1
/
5

リモートワーク導入6週間、ココネのリモート環境下の取り組みまとめ


ココネ株式会社の東京オフィスでは、2月25日以降全社員(雇用形態問わず)自宅でのリモートワークへ移行しています。
リモートワーク下での取り組みについて、記録も兼ねてまとめてみたいと思います。

ココネがフルリモートになるまでの経緯

2/25:リモートワーク推奨体制となる

これまでもエンジニアで月4回までのリモートの試みはしていたものの、あれよあれよという間に全社員がリモート勤務の準備を整える。
ただ、フルリモートに入る社員はまだ少なく、出社とリモートを半々ぐらいの社員が多かった。


3/26:リモートワーク体制を強化、原則リモートへ

都の会見が行われてすぐにリモート指示が出て、以降原則出社禁止に。
入社式も延期で、20年新卒の8名は4月1日より自宅でのリモートワークへ。
今のところ5月末までは現状の完全リモート維持の予定。


使用コミュニケーションツール

比較的多くの会社で取り入れている方法かもしれませんが、ココネでも下記の2つのツールをメインにコミュニケーションを取っています。

コミュニケーション手段:slack
MTG&面接:Google Hangouts

もともとGoogleカレンダーを使用していたので使える環境ではあったものの、急速に認知度があがったGoogleハングアウト。採用面接でもフル活用できて便利です。


ココネリモート下での取り組みいろいろ

☆リモート全社集会を開催

3/26以降原則出社禁止となって1週間ほど経った4/3にフルリモート環境での全社集会が行われました。
社長・役員の最小限の人数で、ソーシャルディスタンスを取りつつライブ配信形式で開催。
(ニャッホ、リス吉にもマスク!)



全社集会の方法

Googleハングアウトのライブストリーミング機能
https://support.google.com/meet/answer/9308630?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja
(視聴専用であれば10万人まで設定可能!)

・ストリーミングでのコミュニケーション方法

slackに#全社集会onlineチャンネルを作成


視聴側が聞くだけではなくて、slackを通じて発言することによって双方コミュニケーションを取れていたので、おすすめです。

新入社員の新メンバーも自己紹介をしたり、大量の入社おめでとうコメントや大量のスタンプで歓迎の気持ちを表したり。(ちょうど社長の誕生日でそれもみんなで祝いまくったり)

このGoogleストリーミングとslackの組み合わせを、みんな口々に「IT企業っぽいね」って言ってたのがよかった。ニコ生感があり、なによりオンラインでも一体感が生まれたのも良かったと思います。


☆健康士によるWEBトレーニング開催

特徴的な取り組みの一つとして、社内健康士によるWEBトレーニングがあります。
リモートワークで更に運動量が減るのを防ぐため、webレッスンを毎日開催中!
・朝の瞑想&ストレッチ
・みんなで筋トレ(運動いろいろ)
・デトックスストレッチ
・代謝UPエクササイズ など

こんな感じで毎日当日の案内がslackで届きます。




開催の様子はこんな感じ。運動不足の毎日に一筋の光!




☆カルチャー改善チームによる「スバッと質問箱」

運動だけでないコンテンツも配信中です。お昼休憩時間に配信される「ズバッと質問箱」。
社長が直に社員の質問に答えてくれるという距離感の近さ!


☆リモートワークのトラブルを解消するslackチャンネルも用意

オフィスにいたらすぐに相談できることもリモート環境下だと対処に困る…
そういう事態を想定してインフラ部門が主導でslackチャンネルを設置。

#リモートワーク相談窓
#新入社員相談窓


特に #新入社員相談窓 はヘルプデスク・労務・メンターが加わり、初日からリモートの新入社員がいつでも小さな質問が出来る様に多方面からサポート体制を構築して、スムーズに業務に入ることができていました。


こんな形でITの力をフル活用してココネのリモートワークは支えられています!

最後に:リモートワークの耳回り事情

リモートワークに音楽やラジオが欠かせないという方も多いのではないでしょうか?
私は比較的リモートワークが全然大丈夫なタイプなのですが、やはり人とのコミュニケーションが少なくなり孤独感やさみしさを感じることも多いと聞きます。

しかし、お気に入りのプレイリストもさすがに聞き飽きてきた(何度目だサチモス)ってなってきたりしませんか?

ココネでは『#私を布教して』という声のみの配信アプリをリリースしています。



LIVE配信するライバーとリスナーがメッセージを送りあったり、お気に入りのライバーに対してギフトを贈って応援するなど、声と音でリアルタイムに繋がることができる配信系のコミュニティアプリです。
もちろん聞き専も大歓迎。

歌や演奏、ラジオのパーソナリティ風のトーク、ひとり語りなど、ライバーの個性を魅せる音と声による様々なスタイルのコンテンツが配信中です。

コロナウィルスで大変な中ですが、ココネは社名の由来でもある<心ー言葉ーネットワーク>を駆使してサービスをこれまでと変わらず提供できるよう活動を続けていきます!

ココネ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more