1
/
5

ベトナム、コロナロックダウン中のリモートワークの様子をレポートします。

シンチャオ、BAの高橋です。
いつ収束するかわからないコロナ期間、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

ベトナムでは4月1日から全国的な社会隔離政策として、飲食店の閉業やデリバリーの全面禁止措置が取られ、24日時点で8日間連続で新規感染者ゼロ。早い段階で、コロナの封じ込めに成功しました。
こうした厳格な社会隔離政策により、ベトナムはコロナ対策の優等生と呼ばれ、世界的にもその迅速な対応が評価されていました。

コロナ収束を迎えた後は、景気回復の一貫として国内旅行が促進され、私も休日を利用してハノイやホーチミンに旅行に行ったりと、コロナ前の平和な日常が徐々に戻って来ていた矢先。。。

国内コロナ新規感染者99日間ゼロ、100日を目前にした7月25日になんと、私の暮らすダナンで1名の感染者が出てしまいました。

私は丁度その時、ホーチミンに旅行に来ており、1名感染者が出た事はニュースで知ったものの、そこまで大事には捉えていませんでした。しかし、ダナンに帰る7月26日の朝、大家さんから

" Please go back home ASAP, Danang city begin social distance from Tomorrow "

とメッセージが来た時は、ベトナムの危機意識の高さと対応の早さに驚きました。

ベトナムのすごいところは、目標期間を設定して、その間に徹底的な対策をする事です。
私は8月3日現在、この記事をダナンの自宅で書いているのですが、市中感染が報告された7月25日から1週間の間に政府から発表された第二波コロナ対策とそれに対する会社の対応を時系列で見ていきたいと思います。

———————————————————————————————————————————————

【 7月25日(土) 】
ダナン市在住の男性がコロナ感染 99日ぶりの市中感染

【 7月26日(日) 】
★新規感染者 2名 27日からダナン市の社会隔離発表
会社 : 全体Slackにて、社会隔離のお知らせと27日(月)からリモートワーク準備のお知らせ

【 7月27日(月) 】
★新規感染者 11名 
・午後から実質的なロックダウン Directive 16発令 :バーやカラオケの営業停止
・会社:午前中は各種リモートワークのセットアップ(VPN設定等)やPCピックアップで会社に来るメンバーがいたものの、午後からはほとんどの社員がリモートワークスタート

【 7月28日(火) 】
★新規感染者 15名 ダナンの市中感染は変異型ウイルスと判明
25日からの合計30名 ( ダナン:26 クアンナム省:4 )
・各種ダナン発着の交通機関の停止(15日間) : ダナン封鎖 / レストラン・ジムの営業停止
・会社:弊社社員約300名のうち、20名程しか会社に出勤していない状態

【 7月29日(水) | 30日(木)】
★新規感染者 13名 ( ダナン: 8 ハノイ: 2 ホーチミン: 2 ダクラク省: 1 )
・13時よりデリバリーサービスの全面禁止。

【 7月31日(金) | 01日(土)】
ベトナムで初のコロナ死者。両日で死者計3名。
・ダナン-ホイアン間の道路封鎖

———————————————————————————————————————————————

1週間のうちにこんな厳格な隔離政策を実行するベトナム、すごいですよね。

日本や世界に比べれば、感染者数は圧倒的に少ない方ですが、医療体制が弱い事を政府が理解しているからこそ、事前の封じ込みと経済打撃を度外視した徹底的な対策が行われているのだと思います。
スーパーや市場は開いている為、日用品の買い出しに街に出るのですが、いつもはバイクでごった返している通りが閑散としており、店のシャッターもすべて下りている状態で、危機感が街全体の様子を通して伝わってきます。

 
 そして肝心のリモートワークですが、弊社はオフショア開発の会社で、普段から日本のクライアントとは遠隔でやり取りしている為、仕事スタイルに大きな変化はありません。最近は日本のクライアント側もリモートワークを導入している為、会議に参加する全員が自宅からのリモートです。

重要なのは、普段会社でやり取りしているベトナム人メンバーとのコミュニケーションをどのようにとっていくかです。前回のコロナ時のリモートワークの経験もあり、今回は割とスムーズにリモート体制に切り替えられたように思います。

前回から継続して取り組んでいるのが、毎朝15分ほどのMTG+Slackで各メンバーの前日行ったタスク+今日行うタスクを報告してもらう事。お互い同じ空間で仕事をしているわけではないので、コミュニケーションを普段よりも密に、進捗管理をマメにする事を心がけています。


コロナでリモートワークになる前から実施していたのですが、クライアントを交えた朝会を毎日実施し、個人の進捗と進める中で直面している問題を共有し合う場を設けたり、チームリーダーに毎朝Slackでメンバーが昨日行った事・今日行う事の詳細を報告してもらっています。

最初は、リモートワークになる事でプロジェクト全体のモチベーションや業務効率が下がるのではないかという心配もあったのですが、リモートワークだからこそチームメンバー1人ひとりがより密に連携をとろうという意識が強くなっているように感じます。私は、仕事とプライベート空間をできれば分けたいタイプなので、ずっと家で仕事をしているとたまには会社に出社したいと思うのですが、コロナで働き方の見直しが行われる昨今、状況に合わせ柔軟に対応していく事が何よりも大切な事だと学びました。


今回はロックダウン中のベトナムダナンの状況とリモートワークの様子をレポートしました。
コロナが1日でも早く収束し、元のダナンに戻る事を祈っています。


この記事を読んで少しでも弊社に興味を持っていただいた方はぜひ下記リンクも御覧ください!

▼弊社ホームページ

https://asiantech.vn/?language=ja

▼弊社募集要項一覧

https://www.wantedly.com/companies/company_1827802/projects

Asian Tech Co., Ltd.'s job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more