1
/
5

SUNNYSIDE日記Vol.21「10周年」

SUNNYSIDEの日々を広報担当者が書き綴るSUNNYSIDE日記。会社のことを出来るだけそのままお伝えします。良いところも悪いところも、できる限りそのままオープンに伝える。等身大の私たちの様子を知ってもらうことで、共感する方や一緒に働く仲間と出会えたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

3月13日

いよいよ春めいてきましたね。香川県ではコート無しで歩く人の姿を見かけることが多くなりました。暖かくなるだけでこんなに気持ちよかったっけ…。毎年のように感じている太陽のありがたみを、例に漏れず今年も感じている今日この頃です。

さて、3月1日でサニーサイドはひっそりと10周年を迎えました。みんなで集まって円陣組んだり、パーティしたりすることもせず、いつも通り淡々と、「えー、今日から10周年なので、みんなよろしく」的な多田さんの言葉で11年目の幕が上がりました。サニーサイドらしいスタートです。

淡々とスタートした10周年ですが、今年は(今年も?)各事業でいろんな変化がある年になると思います。まずはクリーン事業部。3月1日から新しい現場が増えました。丸亀にある大きなビジネスホテル。これまでの積み重ねをご評価いただき、新たに現場をまかせていただくというのは、本当にありがたいことです。どうしても新しい現場というのは、準備もバタバタしますし、業務が始まってからもしばらくは落ち着かない日々が続きます。2週間近くたって、ようやく現場のみなさんも要領を掴んできた頃ですね。まだまだ気を緩めず、一生懸命に取り組んで、ご期待以上の仕事ができるように、頑張りたいと思います。

農業でも変化がありそう。昨年までは、少ない品種の野菜を丁寧に作って、本当に美味しい野菜をつくるための知見を貯めるような期間でした。今年の夏からは品種をグッと増やしていこうと考えています。ようやく「Sunnyside farmらしい野菜の作り方」が形づくられ、同時に、農業に取り組む仲間も少しずつ集まってきました。新しい野菜に挑戦するための基礎が整った感覚です。より多くの、そして美味しい野菜を作ることで、より気軽にみなさんに召し上がっていただけるような農園を目指そうと考えています。「Sunnyside farmの作る野菜は、どれも美味しいね」そう感じていただけるように、日々野菜に向き合いたいと思います。

Sunnyside farmの詳細はこちら↓
Sunnyside farm公式サイト

プログラミングスクールも新しい試みが始まります。これまではタミヤさんの教材を使わせていただき、授業を行ってきました。次の4月からは、いよいよオリジナルのカリキュラムがスタートします。それも4校同時に(果たしてできるのか!?w)。こちらも農業同様、ノウハウが貯まってきたことや仲間が集まってきたことが相まって、新しい取り組みにチャレンジできるような格好です。これまでも子どもたちに真剣に向き合ってきただけあって、すでに多くの方からお申し込みをいただいています。本当にありがたいです。今後も子ども一人一人に向き合って、暉く力を育んでいきたいと思います。

Sunnyside Programming Schoolの詳細はこちら↓
Sunnyside Programming Schoolパンフレット

この他、ホステルでもNPO法人でも様々な変化があるでしょう。その様子は追々、こちらのブログでお知らせさせていただきたいと思います。最後に、この10周年を期に0から始める新しい事業について、少しだけご紹介させていただければと思います。といっても、まだまだ公開できる情報は多くありません(勿体ぶっているわけではなく、実際にまだあんまり決まっていることが多くないのです。笑)。それでも、胸を張って言えるのは、「とっても面白い事業です」ということ(ぼんやりすぎて怒られそう…)。「一体何するねん!」というツッコミにお答えすべく、多田さんが10周年に寄せたメッセージを最後にお伝えさせていただいて、本日のブログは締めようと思います。みなさん最後まで読んでいただきありがとうございました。10周年事業についても、今後どんどん情報発信していきますので、どうか楽しみにお待ちいただけますと幸いです。またお会いしましょう。

2021年3月1日、サニーサイド、10周年を迎えて

「個性が共生し調和が発展を生む」
この理念のもと、個性的な仲間たちと様々な事業を行ってきました。1つ1つはまだまだ小さいですが、日々丁寧に紡いでいます。その過程の中で、お客様から、仲間から、そして、私たちを取り巻く環境から、私たちが幸せに生きるうえで、大切な3つのことを教わりました。

「誰かを思いやること」
「好きなものを好きでいること」
「自然に感謝すること」

当たり前のことだけれど、忘れてしまいがち。シンプルだけれど、難しい。普通だけれど、特別なことばかりです。

そして、節目となるこの年。太陽の輝きと緑に囲まれた田園風景、正面に金比羅山を望む、自然あふれるまんのうの地において、みんなに開かれた公園のような場所をつくりたいと考えています。
個性的な仲間たちと歩んできた10年間が教えてくれた大切なことに、真正面から向き合い、カタチにしてみようと思うのです。

それはきっと、さまざまことが急速に変化する今という時代にありながら、自然や人にとっての不変的な価値づくりにチャレンジする、途方も無い実験になると思います。途方も無い実験を個性的な仲間と共に楽しんで、多くの人から「ありがとう」と言ってもらえるような場所に育てていきたいです。

10年間、お客様をはじめ、サニーサイドをご支援くださった皆様に、深く感謝申し上げます。これからもたくさんのチャレンジを重ね、皆様のお役に立てるように邁進してまいります。今後とも変わらぬご理解、ご指導をいただきますようよろしくお願いいたします。

株式会社 サニーサイド
代表取締役社長 多田 周平


株式会社サニーサイド's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more