1
/
5

【インタビュー】マーケティング担当河野さんに聴く、UFと田所代表の魅力とは

今回は、ユニコーンファームのマーケティング担当として活躍されている河野さんに、ユニコーンファームと田所代表の魅力、ご自身が大切にされている価値観などをお伺いしました。


河野さんの現在の働き方と、ユニコーンファームでのお仕事について改めて教えてください

河野浩良(以下:河野):ユニコーンファームには2年前からJOINしています。普段は会社員をしておりまして、早朝や晩の業務外の時間を活用して関わっています。

昨年は、コミュニティマネージャーとしてユニコーンファームのオンラインサロンの立ち上げと運営に携わり、アクティブ会員数は250名程まで伸びました。毎月のイベントの開催や、田所の動画やスライドがアップデートされる際に、そのプロモーションに携わってきました。

直近のユニコーンファームでの仕事は、ウェブ領域含めたマーケティングを担当しています。具体的にはユニコーンファームのコンサルティング案件の獲得、オンラインサロンメンバーや、スタートアップ経営者塾の申し込み獲得に向けた施策を実行しています。

2年前と比較するとユニコーンファームの人員も増えてきています。今は広報の羽幡と共にマーケティング領域に携わっています。自分が対応出来ないところは羽幡が対応してくれています。

しかしユニコーンファームは組織としてはまだ小さな状態です。課題もありますので、皆が単刀直入に議論し改善に向けて行動に移しています。


河野さんがユニコーンファームにJOINされたきっかけを教えてください

河野:田所がフェイスブックでメンバーを募集していた際に即行で応募しました。元々田所と接点はありませんでしたが、SNSでの発信をチェックしていましたので田所のことは存じ上げていました。応募したらすぐにレスが来ましたので、心躍る気持ちになりました。

その後すぐに面談の機会をいただき、その際田所へプレゼンも実施しました。そして今に至ります。

もともと新規事業開発に興味がありましたし、田所に共感する面も多々ありました。彼が持つ実践知の体系化力に魅力を感じていましたし、機会があれば是非一緒に働きたいと思っていましたので、この縁はとてもありがたいと感じています。


河野さんが感じる田所さんやメンバーの魅力について教えてください

河野:田所は新規事業だけではなく、事業開発さらに事業成長に向けた実践知の体系化、メソッド化、物事の抽象化、構造化まで行える所が本当に凄いと感じます。

先日も300ページを超えるclubhouseのスライドを作成していました。圧倒的なスピードと量をこなします。ここまでされると鬼才とも言えます。

田所の人柄については懐が広く、一緒に働く仲間を大切にしている感覚を常日頃感じます。彼の想いの実現に向けて、仲間と一緒に本気で仕事をしたいという想いが伝わってきます。

会社全体の魅力としては、優秀な人と働ける喜びを感じることが出来ることです。

プロフェッショナルが集まっており、一人一人が自律してユニコーンファームの目的達成のために真剣に活動しています。この仲間と共にする仕事はとても刺激になります。清田のような優秀な人がJOINして、活躍されているのを間近で見ますととても刺激になります。


河野さんが仕事をする上で大事にしている価値観とは何でしょうか?

河野:whyや目的から考えることを大事にしています。限られた時間内でそれぞれの仕事を行っていますので、目的と手段を明確にすることを常に意識しています。ユニコーンファームにおいても、この考えがバリューを生み出していると考えています。

また「問い」を大事にしています。
田所は多動ですので、とにかく色々な事を行います。私は田所の行うことに関して、会社の向かう方向に合致しているか、リソースが不十分ではないか、本当にそれは今やるべきかという問いを投げかけてもいます。

田所のやるべき方向や実践方法を整理する為に関わる事が最近多いです。

私自身アクティブリスニング、傾聴が得意なので、ヒアリングした事に関して問いを投げかけることが多いです。コミュニケーションの中で整合性に疑問が生じた時は、しっかり問い直しをしています。それが相手の意思決定の補助や整理につながります。

それでも1週間のうち、田所とのコミュニケーションの時間は1時間もありません。45分位でしょうか。

問いをする上で心がけていますのは「何の為に行っているのか」。

またあるべき姿を描き、対象の環境全体を見て、ゴールとのギャップを確認し、会社やプロジェクトの進む方向や優先すべき事を問いかけます。


マーケティング領域での優秀な人材像とは何でしょうか?またマーケティングとは何であるとお考えでしょうか?

河野:そうですね。マーケティングはとても領域が広いので、物事を俯瞰して考えられることが重要に思います。

また戦略を立案し、戦術の実行が出来る実行力。そして組織全体を巻き込んでいく推進力。優秀な人材とはこれら色々なスキルを実践できる人と考えます。

そしてしっかりとお客様を理解する、お客様に関心を持つ事が必須条件です。

私はマーケティングとは、顧客との対話をもとにした仕組みづくりと考えています。

最近までは商品サービスの仕組みづくりと理解していましたが、今は顧客理解が第一と考えています。

顧客を理解し、その理解をもとに商品やサービスをアウトプットし、顧客からフィードバックをいただき、ブラッシュアップをしていく。この一連の流れがマーケティングではないでしょうか。

今の世の中のトレンドは顧客理解でしょう。西口一希さんが提唱されているn=1分析などが顧客理解にとても役立ちます。

昨年1年間オンラインサロン運営に携わる中で、私自身の顧客理解も進み、今はそれまで以前と比較してあらゆる業務がスムーズに進んでいます。


仕事を通じて成長した実感はどのようなイベントを乗り越えた時に起こりますか?

河野:新規事業や新規サービスの立ち上げに思いっきり失敗した時がその時でしょう。成功させる為に自分の力を最大限使った時に上手くいかず撤退する。そういった原体験が自分の中に成長の兆しを与え、それが生きる指針になるかもしれません。


新しい人材が入社することでユニコーンファームにどのような変化があるとお考えですか?

河野:それにより組織に新しい風が吹きますので、今までとのギャップ、仕事の仕方、新たな気づき、それらが良い影響になると思います。

事業のスピードが今後益々速くなるでしょうから、思考の瞬発力を備え、的確なコミュニケーションを取ることが出来る能力を備えていなければ、自律して仕事に取り組んでいくには厳しいかもしれません。そして長期的な展望を描き、実際の行動に落とし込み、それを推進する力も必要とされると思います。


候補者への応援メッセージをお願いします!

河野:スタートアップに対する強い想いを持っている人と是非一緒に働きたいです!

ユニコーンファームで働いていると、田所とスタートアップの方達と一緒に成長したいという気持ちが今までよりさらに強くなります。

スキル面での優秀さだけでなく、スタートアップを支援したいという強い想いを持つ人に参加いただきたいです。

スタートアップの方々はとても大変な仕事に取り組まれ、毎日試行錯誤し、何が正解か解らないこともあり、道に迷うことも多いです。もがいている人の思考を整理し、目指すべき方向を共に考え、そして支援することが我々の仕事です。

顧客のことを想う気持ちを大切にしていきましょう!

本日はありがとうございました!

株式会社ユニコーンファーム 's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more