1
/
5

【代表インタビュー】 技術者から社長へ 1年前に代表になったばかりの高山社長の熱い想いを聞いてみた!

―簡単に自己紹介をお願いします!

株式会社システム・コミュニケートの高山です。

1年前に社長に就任しました。50年続くI T企業であるシステム・コミュニケートをより良い会社にするために日々活動しています。

最近は新しいことに挑戦していて、Twitterで日々の所感を呟いたり、慣れないこともありますが、フィードバックなど頂けたら嬉しいです。(@scctoruntakayama




ー高山社長は昔どんな人でしたか?

最初は技術者として入社しました。

とにかく技術者として周りから認められたいという想いが強く、ひたむきに仕事をしていたのを覚えています。

入社1年後に、対等に接してくれるエンドユーザーの方と出会い、ユーザーの信頼に答えたいという思いで頑張った結果、期待に答えることができましてとても成長したことを覚えています。

その成功体験が自分の中では大きく、会社に降りかかる困難を自分ごととして捉えて、乗り越える経験をたくさん積むことができました。


―そうなのですね、責任感のある努力家という印象をとても受けます!一技術者からスタートして、1年前に社長に就任しましたが、その時の想いなどお聞かせください。


社長ってやっぱり緊張感がありまして、全ての最終責任は自分にあり、会社を変えるためには自分が変わらなければならない 行動しなければいけないと、腹を括ったことを覚えています。

この会社を時代に合わせて魅力的な会社にしていきたい 後継者につなげていきたいという情熱は いつも心の中にあります。

―今後の会社の展望はどのようにお考えですか?

システム・コミュニケートのメンバーにこの会社に所属して良かったと思えるようなよりよい環境を提供できるようにしたいと考えています。

人は常に変化するものなので、「今楽しい」と思ってもらえるような環境を作り続けたい。

特に「成長できる」という点に関してはシステム・コミュニケートの大きな柱としていきたいと思っています。




―ずばりシステム・コミュニケートの魅力は何でしょうか?

自由を制限しない会社です。

人それぞれ会社や仕事に求めることは違うので、その考えを尊重します。

―ありがとうございます。最後に、どのような人であれば一緒に働きたいと思いますか?

いつも、チャレンジしている人、したいと思っている人とは一緒に働きたいと思います。
熱量のある人とはどんな人でも会ってみたいです。

そして大切なことが一つ。

仕事は一人では絶対にできないので他者との信頼関係が大切です。人に期待されてやる気になり、人の要求にこたえてこそ満足感を得て成長できる。
お客様・社員間・会社との信頼関係はスパイラルしながら強まりあなたの成長を助けてくれます。信頼を大切にできて、活力のある人と一緒に働けたらと思います。

株式会社システム・コミュニケート's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more