1
/
5

Classiのテックブログ「Classi開発者ブログ」ができるまで

こんにちは。採用広報チームの谷口です。

いよいよ満を持し、Classiのテックブログ「Classi開発者ブログ」が開設されました!

今回は、ブログ開設までの軌跡をご紹介します。

なぜ、テックブログを開設したのか?

Classiの頼れるCTOであり、編集長の佐々木(@sasata299)から創刊のご挨拶です。

少しでも「Classiってこういう感じなんだ〜」が伝われば嬉しいなと思ってはじめました。
・Classiではどんな課題があるの?どんなことに困ってるの?
・それらに対して、どんな風に取り組んでいるの?
などなど、開発現場のリアルを、等身大にお伝えできたらと思っています!


キックオフ

1月末に、Slack上にテックブログを検討するためのチャンネルができ、当社のエンジニアやデータサイエンティスト、広報、採用などのメンバーが集まり、キックオフMtgを開催しました。

当日のアジェンダを一部抜粋してみました。いろいろと決めることがありますね!

・ブログのメインターゲット(想定する読者層)
・テックブログを実施する目的や目標
・どのプラットフォーム上で執筆するのか?
・ドメイン
・ブログの名称

などなど…。

「テックブログとは?」という話題では、テックブログの奥の深さを感じたりもしつつ、Classiとして、どんなテックブログを目指すか、などの熱い議論がなされました。


ブログの名前

ブログタイトルについては、キックオフMtgでは決まらず、各自の宿題となりました。

後日、Slackチャンネルでブログの名前候補を出してみると、

・Classiの開発風景
・Classi図書室
・school tech blog
・Classi builders blog

などなど多数の候補が挙がり、どれもこれも捨てがたい、メンバーの想いがあるものばかりでした。


「漢字とひらがながある方がいい」
「Classiっぽいネーミングにしたい」
「検索でひっかかりやすいようにするには?」

といった意見も出て、さぁどうする?となったところで、

編集長の佐々木が、ばしっと決めてくれました!


こうして、Classiのテックブログの名前は「Classi開発者ブログ」となりました。


ブログのデザインイメージ

名前も決まったところで、当社のデザイナーの前田と片岡が、ブログカバーやバナーなどをデザインしてくれました。

・シンプルなデザイン
・「Classi開発者ブログ」というタイトルだけだと、学校向けのサービスを提供している会社ということが伝わらないので、そのあたりが伝わるデザイン
・The子供向けみたいな可愛いではなく、温かみがある、どこか親しみの持てる、ナチュラルなイメージ


そんなメンバーの意見から、複数のデザインを作ってくれ、Slackでの投票では、全員一致でこちらのB案に決定!
まさにイメージ通りです!


いよいよ公開!

広報の辻田(@tsuji_tan)がリード役となり、部署を越えた数々の連携があり、各自の忙しい業務の合間をぬって、着々と完成をめざしてきました。

そして、新型コロナウイルスの影響により、全社で在宅勤務を実施している最中ではありますが、いよいよ、3月18日(水)に公開の運びとなりました!

記念すべき初回の記事は、データサイエンティストの伊藤(@tetsuroito)が書きました。

タイトルは、「新型コロナウイルスの影響で全国の学校が休校になってどうなったか」

新型コロナウイルスの影響で全国の学校が休校になってからのClassiの企業としての対応や、休校になった学校でClassiがどのように使われていたか、について書かれています。



今後も、当社の開発者が取り組んでいる開発技術やプロダクトにまつわる内容を発信していきますので、ぜひ「Classi開発者ブログ」をチェックしてみてください!

Classi株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more