では対個人の営業を経験でき、次は営業ではなく新しい職種にチャレンジしてみたいなという想いがありました。そんな中、サーキュレーションの新規事業のポジションで「コンシェルジュ」という職種があると知りました。このコンシェルジュという仕事は、Open Researchというスポットのヒアリングサービスで、知見があるプロ人材と課題を抱えるクライアントをつなぐ仕事だったんですね。

これを聞いたときに、前職2社での経験で磨いた、対法人・対個人への「ホスピタリティ力」が活かせる仕事だと思ってサーキュレーションへの入社を決意しました。

「Open Research」とは:サーキュレーションのサービスの一つで、特定分野での知見が豊富なプロ人材に、1〜1.5時間インタビューができるサービス。(https://open-research.jp

ベンチャーは自分の課題意識で事業を進化させられる。

-大手2社を経験されてからベンチャー企業で新たな職種に挑戦されたわけじゃないですか。実際に入られてみて感じる楽しさや難しさってどんなところでしたか?

丸山:これまでのキャリアは大手企業中心だったので、入社当初はベンチャー企業ならではのスピード感や文化に慣れるのが大変でした(笑)

ただ一緒に働くメンバーや上司と一緒に事業を創っていく過程は、変化に富んでいて任せてもらえる裁量権も多く、チャレンジングな環境に身を置かせてもらっていると感じます。望まれるレベルも高いですが、成長も感じることができていて、今はベンチャー企業で仕事をすることに楽しさを感じて働くことが出来ています。


-環境の変化を楽しんでいる姿勢がステキです!コンシェルジュという初めての職種で、楽しいと思えるきっかけは何だったんですか?

丸山:企業様からお問い合わせをいただき、要件に合うプロ人材をリストアップして、インタビューの日程を調整する仕事しています。

入社当時は、大量のメール対応と煩雑な管理を行うため、正確性とスピード感を維持できないことが課題でした。その課題を解決しようと立ち上がった自社システム導入プロジェクトに、入社当時から本格的に関わってきました。

社内のエンジニアと連携して、イレギュラーが多い業務内容をシステム化していく過程はとても大変でしたが、今では全ての既存クライアントに活用いただくまでになり、業務効率が格段に上がりました。顧客満足の向上に加えて、今まで以上に多くのプロ人材と課題を抱えるクライアントをつなぐ機会を創ることができました。そうした事業の成長や変化に関わり、直接自らの手で変えることができるのがベンチャーで働く楽しさだと思います。

今はその土台が出来上がったので、利用いただく新規のクライアント様の開拓の仕事も担っています。常にチャレンジを続けられることが、ベンチャーの楽しさですね!

-ベンチャーかつ新規事業担当だからこその楽しさですね!Open Researchが社会に与えている価値って何だと思いますか?

丸山:難しい質問ですね(笑)

まず、Open Researchに登録してくださるプロ人材に対しては、フリーランスへの「第一歩」を踏み出すきっかけを提供させていただけているのかな、と思います。今まで会社という組織で働いていた人がフリーランスになるのは、どんなに活躍をしていた人だとしても、とても大きな決断だと思うんですよ。

その決断には、自分の知識が人から求められるという実感が必要だと思っていて、Open Researchは、その実感を生み出す機会になっていると感じています。

実際に何名もの方に「フリーランスをやるきっかけになりました」というお声をいただき、ほんの少しかもしれませんが"日本の働き方を変えるきっかけ"を創れているんじゃないかなと思っています。クライアントに対しても、外部人材を活用して経営を推進していくという選択をする第一歩になっているように感じます。個人に対しても企業に対しても、新しい概念を取り入れるための「一歩め」をOpen Researchが提供していると思っていますし、今後もそうあり続けたいです。


-丸山さんの事業に対しての強い想いと共に、Open Researchの魅力を知ることができました!最後にメッセージをお願いします!

