1
/
5

<社員インタビューVol.9:菅原智代>元体育会系女子が新卒の会社を辞め、GrowingWayで熱量を持って走る理由

自己紹介をお願いします。

菅原智代 25歳です。

慶應義塾大学を卒業後、新卒で不動産デベロッパーに入社し、”家売るオンナ”(不動産営業)として働いていました。

そして今は、GrowingWayでカスタマーサクセスとして働いています!

趣味はテニス、ゴルフ、アマゾンプライムを観ることです!

中学から大学までは10年間テニス部に所属。

中高では主将を担い、高校時代はインターハイ出場を目指していました。

その経験から自分の力だけでは実現できないことも、チーム全員の力を合わせて挑戦すると身の丈以上の成果を出すことが出来るということを実感しました。

大学では主務として組織戦略や予算管理までを担当。人の強みをどう活かせば良いか、勝つチームを作るためにチームの状態を察知することに注力し、過ごしていました。

テニスを通して、チームの可能性を信じること・マネジメントの楽しさ・難しさを学びました。


GWへの転職の経緯を教えてください。

前職にもやりがいを感じていて、不満があったわけではないんです。
しかし、夢中になれていない・自分の中で何かが満たされない感覚がありました。

自分にとっての幸せは何か?
一度きりの人生をどう生きたいのか?

自分なりの答えを出す上で、テニスに打ち込んだ10年間の経験は大きな影響を与えていたなと考えました。

社会人になって自分は何がやりたいのか見つからなくて迷走する日々でしたが、過去を振り返って自分の中で一つ見えたものがあったんです。

それは「尊敬できるチームメイトと夢を掴むために切磋琢磨できる環境が好き」ということ。自分の選択の根底ではいつも、この価値観が軸になっていたと過去の経験に立ち返ってみて確信しました。

そんなことをグルグル考えていた時に、先輩の紹介でたまたまGrowingWayに出会うことができました。

最初は先輩の紹介で大矢さん(現ビジネスgr.マネージャー)と3人で食事に行き、キラキラした目で熱く仕事について語っていた姿を見て、「こんなに熱く仕事をしている人達と働けたら毎日楽しいだろうな」と、心の中でそんな感情が芽生えたんです。

そして代表の永山さんとお話して、会社の掲げる「熱量や自主性を持って働く人を増やし、活気に満ち溢れた社会にする」というミッションや、組織作りに対する並々ならぬ熱意と愛情を感じ、意思が固まりました。「この人達と一緒に仕事がしたい!」と。

迷走していた中で出会えたGrowingWayは、自分自身がイキイキ働く事を体現できる会社だと直感的に感じました。

GrowingWayでは、どんなお仕事をしていますか?

「カスタマーサクセス(customer success)」チームに所属し、リーダーをしています。

業務内容はお客様の組織課題を解決すること。

そのためにお客様と信頼関係を構築し、理想と現状のギャップを埋めるための解決方法を提案しています。

具体的な内容としては、採用課題や組織課題のヒアリング・課題解決の提案・お客様の課題に適した組織デザインの策定・コンテンツのディレクション・提案内容の効果測定など多岐に渡ります。

カスタマーサクセスでやりがいを感じるのはどんなところですか?

サービスを売って終わりではなくて、中長期でコミュニケーションをとりながら、お客様の課題解決と向き合えるところです!

特に、カスタマーサクセスチームはまだ立ち上げフェーズです。

「もっとこうしたら良くなるんじゃないか?」「こういうサービスがあったら・・」という意見をチームメンバー皆んなで意見を出し合うことも多いです。

自分たちで課題解決に必要な商品も生み出していけるというのは楽しいポイントですね。

厳しさを感じるところを教えてください。

お客様からの全ての期待に応えられているわけではないというところです。
課題解決に対しての提案をしただけで終わる仕事ではありません。

お客様が採用成功を通して事業を推進することができて、はじめて価値があります。
お客様が求める価値を提供していくためには、泥臭いこともにも向き合って日々自分たちが成長し続けなくては、と考えています。

一緒に働きたいのはどんな人ですか?

スキルを沢山持っている人というよりも、同じ熱量で走れる人がいいですね。

自社の短期的な売り上げでなく、お客様へ価値提供するために最後まで諦めずに行動し続けられる人が向いています!


⬇️菅原が話しているstand.fmはこちら⬇️

株式会社GrowingWay's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more