面談前に読んでほしい!~ホールディングス編~

こんにちは!ココン株式会社 人事の小高(おだか)です!
先日フィード記事にてグループ会社の求人紹介をさせていただきましたが、Wantedlyさんからフィード記事で他社求人を紹介することについてご指摘をいただいてしまいましたので、本日はココングループにおけるココンの役割、支援体制についてご紹介させていただきます。

採用面談の際に候補者の方からも「人工知能・サイバーセキュリティ」の会社と思われていることが多いのですが(もちろん間違ってはいません)、ココン社はホールディングス会社です。
グループ会社の中に『AI』『サイバーセキュリティ』『デザイン』など様々な領域の会社に参画いただいており、弊社はこれらグループ会社が成長するための支援をすることがミッションです。

グループ会社に最高の成長環境を提供します!

大きく3つの役割に分かれています。1つはM&A及びファイナンス、2つ目はPMI、そして3つ目が採用などのコーポレート周りの部門です。

1つずつ説明するとM&Aの部門は、その名の通り株式を取得して、グループとのシナジー効果を発揮させる部門です。業務内容はソーシングといういわゆるターゲットになり得る企業のリサーチから始まり、ターゲット企業がココングループに入った際にどうような形で成長できるかという絵を描いて、それらを提案として持っていきます。提案先企業にご納得いただければめでたくココングループの中に入って頂けるというのが一連の流れです。

2つ目がM&Aした企業をバリューアップするため、いわゆるPMIの部門です。PMIにも大きく2つのアプローチがあります。1つはM&Aした企業の取締役、場合によっては代表取締役などの幹部陣としてグループ企業の経営面から支援するケースがあります。もう1つは大手企業との座組を事前に作り、プロジェクト単位でグループ企業の支援を行います。
例えばセキュリティ関連の会社に対しては大手自動車メーカーとの協業だったり、先端的な研究の案件をココンのPMIチームが獲得し、プロジェクトとしてグループ各社にお渡しするようなこともしています。

最後がコーポレート周り、バックオフィスと言われる機能をホールディングス側に集約しています。
私の所属する人事・労務や、経理、法務、総務、広報、インフラなどがあります。
各部門、「グループ会社にとって、最高の成長環境を提供すること」をミッションに、外注先のようなかかわり方ではなく、積極的な支援をすることで内製化では実現不可能な価値を提供しています。

ココンの環境は厳しい?

ココンの特徴はグループ会社に対して、強いガバナンスを効かせないことが挙げられます。
具体的な例としては就業規則や働き方、福利厚生なども各社全く異なります。基本的にグループ会社のやりたいことをやらせる、しかしグループに入る前よりも働きやすい環境を提供できるような支援を心がけております。

その結果、全く異なるカルチャーの10社が集まっており、各社の支援をすることで同時に10社に務めるような経験を積むことが可能です。その反面、カルチャーが異なること、グループ各社を尊重する支援体制による各社とのコミュニケーション難易度は非常に高いですが、他のどの企業でも経験できない、ココンならではのスピーディーな成長、挑戦できる環境を提供することができます!

HPや求人では伝えきれていない事業内容や、細かい業務についてもこのフィードを通して少しでも知っていただき、ココン、およびココングループで働きたいと思っていただける方が増えてくれるととても嬉しいです!

ご応募お待ちしております!

ココン株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more