1
/
5

What we do

特産品である貴重な国産ライチをブランディング。1粒1000円の贈答用品として、また都内高級フルーツカフェや割烹店の食材として注目を集めるに至りました。
特産品の販売を通じて得られた利益を人財育成に投資。将来を担う世代に起業の機会を提供したり、町の子どもたちの学びの場づくりを行なっています。
【1粒1000円のライチが生まれた町】 私たちは、持続可能な地域の実現を目指して2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、行政では成し得なかったスピード感で『特産品販売』と『起業家育成』を行いながら地域経済の創出に取り組んでいます。 【移住者がどんどん活躍しています】 新富町には13名(令和2年4月時点)の地域おこし協力隊が町外から集い、商品開発や教育プログラム開発といった自ら立てたミッションの達成に取り組んでいます。加えて、地域の若手農家や事業者らが彼らとタッグを組み、ときにはサポートしたり、ときには同じチームの一員として協働しながら、新商品やサービスの創出にチャレンジしています。 【ふるさと納税も累計50億円を超えました】 新富町ふるさと納税の運営を通じた農産物の販売促進を行っております。私たちは、それらの利益の一部を、街のリノベーションや地域経済の担い手となる人材の育成に投資しています。 【行政もバックアップ】 その移住人材と地域人材の間をとりもっているのが、こゆ財団です。新富町役場やJA、学校といった町内のさまざまな機関とも連携しながら、一方で県外の企業や教育機関、ビジネスの最前線を走るリーダー人材らとつながり、新しい時代を切り開くビジネスのタネを宮崎県新富町に創出しています。

Why we do

新富町の主要な産業は農業ですが、高齢化や担い手不足が危惧されています。こゆ財団では農業が持続可能となるだけではなく、農業が稼げる仕事として価値を高められるよう、農産物の販路開拓や人材の育成、先進農家から学ぶ場づくりを積極的に実施しています。
日経MJの一面全面に掲載。1粒1000円ライチで稼ぎ、移住者が増えている事例が全国メディアで掲載。ユニリーバやANAとの連携も話題になりました。
【持続可能な街づくりを目指して】 SDGs(エスディージーズ:国連が採択した「持続可能な開発目標)の各目標に示されている通り、持続可能な地域には、経済、社会、環境の3つの側面のバランスが重視されています。 【スマート農業の先進地】 新富町では、移住してきた人が、地元の農家と連携してパパイヤなどの生産を行っております。またその加工品を活用して新規事業が生まれています。スマート農業の企業が集まり、テクノロジーを活用した農業も進行しています。 【ユニリーバやANAと連携も】 私たちの事業は、地元宮崎だけではなく東京も連携して行われています。ユニリーバやANAなどの大企業と連携して、社会課題の解決に取り組めることも一つの魅力です。

How we do

画像はANAの皆さんが東京圏の高校生を対象に、旅をしながら学ぶ新しい学びのプログラムを宮崎県新富町を舞台に実施したときのものです。新富町では地域と連携を図りたい大企業との新しい取り組みが多方面で進んでいます。(画像引用:ANAwebサイト)
毎月第三日曜に新富町商店街で開催している「こゆ朝市」。普段は閑散とした商店街に、約35店舗の出店者と平均500人の人出を創出。ワクワクする町の姿を子どもたちに発信しています。
【慶應大学の前野教授の幸福学が行動指針】 こゆ財団の行動指針は、慶應義塾大学大学院SDMの前野隆司教授(実際に新富町にも来訪いただきメンバーとの対話やゲスト講演をしていただくなどの経緯あり)の「幸福の4因子」にもとづいて設定しております。 ■幸福の4因子で幸せに働く 幸福の4因子とは、やってみよう・なんとかなる・あなたらしく・ありがとうで、仕事へのチャレンジ、個性の尊重、感謝の気持ちを忘れずに業務に取り組むことを重視しております。 ■多様なメンバー こゆ財団のメンバーは、新富町役場から出向している職員や、民間企業から参画した者、Iターン移住者など多彩です。平均年齢層は30代で、幸福の4因子を常に意識しながら、日々新しいことにチャレンジしています。 【第3日曜日にフリーマーケット朝市】 また、そうしたチャレンジがワクワクできる町をつくるとの考えから、こゆ財団のメンバーを中心とする町の大人たちの手でふだんは閑散とした商店街に月1回にぎわいを生み出す「こゆ朝市」の運営や、地元の小学生に向けて活動を説明する機会を設けるなどして、町民と一体となったまちづくりを進めています。 【ミュージカルも開催しています】 新富町は町民が出演するミュージカルが十数年にわたって上演され続けていたり、町の中心部に立派な図書館や多目的ホールなどを備えた複合施設があるなど、文化的な環境が充実しています。 【一緒にチャレンジしませんか】 こゆ財団は、2040年には現人口(2020年:1万6600人)からマイナス3000人となると予測されている町の現状をふまえ、「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもとでお金を稼いで人財に投資をし、「強い地域経済をつくる」という使命を実行して将来にわたって住み続けられるまちを実現します。