1
/
5

【イベント】アメリカの学校で見た衝撃。「これからの日本の教育」を考える会を6/16に実施します!

「日本の教育はどうあるべきか」

当社代表の大濵 と 当社OBである株式会社tyotto 代表の新井さんは、先日アメリカのNueva SchoolとHigh Tech HighというPBL(Project Based Learning)やSEL(Social Emotional Learning)をメインとする学校を訪問し、今回はそこからの学びを共有すべき、イベントに登壇いたしました。

元々は自社事業の参考にする目的で敢行されたツアーでしたが、「日本で教育に興味のある方、教育従事者の方にとっても参考になる内容なのではないか?」と思い、本イベントを企画するに至りました。

現地で見た内容を報告し、参加者の方たちと今後の日本のあるべき教育について考える会にしたいと思っております。

こんな人におすすめ

・教育に関心のある方
・PBLに関心のある方
・SELに関心のある方

イベント詳細

▼日時
2019/06/16(日) 13:00 – 16:00

▼場所
TIME SHARING五反田
〒141-0031
東京都品川区西五反田1-17-3plaza square 五反田4F
(JR五反田駅西口 徒歩4分)
https://goo.gl/maps/uev5LwQ2PQBa68sr6

▼参加費
【社会人】
参加費:2,000円
※当日現金で徴収いたします
【大学生、高校生】
参加費:1,000円
※当日現金で徴収いたします

▼当日の流れ
12:45~ 会場
【Nueva Schoolについてのプレゼンテーション】
SELを柱とした教育を創っているNueva Schoolを見てきて感じたこと、日本の学校との違いなどについて登壇者が共有し、これからの日本の教育について発表します。

【High Tech Highについてのプレゼンテーション】
公立高校であるHigh Tech Highを見てきて感じたこと、日本の学校との違いなどについて登壇者が共有し、これからの日本の教育について発表します。

【質疑応答】

▼お申込み方法
https://forms.gle/B6QaTkGfJ82r6e2J7
※上記URL先のフォームよりお申し込みください。

講演者のプロフィール

【株式会社クルイト代表取締役CEO 大濱 裕貴】

大学在学中、カンボジアでの起業をきっかけに世界の社会問題の実態に衝撃を受ける。社会問題を解決するのは人であり、人を作るのは教育だと確信し、教育事業での起業を決意。2013年にクルイトの前身となる会社を設立。
Facebook:大濵 裕貴
Twitter:@ohama_yuki

【tyotto Inc. CEO / i専門職大学 客員教員 / 高校改革アドバイザー 新井 光樹】

現在24歳。中学2年生のとき、セドリで利益を出したことがきっかけとなりビジネスに興味を持つ。高校在学時のある先生からの一言がきっかけとなり教育に関心を抱く。現在は自律マインドを身につけ、大学進学後のキャリアマネジメントを軸とした独自ブランドの高校生専門塾を運営しつつ、自塾のノウハウを他塾に提供する事業も行なっている。2020年開校予定のi専門職大学では客員教員就任を予定しており、川崎市の高校改革にも携わっている。
Facebook:Koki Arai
Twitter:@tyotto_arai

株式会社クルイト's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more