1
/
5

【メンバーの悩みは、自分の悩み】チームのみんなで目標を達成するために、リーダーがやっている2つのこと

こんにちは!

株式会社GrowingWayの採用広報担当です。

仕事をする時、いいリーダーに出会うと成長したり、やる気が出たりと成果に影響しませんか?
初めてリーダーを任された大矢 知代は、チームのメンバーと向き合うことを大切にしてきました。
そしてシーズン2をチーム目標を101%、個人目標を140%達成しました。

その成果を認められ、みごとシーズン2(1月〜3月)の準MVPに!

大矢がチームで目標を達成するためにどのようにチームと向き合っていたのか紹介します。

「現在地の把握と目標設計」

2月にリーダーになると聞いたとき、大矢はまず「理想のリーダー像」を考えました。

「自分の立場になって考えてくれるリーダーになりたい」と思った大矢は、これを叶えるために、最初にメンバーがどのレベルにいるのか、現在地の把握を行ったそうです。

メンバーの現在地を把握することでスキルの向上を助けることができ、不安な気持ちに寄り添うことができると大矢は考えました。

現在地を知るために大矢は、以下の2つの取り組みを行いました。

① できる・できないシート
② レベル別ロールプレイング


できるできないシート

最初に作ったのは「できるできないシート」。

70項目のスキルをメンバーの自己評価で「できる」と「できない」を分けてもらい、それを他者評価でも「できる」と「できない」を分け、計4つに分けたマネジメントシートを作り、現在地を明確にしました。

このシートにより、メンバーに必要なスキルと伸ばせるスキルを把握したそうです。

こちらのマネジメントシートについてはこちらの記事をご覧ください。

「ティーチングに徹した1ヶ月間でした」1月度MVPが語る後輩マネジメントについて


レベル別ロールプレイング

続いて「レベル別ロールプレイング」。
今までの練習が、セールス電話のトークスプリクトを読むだけの練習になってしまっていると感じた大矢。

そこでトークスキルを細かな項目にわけ、4つのレベルを作ったそうです。
レベル1では、正しい日本語が使えているか、相手が聞きやすいスピードで話しているかなどの基本的なこと、レベルが上がるごとに会話のストーリー性や仮説設定などの項目に変わっていきます。
レベル4をマスターした時にトークスプリクトをしっかり話せるスキルが身に付く算段です。


しかしこれも「練習のための練習でしかない」と大矢は考えています。
現在は企業とのロールプレイングやトークスプリクトを進化させた「トークフローチャート」を作って実践しているそうです。


この「できる・できないシート」と「レベル別ロールプレイング」を行うことで、メンバー自身もリーダーも何ができているのか、何ができないか明確に把握出来るようになりました。

「リーダーとして適切な指導をすることができ、メンバーもできるようにならないといけないことが明確になったので、意識が変わった」と大矢は語りました。

目標設計


現状把握が出来るようになり、メンバーの目標設計が変化したそうです。


「目標設計は、現在地と目標地の把握が大事」と大矢は語ります。

現在地がわかっても目標の場所がわからなければ、目標達成につながりません。
例えば週の目標を立てるだけでは、どうしたらいいのか分からず達成できないまま1週間が終わってしまいます。
そこで週の目標を達成するために、毎日ひとつの小さな目標を達成する事で今週の目標をクリアすることができるようになると大矢は考えました。

大きな目標までの道のりを明確にし毎日の小さな目標を達成することで、メンバーも達成感を感じながら成長することができ、チーム目標の達成ができたそうです。


最後に大矢は、「初めてのリーダーでしたが、メンバー支えられて目標達成ができました。チームとして成果を出すためにどう行動していけばいいのか、これからも考えていこうと思います。準MVPに恥じないように働いていきたいです」と拍手喝采の画面で発表を終えました。

まとめ

GrowingWayでは、「チームワーク」を大切にしています。
メンバー同士が尊敬し合い、全員がチームワークの爆発力を信じる。
この信頼関係により最高のチームワークを発揮できるのです。


今回の大矢の活躍は、チームワークの爆発力を体現したものでした。
リーダーとして向き合った大矢に、チームのメンバーも他の社員も信頼の眼差しを向けています。
これからの活躍にも、大いに期待していきたいと思います。



シーズン2のMVPはコーポレートの責任者 永井秀典でした。
こちらも合わせてご覧ください!
株式会社GrowingWay's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more