1
/
5

インターン生がharmoエンジニアに業務内容を聞いてみた!

パソコンが苦手なインターン生が、パソコンのプロであるharmoエンジニアの斎藤さんと市岡さんに、業務内容について聞いてみました。果たして内容はしっかり聞き取れたのでしょうか…?

――harmo事業に参加する前までは、どのような仕事をしていましたか?

市岡さん:
ベンチャー企業にて、フロントエンドエンジニアとして働いた経験があります。
実は私は業務委託でharmoに参加させていただいており、上記の仕事は現在も行っています。フロントエンジニアとは、アプリなどの見える部分を扱うエンジニアのことで、特にユーザーの悩みを解決していくような仕事です。

斎藤さん:
メーカーにて、プリンターのクラウドサービスのバックエンドエンジニアをしておりました。バックエンジニアとは、データを保存したり、渡したり、認証したりするようなことを扱うエンジニアのことです。バックエンドは対システム、フロントエンドは対ヒトと考えれば分かりやすいかもしれません。


――とても分かりやすい説明ありがとうございます。

数ある会社の中から、harmoに入るきっかけは何でしたか?

斎藤さん:
Wantedlyのおすすめ企業一覧にharmoが出できたのがきっかけです。
エンジニアとして何か残していきたいという想いがありましたので、「エンジニアリングで医療を変える」というフレーズに興味を持ちました。
入社の決め手は、プロダクトに対して一人ひとりがしっかりと意見を持っていることが伝わってきたことです。実際にメンバーとお話をして、事業に対する真摯さに惹かれました。
また、石島さんがやろう!と言ったら皆がそれぞれの意見を交換しながら協力して取り組んでいくという雰囲気が伝わり、この人についていくのがふさわしいと感じました。

市岡さん:
私は斎藤さんの誘いがきっかけです。斎藤さんとは以前から友人であり、他の企業で副業をしてみたいという気持ちもあったため、業務委託という形で参加しています。
入社の決め手は、社内メンバーの仲が良いことです!エンジニア、営業など職種関係なく仲が良いということは、先ほどもお話したように、仕事を効率よく進めることができます。

斎藤さん:
コミュニケーションスキルが高い人が多いですよね。接しやすい方が多いので、仕事がしやすいです。

――harmoの雰囲気には、皆さんの接しやすさが関係していますよね。

斎藤さん:
そうですね。エンジニアだけでも15人ほどいますが、いろいろな専門を持っている方が多く、個性豊かです。さまざまな視点で議論することができています。

市岡さん:
話しにくいような人はいないので、他の方より出勤数が少ない私でも、分からないことがあればすぐに質問できるのがいいですね。

斎藤さん:
最近はリモートで作業することも多く、コミュニケーションを取る上で課題だと感じる時もあります。そのために、出勤回数をできるだけ増やし、こまめにミーティングをしています。リモートよりも実際に会ったほうが、お互いの体調なども分かると思いますしね!

――現在の仕事について教えてください。

斎藤さん:
現在、エンジニア全体では、次世代システムに向けての設計、開発を行っております。
自身としては、これまでの構成を刷新してクリーンアーキテクチャとTypeScriptを導入して、開発の方を進めております。アプリケーションだけではなく、インフラ周りも刷新して、AWSのマネージドサービスを幅広く使っており、メインでECS(Elastic Container Service)を導入しコンテナベースで開発しています。

市岡さん:
フロントエンドの開発をしています。Next.js (Reactのフレームワーク) とTypeScriptを用いたSPA (Single Page Application) の開発をしています。また、figmaを用いた画面設計にも一部関わっています。
現行のシステムはタブレットのネイティブアプリとなっており、次世代システムではウェブアプリに置き換えを進めています。これは、医療機関側の金銭的・物理的な負担を削減することを目的としています。ユーザー体験向上のために、表示速度の最適化も行っています。


インタビューをしたスペースは景色がとてもよく、気分転換になりそうです。


――他社のエンジニアと比較して、harmoにはどういった特徴がありますか?

斎藤さん:
同じフロアでエンジニア、営業がいるのは大企業の中では珍しいと感じます。他社ですと、他部署と話す機会がないことも多いからです。話す機会がないと、自分が何を創ればよいのかが分からなくなってしまうことがあるため、harmoのこの環境はとても仕事がしやすいですね。

市岡さん:
お客様に近い立場で聞ける、ニーズに合った解像度の高いことが聞ける、そういった点でやりやすさを感じます。例えば、harmoメンバーには元薬剤師の方がいるため、薬剤師目線で話が聞けることが良いなと思います。シミックがヘルスケアの会社なため、ユーザー目線で考えることができるのは嬉しいですね。

斎藤さん:
本当に欲しいモノの方向性に気が付けるのはメンバーの距離が近いharmoならではだと思います。

市岡さん:
「使う人」と「創る人」が近いと良いものができると思います。

例えば…
役所で提出する紙に色んな種類があり、書く項目も多いですよね。何を書いたらいいのかわからない項目が多く、役所の方に聞きに行くこともあるかと思います。この場合、書く側も使う側(役所の方)も手間が発生してしまうため、お互いに不幸が発生します。

お互いの意見を聞き、それらを取り入れれば、より良いものが生まれると思うのです。
こういった点で、エンジニア以外の方と話す機会が多いとその分、良いものができると思います!


開放感のあるオフィスなため、話しやすい環境が生まれそうですね!

――harmoで働いて良かったことは何でしょうか?

斎藤さん:
自分たちのプロダクトに対して同じ想いを持って働けることはすごく嬉しいです!本気で向き合っているのはいいなと思いますね。
また、エンジニアだけでなくビジネスサイドの人とも話しやすく、様々な視点でプロダクトを観られるということが、自分にとっては新鮮でした。

市岡さん:
サービスのペルソナとなる人と一緒に仕事ができるのはとても良いなと感じています。元医療従事者がそばにいて仕事ができるのはharmoならではだと思います。
また、業務委託として他社で働くことで、色んな学びがあります。色々な場所で働くことで、色々な経験ができていると感じています。

――最後に、これからの目標を教えてください!

斎藤さん:
まずは、次世代システムをリリースすることです!
そして、実際にharmoを使っていただくことで、医療がより良くなって欲しいと願っています。

市岡さん:
技術的な信頼をはじめとして、それ以外の信頼も築いていきたいです。
この人に任せても大丈夫、サービスの価値を考えられる、そういうような人になるのが目標です。

インタビューを終えて

エンジニアの方は、常にパソコンと向き合っているイメージでしたが、インタビューを終えてからharmoのチームを見渡すと、エンジニアの方々は常にディスカッションをしているのを何度も見かけました。
「使う人」「創る人」が近いとはこういうことなんだなと改めて感じました。
次世代システムのリリースが楽しみです!

シミックホールディングス株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings