1
/
5

What we do

テクノロジーとデザインで日本のDtoCブランドを支援する。  わたしたちFRACTAはこれを念頭に、Eコマースを軸としてブランディング事業を行っています。 例えば、「Depth」。このスカルプケアブランドは、女性向けの高級化粧品で有名なアルビオン社と、世界最先端の技術をもつ医薬品ベンチャー企業のナノキャリア社、この2社の技術の結晶を、弊社が構築の根本からプロデュースしたものです。(上写真)  このように、わたしたちFRACTAはブランドビジネスの実行と体系化のスペシャリストとして、長年さまざまなブランドのEコマースに携わっています。その経験と知識を活かし、“ぶれない強さ”と“コンパクトで素早い実行力”をブランドに提供します。  そして、ブランド開発から自走までを手がけるに当たって、主にはこの3つの領域で事業を行っています。 【ブランディング領域】 ブランド立ち上げからリブランディングまで、ブランディングに必要なあらゆる業務をサポートします。ブランドの母体となる企業の方々とともに、商品とブランドの存在意義やブランド価値の再構築を実施します。そしてそれらに紐付くブランド戦略の立案はもちろん、内部の意識統一を図るワークショップの開催や社内運用方法・ブランドルールの策定など、組織づくりも視野に入れた長期的なブランディング支援も行います。 【マーケティングコミュニケーション領域】 シーズンプロモーションやVMDなど、年単位・季節単位の中長期的なPR施策を実施します。コア・アイデンティティに重点を置きつつ、ブランドの新たな一面を引き出すマーケティングコミュニケーション戦略を策定し、ブランド認知~顧客のファン化までをはかります。また、Webプロモーションにともなうコンテンツや販促物の制作、リアルイベントの企画など、ユーザーの感性に訴え、既存顧客を維持する最適なプランも設計します。 【ブランド運用領域】  “ブランドの自走”を支援するため、「ブランド活動サイクル」の体系化を実施。ブランドの成功体験や貴重なデータを蓄積できる仕組みを提供し、ブランド活動の“財産化”を促します。  様々な領域のプロフェッショナルが集うFRACTA。だからこそ実現できるブランド体験の構築がここにあります。

Why we do

「すべては課題解決のために。」 この一言に尽きます。 ブランドの世界は非常に難しい課題がたくさんあります。それをいかに解決していくか。それを考えるためにわたしたちはいます。 「制作物を作ること」「アウトプットすること」がわたしたちの仕事ではありません。ブランドの本当の課題を解決するために、問題の本質を捉え、戦略を立て、最適なアプローチを選択・実行する。それがFRACTAの仕事です。 「それは、なんのためにやるのか?」「どうやって目標を達成するか?」この問いかけからわたしたちのプロジェクトは始まり、必要かつ最適な手段によってクライアントと共にブランドを成長させていきます。

How we do

【ブランディング】 ブランドを開発し、それを自走させていくまでには大きく6ステップあります。 1. 分析/調査 まずは現状把握。マーケットの特性やターゲット層、商品動向、ユーザーニーズなどさまざまな角度から分析・調査します。ここで得られた情報をもとに仮説を立て、ブランドやプロダクトの構築の足がかりとします。リブランディングの場合は現状の課題や良い点を浮き彫りにします。 2. ブランド定義 ブランドの方向性を決定づけるためにコンセプトを決めターゲットがどうやってブランドとの接点を持って認知し、購買までに至るのかの行動や心理を設計します。 3. プランニング ブランドイメージを整理し、ブランドの訴求点や特長を他ブランドと差別化し、どんな点が優れているのか、ターゲットにとってどんな利点があるのかを明確にします。さらに世の中に広めるための戦略を策定します。また、ブランド内部の作業を効率化するためのツールの開発や導入を支援し、ブランド組織の最適化・育成を行います。 4. ブランド開発 ブランドの方向性に沿ったビジュアルアイデンティティやタグラインなどの言葉を定め、ブランドのイメージや世界観をかたち作ります。このタイミングでブランドにおいての重要な約束事も制定します。 5. 各種制作 ユーザーとの直接の接点である各種ツールを作成していきます。ECサイト、キービジュアル開発、プロモーションツール、配送パッケージなどコミュニケーション設計に応じて必要な物を作成していきます。商品を購入してから手元に届くまで、トータルでブランドをプロデュースします。 6. インナーブランディング・運用 数々の施策、制作を通じブランドは成長し続けます。Eコマースへの誘引も考慮し、リアルとWebの円滑なコミュニケーションを実施。サイト運用については、将来ブランドが自走していけるように、必要に応じて、人材育成、チームビルディングなど運用の面でサポートしていきます。