1
/
5

エンジニアからプロダクトマネジメントへ|自分のやりたい事業を実現するためのキャリア設計

こんにちは。クラウドサーカス採用担当です。

ARサービスのプロダクトマネージャーを担っている多田さんに今回は登場していただきます。プロダクトマネージャーとしてプロダクトに深く関わることの面白さ、そしてこれまでのキャリアについてお話していただきました。

2回に分けてお伝えさせていただきます。初回は「これまでのキャリア」についてお話いただきます。

原点は「プロダクト開発をしたい」から

自分のキャリアの原点は「世の中にめちゃくちゃ喜んでもらえるサービスを作りたい」という想いから始まりました。

「自分でサービスを作り世の中に広めるとしたら、ソフトウェアの世界を知らないといけないのでは?」

そう考え、新卒ではエンジニアの道を選びました。

ー ーインフラエンジニアを選んだ理由は?

エンジニアの中でも、インフラエンジニアを選んだ理由は、単純に一番しんどそうだったからです(笑)しんどくても自分ならなんとかなるだろう!という意気込みだけで銀行系のインフラエンジニアとしてキャリアをスタートさせました。

インフラエンジニアを経験して良かったことは、サービス全体を見て、サービス設計をする力がついた点です。ビジネスモデルに合ったインフラ設計をしないと、ここぞ!という大事な要素が落ちてしまいます。アプリだけでなくデータセンター構造などシステム外にまで気を配る重要性を学びました。
運用まで考えてサービス設計するスキルが付いてきたので、関連する大事な業務を任されることが少しずつ増えてきました。

ただ、もともとサービスが作りたいという思いのあった自分にとっては、どこか物足りない職場環境だったのも事実でした。もっとスキルを上げたいという想いが強くなり、転職を決意しました。

2社目とは、ちょうどサービス設計ができる人材を募集しているタイミングでご縁があり、入社を決めました。今のクラウドサーカスと同様、これまで外注していたところを内製化するため、新規部門の立ち上げメンバーの1人として働くことができたのです。

入社当初はインフラ・PMの業務を任されることが多かったのですが、その業務とは別に、社内で誰もが新規事業の企画立案ができる環境があったため、AR系の事業提案を試みました。はじめは通らず、1年後に再度提案したのですが、結局はプロトタイプがないと、プロジェクトを進めるのは難しいということがわかりました。少しずつ進んでいくなかで、ARを本職にしたいと思うようになり、そのタイミングで3社目への転職を決意しました。

3社目にはプロジェクトマネージャーとしてジョインしましたが、入社後すぐにARの機能は全体の一部だけだったということが判明しました....また、職場環境的にもより積極的にチャレンジしていく社風を求めていたため、10ヶ月ほどで再度転職をしました。

そして、4社目に選んだのがクラウドサーカスです。現在はARサービスのプロダクトマネージャーを担当しています。

COCOAR(アプリダウンロードはこちらから→ https://www.coco-ar.jp/service/app/

LESSAR(Webから使えるAR→ https://less-ar.jp/


ーー なかなか面白いキャリアを積み重ねてこられたなと思うのですが、多田さんが考える「キャリア設計で大事なこと」は何ですか?

なんとなくですが、3つあると考えています。

1. 自分のスキルアップが見込めるかどうか
仕事内容によるところもありますが、特に大事だと考えているのは、周囲の仕事へのモチベーションです。成長意欲の高い人が周りに多ければ、自分も刺激を受けてより成長できると感じているので、職場環境はとても大事だと考えています。
2. 会社に柔軟性があるかどうか
その会社が旧態依然としているのか、それとも柔軟に変化する会社なのかは、事業担当者や外部に露出される社員の方の年齢、製品リリースのタイミングなどを見ているとわかると個人的には思っています。
3. 自分のやりたい事業かどうか
やりたいと思える事業や業界、領域に出会うことは難しいですが、それでもそれを見つけるために努力し続けることが大事だと考えています。

それは決して簡単に見つかるものではなく、ふとした瞬間に見つかるものかもしれません。だからこそ、技術だけでなく、世の中のもっと抽象度の高いことに興味を持つことも大事だと思います。

「自分のやりたい事業がわからない」という方も多いと思いますが、自分の根底にあるのは、「世の中に広がるプロダクトを作って、めちゃくちゃスケールさせたい」という想いです!

この想いは、プロダクトマネジメントをしている方や今後する可能性のある方、プロジェクトマネジメントの素養がある方も、共通して持っている想いだと思います。

だからこそ、少しでも「プロダクトを開発して、グロースさせたい」という想いがある方は挑戦してほしいと思います。

最後に

募集職種のお知らせです!
弊社では、各プロダクトにおいて開発ディレクターやプロジェクトマネージャー、プロダクトマネージャーのポジションを募集しております。
今後、更なる成長をしていくクラウドサーカスで、事業とプロダクトの成長を一緒に推進していきませんか?!

ご応募お待ちしております!

クラウドサーカス株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings