1
/
5

What we do

【写真×民泊】をコンセプトとした、"FOCUS KURAMAE"。写真を通じた新しい価値観に出逢える、写真をキッカケにコミュニケーションが始まるホステルです。
ウランバートル(モンゴル)の18階建オフィスビル PRO-3 SMART OFFICE / 現地の需要に合わせた中小企業向けオフィスビルの建設。新興国モンゴルで工期通りの竣工を実現。
■海外事業 TECRAの物件の企画提案から、デザイン、設計、施工まですべての工程を行えるプロフェッショナル集団です。これからますます多様化するニーズを応えるべく、柔軟な発想とスピード感、IoTなど最先端技術を積極的に活用し、暮らしやすさを追求した付加価値物件を手掛けています。 ■国内事業 主に不動産の有効利用を考慮した一戸建てや収益住宅・ホテルおよびホステルの施工、既存住宅やオフィスビルのリノベーション、コンバージョンなど、企画・設計から施工、管理等コンサルティング業務及び請負を行なっております。

Why we do

人々が本当に求めていることを徹底的に考え抜く、暮らす人の視点に立った「ものづくり」 2001年の創業以来、私どもTECRAはフロンティア精神を持ち、常に新しい事業にチャレンジし続けてきました。国内事業では、今では当たり前となっているシェアハウスやユースホステル、狭小住宅などにいち早く着目し、さらに現在では、モンゴルやラオスなどの新興国を中心に、ベンチャー企業向けのスマートオフィスや外国人・富裕層向けのコンドミニアムの建設など積極的に海外事業を展開しております。 時代を読み、実行するスピードに、他社の方からは「またTECRAが始めていたの!?」と評していただけるほどです。世界情勢や経済など、外的要因に大きく左右される建築業界において、私どもがこれまで成長し続けてこられたのは、既存ビジネスが軌道に乗っていたとしても、それに甘んじることなく、「次のビジネスモデルを生み出そう」という風土を社内に浸透させてこられたから。そして何より、使う人、暮らす人の視点に立った「ものづくり」を徹底してこられたからだと自負しております。 特に、私どもはIT技術の導入に力をいれていますが、単に最新技術を取り入れればいいという考えではありません。現場の人たちがこの技術を使うことで効率的に働けるようになるか。 暮らす人が、毎日を心から快適に過ごすことができるようになるか。 そんなユーザビリティ視点を大切にしてきました。