丸山:自分が子育てをするようになってから痛感したのですが、子どもがいるなかでの転職ってすごい難しいんですよね。でも、自分が母親として育児をしながらも、仕事でやりがいを感じて働くことが出来ているからこそ、子どもがいながら、何かに挑戦していく人がもっと増えていったらいいなって思っています。

そうした人にとって、サーキュレーションはまさに挑戦の場が提供される会社なので、子どもがいるけど新しい挑戦をしたいと思っている方はぜひ話を聞きに来てほしいです!

-ありがとうございました!今後の丸山さんの活躍に期待しています。


経営コンサルタント
一人が複数社で働く時代へ。新しい働き方の概念を提案するコンサルタント募集!
株式会社サーキュレーションは、『オープンイノベーションコンサルティング』を行っている会社です。 オープンイノベーションコンサルティングとは、元上場企業の役員やメガベンチャーの成長期を創り上げたトップマネジメントといった豊富な経験・知見をもつ“プロフェッショナル人材”を、“雇用”という形ではなく“プロジェクト単位”で活用し、企業にとって低リスク・低コストで経営課題を解決していくという新しい形のコンサルティングサービスです。 このように有識者の経験・知見がより循環する社会になることで、労働力不足の解消や地域活性化に繋がるとも考えています。一方、働く個人にとっても、雇用という形で一社でしか経験を積めなかった時代から、同時に複数社で経験を積める時代へ移り変わることで、より自身の成長や自己実現のしやすい環境になると考えています。 「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョン達成を目指して、新規事業・サービスを積極的に展開しています! 【プロフェッショナル人材とは?】 30〜60代の採用市場にはなかなか存在しない、高いスキル・貴重な職能を有した経験豊富な人材のこと。 例えば元東証1部上場企業社長、元大手SNS運営企業CEO、元大手検索サイト最年少マネージャー、元有名カフェ運営起業CEO、大型のIPOを実現したCFOなど、サーキュレーションにご登録いただいているのは高い専門性を持った方々ばかりです。約12,000人の経験と知見を活用できるため、あらゆる課題に対応することが可能です。 創業以来6年で、既に1,500社、4,700件以上のプロジェクトを実現し、企業の様々な経営課題を解決し、より企業が成長していけるように、それにより日本が元気になるお手伝いをしています。
株式会社サーキュレーション
コンサルタント(IT)
あなたの提案から、エンジニア/デザイナーの働き方をフレキシブルに!
株式会社サーキュレーションは、『オープンイノベーションコンサルティング』を行っている会社です。 オープンイノベーションコンサルティングとは、元上場企業の役員やメガベンチャーの成長期を創り上げたトップマネジメントといった豊富な経験・知見をもつ“プロフェッショナル人材”を、“雇用”という形ではなく“プロジェクト単位”で活用し、企業にとって低リスク・低コストで経営課題を解決していくという新しい形のコンサルティングサービスです。 このように有識者の経験・知見がより循環する社会になることで、労働力不足の解消や地域活性化に繋がるとも考えています。一方、働く個人にとっても、雇用という形で一社でしか経験を積めなかった時代から、同時に複数社で経験を積める時代へ移り変わることで、より自身の成長や自己実現のしやすい環境になると考えています。 「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョン達成を目指して、新規事業・サービスを積極的に展開しています! 【プロフェッショナル人材とは?】 30〜60代の採用市場にはなかなか存在しない、高いスキル・貴重な職能を有した経験豊富な人材のこと。 例えば元東証1部上場企業社長、元大手SNS運営企業CEO、元大手検索サイト最年少マネージャー、元有名カフェ運営起業CEO、大型のIPOを実現したCFOなど、サーキュレーションにご登録いただいているのは高い専門性を持った方々ばかりです。約12,000人の経験と知見を活用できるため、あらゆる課題に対応することが可能です。 創業以来6年で、既に1,500社、4,700件以上のプロジェクトを実現し、企業の様々な経営課題を解決し、より企業が成長していけるように、それにより日本が元気になるお手伝いをしています。
株式会社サーキュレーション
株式会社サーキュレーション's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more